鎌倉半日ぶらり散(光則寺など)

 22016年9月12日(月)天気も良く、暑さも和らいだと感じ、鎌倉半日散歩を思い立ちました。10時 前、気分が晴れる様に、好きなブルーのアロハシャツを着て家を出立つ、10半頃、JR鎌倉駅時に降り立ちました。
 鎌倉には何度も来ているのに、駅の観光案内所に入り、観光地図を貰って、「秋の草花が見られる処を教えて呉れませんか?」と掛かりの女性に尋ねました。
 「秋の草花にはまだ早いですが、一昨日、検分した「光則寺」が良いかも知れませんね。」とのこと。私は未だ光則寺には行ったことがありません。早速、江ノ電の「一日フリー切符」を買って、 「長谷」で下車して、地図を頼りに光則寺へ向かいました。
 バス通りを歩いても「光則寺」の標識はありません。少し行き過ぎたと感じて、通りすがりの方に尋ねてやっと判りました。曲がり角での道路工事が、余計分かり難くした様です。100メートルほど戻った角 を右折して300メートルほどと確信して進みました。
寺門を潜ると、函が置いてあり入場料100円をいれます。寺門から直ぐ草木が見えます。しかし、秋海棠は未だ三分咲きの状態でした。本堂では、人声がして、 お説教が行われていた様です。外から手を合わせて拝み、更に右手に進むと、先生に連れられた、多くの幼稚園児とすれ違いました。元気にこんにちはと呼び掛けて呉れました。
花の名は判りませんが紫陽花系です 秋海棠
花虎の尾は紫蘇科・ 北米バージニア原産(大正時代に渡来)
最近、夏場には彼方此方で見掛ける「酔芙蓉」も元気に咲いていました。
散策路入り口で出会った幼稚園児の先頭 左右に秋の草花
土牢は独房にしては広い。複数の人が捕らえられたことも有るのでしょう。
 狭く、くねった石段を上がると土牢がデンと在りました。 日蓮聖人が佐渡へ流された時、弟子の日朗上人も捕らえられ、宿谷光則邸の牢に入れられたと伝えられ、宿谷光則が信仰心を得て、屋敷を寺にしたと云われています。
この土牢から下りの石段を観察しながら降りる途中、面白い踏み石を見つけました。
発破は使われていません。凍結法で採石を割ったのか? とすれば此の石では凍結法に不成功。
  光則寺はまるで植物園です。奥にクジャクの小屋もあります。何度も来たくなる寺です。門前に旧い幼稚園がありますが、常用されず、寺の奥に新しい幼稚園があるらしい地図が置いてありました。
出口には、柄澤靖子さん作の「四季の光則寺山野草マップ」:A4の図が用意されていました。
 門を出たその足で、お馴染みの「長谷寺」へ行きました。沢山の観光客が入って居ます。珍しい写真は有りませんが数枚を貼り付けます。 長谷の観音堂へ昇る途中、白い曼珠沙華を見つけました。
 「赤い花なら曼珠沙華」の歌詩の様に紅色と思っていた私は撮影しましたが、「死人花」らしさが強調されます。
 空腹を感じながら、もう一度江ノ電に乗って、「江ノ島」に向かいました。人出が多いのに、あれ!今日は祝日か?と首を傾げるほどでした。国道は車専用となり 、人間と自転車は、国道を潜ります。兎に角、島に渡り、エスカーと呼ばれる動く歩道近く迄登り、Uターンして、商店街入り口の近くで軽い昼食を摂りました。
道路信号なしで、国道を潜り、橋に進みます。 人々人です。大半は中国人の様でした。
 帰路、橋の袂でボートに乗れと勧められましたが、島の南西の弁天窟まで行く片道が狙いのボートと知り、断り、三度目の「江ノ電」で、JR鎌倉経由帰路につきました。美味しいコーヒーが欲しくて、東戸塚 駅前ビルのスターバックスに立ち寄りました。

以上:2016/09/17 11:23記