初夏の鎌倉八幡宮と大船植物園 
(1)北鎌倉から鶴屋八幡宮

 平成の終わりが2日後に迫る(2019年4月28日)10時15分過ぎに家を出ました。北鎌倉駅で下車して、先ず円覚寺へ歩きました。今年だけの10連休の二日目ですが、人出が少ないのに驚きました。観光バスは一台も来ていない。途中の渋滞に捕まっているのでしょうか?
 今日は、鎌倉八幡宮へ行く予定なので建長寺の門は潜らず、左目で見ながら、更に登坂です。やがて、下り坂となり、八幡宮の裏口へ着きます。境内を横断する様に、正面の階段を横目に舞殿を見上げると、今日も婚礼が行われ、雅楽の笛・太鼓が賑やかに、厳かに響いて居ます。
この方角から源氏池を振り返る様に見るのは初めてです。対岸に牡丹園が見えます。

観光案内所で、カレーの昼食を摂り正門を出て、段葛を鎌倉駅へ向かいました。
好きな喫茶店にも立ち寄らず、横須賀線で大船に向かいました。

(2) 大船植物園

大船駅西口でタクシーを拾い、久し振りの植物園まで¥300程度で着きます。運転手に訊くと、植物園の名前が「日比谷花壇・大船フラワーセンター」になっただけで、中は殆ど変わって居ません」とのこと。
私は、先ず窓口が親切になったと感じました。「年齢を証明するものを出して」と言わなくなりました。顔や姿で60才以上と判るからでしょうが、60才台前期の人なら未だ言われるかも知れません。
   
モッコウバラが人々を惹きつけて居ました。新皇后の花とされて居るからでしょうか?
大船観音さまをバス乗り場の陸橋から。何年もご無沙汰しています。