早春の山手から人形の家・山下公園までHOME

 今年、2016年の2月には福岡での婚礼出席の良い事も有りましたが、大事な二人の親友を失うという悲しい出来事がありました。嘗てその一人と歩いた道を、少し日差しがあった、2月末の28日(日)、憂さを晴らす様に 、山手のイタリア山に(バスで昇り)>(徒歩で)元町公園>エリスマン邸>山下公園>人形の家などを周りました。 大きな重いカメラを持って行ったので、そ画像処理も面倒でしたが、人形の家などの展示物にはFlashが使えないので、レンズの大きなカメラが必要でした。沢山の写真から圧縮に耐えるものだけを揚げて、以下報告します。暖かになったら皆様もお出かけ下ださい。
最初のイタリア山公園の「外交官の家」は電気工事中で閉まっていました。人気の殆どない庭を撮影しました。 春の気配を、其処彼処の木の芽・花の芽に見ました。
外交官の家は、結婚式場としても利用されます。
枯芝の雑草はもう緑です。我が家の庭と同じ雑草なのに驚きます。
右と下の写真は散策路で見つけたみごとな緋寒桜です。
イタリア山公園からの眺望
上は山手通りの「元町公園」バス停から見た教会 僅かに春らしさが感じられます

(上の写真)元町公園のエリスマン邸の庭に枯枝に赤いリボンを結んだだけの不思議な造形がありました。
山手に「元町」の名が在る理由は、此処から長い石段を降れば「元町プール」などを経て「元町」の霧笛楼近くに繋がっているから です。つまり、此処は元町笑店街の奥なのです。

上は、外人墓地より「みなとみらい」方向を 下は、山手からのを下り坂からのポートタワー
久し振りに「人形の家」を見学しました 極めて貴重な雛人形と何時もの世界人形が見もの
人形が混みあっています。特に興味を感じた物だけを掲げました。鎌倉の板獅子は知りませんでした。