ラビスタ富士河口湖ホテル

 例のごとく旅仲間のNさんが、旅の情報誌から「ラビスタ富士河口湖ホテル」を選び、静岡のAさんご夫妻と吾々夫妻に誘いがあり「此処に一泊して、翌日は河口湖に近い 景勝地を観よう」と云うことになりました。
 老人ばかりだから、特に忙しい日は少ないのですが、4月10日(月)泊 と決まり、Nさんと吾々夫婦は、同日12時20分横浜駅西口発の相鉄バスに乗りました。車内で握飯などを昼餉としました。
 
空はどんよりと曇って居ましたが、遠景も見通しは悪くありませんでしたが、バスの窓ガラスには赤外線・紫外線の遮断効果があるらしく、凡ての景色が青に染まって見えました。フロント・ガラスの上の部分の青と同じです。
16号線を北上して東名高速道路に入りました。
富士吉田の近くで高原の先は、普段、横浜から見る富士山の裏側を見て走ります。
 午後3時にJR河口湖駅に近づくと空模様は悪くなりました。到着したら、既に静岡のAさん夫妻が先に到着されて、吾々をホテルの送迎バス迄案内して頂きました。河口湖駅 には、沢山の外国人旅行者が居ました。
 ホテルの送迎バスは15時発で、吾々以外の乗客はは、大きなスーツケースを抱えた中国人だけでした。 15分ほど走れば、ホテルです。下は、ロビーから見た、河口湖の向こうの雪の富士山です。チェックイン時に微かに甘いジュースを貰いました。

 上の写真は居間からテラス越しの河口湖と富士山です。

 

 右の写真はバスルームからの富士山です。
富士を眺めながら入浴出来ます

コーヒー豆・グラインダーが用意され、私も久し振りに淹れて呑みました。  模擬暖炉にスイッチを入れると、薪が燃えている様に見えます
ホテルのレイアウトを示す下図の様な模型が、通路に置かれて居ました。大変な土木工事であったと推察されます。赤い車が玄関で、車道は一方通行です。フロントは2階になり 、地下は車の通路です。
夕食は、全員、フレンチのコースを選びました。ローストビーフは小さかったけれど、ゆっくりした時間を過ごし、充分に満足しました。 外は加成りの雨になっていました。
 夕食後、大浴場に行くと入浴客は2人だけで、湯上がりの飲み物も用意されています。富士山が見えるのか否か確かめられませんでした。アメニティーも良かったたしホテルは静かで、ゆっくり眠ることができました。
 
 4月11日:朝食は和・洋のバイキングですが、フレンチ ・トーストなど日頃と少しちがう料理を愉しむことが出来ました。10時に全員6名がロビーに集合し、写真を撮りました。今日は雨で観光は止め、結果的にホテルに泊まるだけのツアーになりました。私の年齢から、三家族の旅はこれが、最後になると思われます。
 雨の中、ホテルのバスでJR河口湖駅まで送って貰いました。駅は旅行者でごった返し、人を掻き分けて移動する様な状態でした。20分くらい列に並んで駅構内 の「予約・案内所」でバスの座席を確認して、12時発のバスに乗り込みました。
 此処でもまたAさんご夫妻に助けられて弁当を買い求め、かつ見送られて仕舞 いました。横浜駅西口には午後2時40分に到着、強風と雨の中、濡れながら我が家に辿り着きました。
 Aさんからは、即日のメールで「ホテルで見る富士山のド迫力に圧倒されました。富士山の地元に住んできたので、いろいろな場所で富士山を眺めてきましたが、今回は改めて富士山の雄大さを実感しました。この実感だけでも今回の旅行は取り得がありましたが、館内の南フランス風の造り、残念ながら富士山を見ての入浴はできませんでしたが、屋外を展望できる部屋風呂での入浴など旅行の楽しさを満喫しました」と満足されています。
部屋のベランダからの河口湖と富士山です。

 
しかし、良く考えれば、此のホテルに連泊するとしても、2泊までと考えます。夕食は和食かフレンチかの2種類しかありません。部屋も狭いです。しかし、不思議な満足感を与えるのは、素晴らしいロケーションからの河口湖の上の富士山、そして、良く訓練された従業員の力に依るものと言えましょう。