伊勢佐木町散策 Aug 12, 2018

2018年8月12日午後、6日~8日の癌の生体検査入院でとても大変な検査を受け、心身ともに疲れました。この長引く疲れを癒やすべく、久しぶりに伊勢佐木町へ出ました。
関内の一つ手前のバス停で下車して伊勢佐木モールの手前の怪しげなビル街を歩き、伊勢佐木町の本通りに入ります。進行左に綺麗なキャバレーを見付け、入り口が施錠されているらしいので、表通りに戻って覗くと、大きなパチンコ店です。
 少し歩くと、また別のパチンコ店がまた、二つ、三つ有ります。
 伊勢佐木町は場外馬券売り場と競馬の有料観覧場で知られて居ますが、今やギャンブルの街へと変身して仕舞いそうです。横浜市長はCASINOの誘致に熱心ですが、税金をもっと増やしたいのでしょう。困った市長です。人を滅ぼし、国を滅ぼす強盗的な政策です。
 序でながら、安倍政権が使い始めたIRは、全くの和製英語です。IRをintegrated resortの略語として、CASINOを含むリゾートの意味で使って居る国は、世界中何処を探しても有りません。
横文字やカタカナにすれば、市民、県民、国民を、容易に騙す事が出来ると考えた張本人を告発したい位い憎みます。
cbret pchi1
キャバレーだと思って表に回ったらパチンコ店
自転車の客が多い様です。
 信号のある交差点を急ぎ足で渡って、久しぶりの伊勢佐木モールへ入りました。馬券売り場を覗く。 前回、此処を訪れて、二階に上がったら、守衛さんに敬礼され、利用券販売器を見たら、未だ空席がありました。
   それが今日はすべて売り切れ、満員御礼の状態です。
keiba race
JRA場外馬券売り場
今日は満席
 迷わず、対面の有隣堂本店に入りました。本店と呼ぶには、とても小さな建物です。8階建てで、小さい狭いエレベーターと狭い階段があります。エレベーターは4~6人で一杯になります。階段は昇る人と降る人がぶつかりそうに狭いです。
 事務用品売り場で特殊なプリント用紙を買い、地下1階の洋書売り場で、英語のペーパーバックを1冊買いました。買った本を持って、上島コーヒー店で一休みです。
ueshima
uecoffeeten cofee2
 午後3時が近くなると席待ちの客がちらほら出来たので、営業妨害しない様に席を立ちました。 関内のバス停まで歩き、小さなレストランが増えたのに驚きました。  久しぶりの伊勢佐木町は、その中に有隣堂本店があるのが不思議に思えるほど「ギャンブルの街」に変身していました。肉体的には疲れましたが、気分的には楽になって帰宅しました。
pachin pachi3
私設警備員も見えます
有隣堂本店に近いパチンコ店