秋の遠足(山手・山下・象の鼻・桜木町

 2017年9月21日、朝から晴れて天気が良いので、私の散歩道、即ち、山手・山下・
象の鼻・みなとみらい地区に出掛けました。
家を出たのは十時に近い時刻で、手には小型デジカメだけを下げています。バスを乗り継いで、イタリア山公園入り口に着いたのは、11時でした。次のバスまで27分しか有りません。靴を脱いで、スリッパで「外交官の家」の内部を彷徨きましたが、収穫祭までは「飾り付け」も無く、無機質な空間が広がっています。
外交官の家から、公園と市街の景色 入らなかったイタリアン・レストラン
 27分後のバスに間に合って港の見える丘公園に移動。イギリス庭園のバラを観賞しましたが、此は時期はずれでした。
大佛次郎記念館の前の猫(窓の中はカフェ) 噴水の周りは良く手入れされて居ます。
見付けた女性に撮って頂きました  
人影は殆ど無い 今日の昼餉はこのホテル。
前菜 メイン(魚)
目の前はチャペル 昼食席からベイブリッジを望む
 11時50分、ホテルの昼食客の一番乗りでしたからダイニングルームでは一番見晴らしの良い窓際を与えられ、隣席一つを空席にして呉れました。

食後、坂を下り、山下公園に入り、氷川丸の近くで写真を女学生に頼んで撮りました。
氷川丸は私と同じ1930年生まれです 中学生に撮ってもらいました
四角い建物は、大桟橋の近海航路の案内所  
**********************山下公園パノラマ***********************

****************************************************************************
 山下公園から、象の鼻公園へ歩き、少し休憩しました。象の鼻公園の名は船着き場が象の鼻の様に伸びている所から付けられました。
歩道の下に右に伸びる路は大桟橋に向かいます。 大きな像の模型が置かれて居ます。木とプラスチック製。
芒の花と穂が揃っていました。焦点がぼけて仕舞いました。背後は赤レンガ倉庫です。催しものが多い建物です。
 此処 から、帰路につくこととし、桜木町駅を目指して歩きました。とても長い道程でした。赤煉瓦倉庫からみなとみらい地区を通り抜け、帆船「日本丸」を横目に、歩き続けて、やっと戸塚駅方面行きのバス停に出ます。
 乗り換え無しで、六ツ川四丁目に到着、坂を上って我が家に着いたのは午後3時半でしたが、その晩、ベッドに入ろうとしたら、両腿の筋肉が痙りました。大変な苦労でた。