江の島サムエル・コッキング苑

 2018年1月16日、江ノ島のほぼ中央にある庭園に冬の花を見に行きました。
江ノ島へは江ノ電「江ノ島」駅で下車し、徒歩で10分ほど南下すると弁天橋を渡って江ノ島に入ります。今日は、庭園入場券と組み合わせの切符を買って、初めてエスカーと呼ばれるエスカレーターを乗り継いで、サムエル・コッキング苑へ入りました。
jinja江ノ島神社入り口 じんじゃ2
天気が良く人出も多い
不明
チューリップが数万本と聞きます
garden1
日差しが強すぎました。
garden2
五種類以上のバリエーション
gerden3
強い日差し
tulip1
赤と黄が基本
tulip2
花壇の奥にきれいな喫茶店があり見晴らしが良いのでワイキキ・ビューと呼ばれています。 
何故、真冬にチューリップが咲いているのでしょう?一年中花が咲くのでしょう?
それは、サムエル・コッキング氏がこの広場に地下暖房をして居るからです。凄い発想です。同氏は明治時代に来日した英国人ですが、(後日でも)わざわざボイラーで温水を作って流すとは驚きです。
tulip4
tulip5
tulip6
喫茶店には空席待ちの列も出来ていました。
tulip7
今まで、エスカーに乗らず歩いて居ましたので、今日は、兎に角、驚きの散歩でした。
皆様も一度、訪問されることをお勧めします。なお、この後の私は、島の西側にある、人通りの希な、歩行者とバイク専用の道をゆっくり戻りました。序でに、片瀬山の知り合いの家を訪ねましたので、良い運動の日になりました。

map