鎌倉の紅葉を捜す

 2018年12月08日、鎌倉の紅葉を捜す。ことの起こりは頂いた次の「ダイヤネット」(三菱OB会)からのメールでした。私には、1万2千歩など、とても歩けそうにには有りません。それではとこの予定を参考に、独りで歩いてみようと考えました。
**********************************************************
【 ダイヤネット 行事予定 】
■〔1.第25回「歩こう会」 鎌倉の紅葉〕         世話人 (省略)。 
   鎌倉屈指の紅葉スポット(二階堂エリア)を散策します。
   今年の紅葉は例年より遅れて、12月10日前後が見頃のようです。
   第24号台風の塩害もありますが、それなりに十分に楽しんでいただけます。

 1.集合日時 12月10日(月) 鎌倉駅改札口 8時50分
               9:05発 大塔宮(=鎌倉宮)ゆきバス乗車
 2.コース (コースの総歩行数 12千歩)
    ・ 大塔宮 9:20出発 → 獅子舞の谷 → 永福寺跡 → 鎌倉宮
        *獅子舞の谷は山道(往復40分)です。杖があると安心です。
    ・ 鎌倉宮 → 覚園寺 → 大塔宮バス停 → 鎌倉駅 12:30着
    ・ 昼 食:駅前「サイゼリア」(現地解散14時頃)
 3.持ち物 雨具、飲み物、防寒対策、軍手、ウオーキングシューズ、杖など
 4.参加申込みほか・・・以下略
**********************************************************
 私は、普段の散歩より少し厚手のハーフコートを羽織って出掛けました。
JR鎌倉駅に降り立った時刻は既に10時半を過ぎていました。駅前は猛烈な人混みでした。
「大塔宮」行きのバス乗り場をやっと見付けて10時58分発のバスに乗りました。道路は混んで居らず、15分くらいで到着しました。
大塔の宮の境内です。 七五三の格好をした親子に出会いました。
大塔の宮の右裏の道路で紅葉らしき樹。 落ち葉を熱心に観察する婦人。
 大塔の宮をちょっと拝んで、境内の右手の車道に出て、山へ向かって歩きます。上の写真が最初にあった紅葉です。
瑞泉寺は鎌倉府の長の菩提寺 今日は瑞泉寺へは立ち寄りませんでした。
 上図の「天園ハイキングコース」地図には「現在地点」と有りますが、全くの瑞泉寺から此の掲示板までたどり着くのは老人には無理な凄く険しい狭い、危険な岩石と軟らかい土が絡み合った径でした。岩場を登る時、下る時はカメラを出す余裕は全くありませんでした。
 降りてくる人と登って来る人は登山に見合った靴を履いています。私の様な普段履きの革靴の人は皆無と云っても言い過ぎではありません。登り径は靴一足がやっと置けるほど狭い岩や枯れ葉で覆われた土でした。径の左手は、踏み外せば転落しそうな崖です。上の写真は、やっと転ぶ心配の無い地点を見付けて、カメラを取り出して、撮ることが出来ました。

20分ほどの苦闘の末やっとハイキングコースに出ました。上の写真は登り着いた地点の案内板です。ハイキングコースは散策路と云っても良いほど整備されて居るので暫く西へ向かって歩きました。もう「獅子舞の谷」を捜す気力を失って居ましたので、約500メートルでUターンしました。元の瑞泉寺まで300メートルの案内矢印は、今でも嘘だと思います。
 やっと瑞泉寺まで戻って、バスで、明日の筋肉痛を心配しながら八幡宮までバスで戻って、時計が午后1時30分になって居るのを確かめて、八幡宮さんに一番近い蕎麦屋に入りました。「ミニ天丼付きのざる蕎麦」を美味しく食べました。八幡宮には入らず、鎌倉駅へ向かいました。
 結果として、捜していた紅葉に会えたのか?会えても見ていなかったのか?
駅に近い喫茶店「ルノアール」に入って小休止、高価なコーヒーを啜って反省すること頻りでした。 2018年12月09日、これを書いて居ますが、筋肉痛は未だ太腿だけです。
ご苦労様でした。