今年も大岡川の桜(2019年3月31日)  

 横浜の桜の名所の1番は、我が家からバスで10分、更に徒歩で10分の好距離にあり、毎年、訪れています。弘明寺入り口でバスを降り、弘明寺さんを飛ばして、弘明寺商店街を8分目まで歩くと「花見橋」に差し掛かります。此処から堤防に降りて散策するのが一番です。
 今日も好天とは言い難い、薄ら寒い日でしたが、満開の花を見損なう怖れもあり、10時過ぎに出掛けました。

商店街は10時半頃とは思われぬ人出です。
川には、例年のカヌーが浮かんで居ます。右は持参弁当を開く階段です。、
 今年は中々良い天気に恵まれず、今日、3月31日も未だ9分咲です。然し、例年は30台〜40台の屋台は50台ほど出ています。売られる食べ物、飲み物、商品は毎年同じです。それが歩道の幅の半分を占め、散策者には邪魔になります。
此処では人は車道を歩きます。歩道の広い区画では、人は川辺の通路を歩き、出店は川を向いて建てられます。



未だ蕾みが多く残って居ます。







正午を過ぎたので、河岸を離れ、16号線の方向に歩いて、10分間ほどレストランを探しましたが、コンビニが2軒見つかった以外、レストランは見つかりません。また河岸に戻り、地元商店会の会館で300円の焼そばを求め、会館内の会議室で頂きました。
また、花のプロムナードに戻り、Y校(横浜商業高校)の近くで大きめの橋を北に渡り、下永谷のバス停を見付け、始発のバスで帰宅の途次に着きました。大凡の経路を下の地図に書き込みました。 帰宅した時刻は12時50分で、吾が町内会の桜祭りの公園に立ち寄り、花見弁当をお茶のペットボトル付きを¥500で買って拙宅で頂きました。遠方の他所の町内会で¥300の不味い焼きそばを買ったことを後悔しました。