大倉山の梅林を訪ねて(March13th,2018)

 中々良い句に恵まれず思案の結果、梅の句を詠むと決め、大倉山梅林を訪ねました。久し振りに(18年振り)東横線の大倉山駅に降り立ったのは午前10時を少し回った頃でした。駅前は4差路になって居て、駅舎の出口に「左→大倉山」の案内板があります。直ぐ左手の線路沿いの此の坂道かなぁと、坂の上を見ると大きなマンションがでんと此方を睨んでいます。
 こりや駄目だ、公園じゃないな。途中で誰かに聴けば教えて貰えるだろうと思い、商店街を選んで、左へスタスタ歩きました。
 何処の商店街もそうで有る様に、此処もシャッターを降ろしている店が多く、開いているか営業して居るのか判らぬ様な、美容院、薬局、洋品店、クリーニング店、事務所などが多く、道路に向けて解放的に、開く野菜や日用品などを売る店は見当たりません。20分も歩くと商店街は住宅街の様相変わり、左手は平らな住宅地、右手には丘が見えて来ます。
 
 この商店街を直進すると丘から益々遠ざかります。これじゃあ梅林には出ないでしょと、右折して裏路地へ入り、直ぐの交差点を先ず左へ進みました。小型車しか通らぬ様な狭い道です。
 奥から来た幼稚園児の散歩らしい一群を遣り過ごし、最後尾の先生らしい女性に「梅林は何処ですか?」と尋ねて、「多分、この道の更に奥の崖沿いの道から登れると思います」と曖昧な返事を得ました。 
 山沿いの道を求めて右折して、更に細い道を探すと、山沿いの道は存在せず、軽い登り坂に変化して来ました。上から中年の男性が来られたので、このまま歩いて「梅林」に行けまか?」と訊くと、老人を見透かされ、「行けます。しかし急階段を上れますか?」と気遣って呉れました。 勿論、「はい」と答えて、200mほど進み階段に到着しました。
map1
 
 上の地図の黒線は、私の歩いた経路の大凡です。50〜70段程度の階段が急だったので休み休み登り、やっと目的の梅園を下に見る舗装路に出ました。梅園とテントが見えます。折角階段を登ったのに下りなければなりません。園内に人はまばらです。
 
 五分から八分咲きの梅をゆっくりと観察しました。以下は撮った写真の一部です。梅林から大倉山公園を抜ける帰路を選らびました。驚いた事に、18年前の大倉山公園は8割り方住宅地に化けて居ました。従って、今残るのは小さな梅林と記念館のみと言って過言ではありません。駅から線路沿いに歩けば30分ほどで来られる処を、大回り道して仕舞いました。
梅1
上は一番見事に咲いていた紅梅です。下は一番見事な白梅でした。
梅4
梅3梅花
トイレ1 トイレから2
ume9 ume39
ume22 ume39
umee urai
 梅林の由来(右上の写真)を読むと、戦前は東急電鉄が所有し、最大1000本になった。昭和62年に横浜市が買収し整備して今は約150本と書かれています。しかし、実際は、贔屓目にみても50本です。さて、出来た俳句?はマル秘です。駅前で正午になり、軽い昼食をとり、東横線で横浜へ戻りました。
 東横線、横浜駅の入り口に、昨年8月開店したと言う喫茶店「ザ・ロイヤル・カフェ・ヨコハマ」を見付けました。広々とした喫茶店で、接客態度も良好です。値段もドトール略同じです。ご参考まで写真を挿入します。午后1時だと言うのに空いています。
cafe