2018Royal Cruise 天国・地獄

2018年12月21日午前11時、横浜駅西口の東横線、乗車口の上の通路にある「ロイヤルカフェ」に10人ほどが集合しました。
**********************************************************
 まづ、このツアーの申し込みは家内の思いつきで、家内の名義でした。
 私は、翌朝、横浜駅西口の「りそな銀行」に行き支払うこととしました。ツアー代金は二人で10万円でした。しかし、名義人が家内になっていた為、銀行は「60歳以上の方の10万円超の払いは「此の請求書」に指定されている「本人」に限って可能です。本人が(身分証明書を持って)来なければ出来ません。」の一点張りです。
 困った私は、50m先の、取引の有る三菱銀行横浜駅前店に入りました。
女性銀行員に何とかなりませんか?と相談しました。
彼女は、振り込みの資料を見て「はい判りました」と云って、銀行内の引出し・振込機の前に二人並んで、私は、彼女の読み上げる二つ以上の番号を、キーボードから打ち込みました。
 次に、私のキャッシュカードを挿入して「私のID とPW」を打ち込み、Enterで私の口座から旅行会社クラブツーリズムに振り込まれました.私は彼女に頭を下げて、本当に助かりましたとお礼を言いました。初めからケチの付いた旅です。
******************************************************
  美味しくない珈琲か紅茶を飲んで時間を過ごします。10時半頃、旅行会社クラブツーリズムの数名の係員に地下道で東口方向へ親切に丁寧に誘導され、伊豆急行が乗り入れているホームへ到着しました。


沢山の社員さんに駅長さんまで加わり盛大な見送りパーティでした。この後、品川駅などでも手を振る係員や職員の旗で見送られました。遂には熱海でも旗で見送られる歓迎ムード一杯でした。流石、一人5万円のツアーだと思いました。

 大船を出る頃から昼食が運ばれ始めました。Lunch Menu には今日の日付が入っています。料理人は「山田チカラ」さん、調理は「東急ハーベストクラブ伊東」と有ります。予め列車に載せていたのはスープだけだったのでしょう。すべて上品な味で大変美味しく頂きました。食事中に、ヴァヨリンの生演奏をもあり、耳元で弾かれる音を愉しむことも出来ました(大迫淳英さん)。
 



車窓から見た冬の午后の静かな太平洋です。
 食事が終わる頃、列車は「伊豆高原駅」に到着、30分の停車で、お買い物を促され、私はエスプレッソを買い、家内は土産物をもとめました。列車内にも土産屋が在りました。買いたくなる物は在りません。
列車が下田に到着したのは、午后3時10分、Royal Cruiseのバスに乗り換えて、出発したのは午后3時半でした。バス会社のガイドが行き成り「これから、ひたすら、東京駅に向かって走ります」と云いました。
 私は、「横浜から乗車した客は、横浜で降りたい」と大きな声で、申し立てました。しかし、ガイドは全く受け付けませんでした。
 やがて日が暮れて、山側に坐って居る私達には、窓からの景色も見ることも出来ませんでした。6時少し前、小田原市を過ぎて、東名高速道に入りました。
 若し小田原駅でJRに乗車すれば、8時前に我が家に帰着出来たのにと、無念です。
 最後のトイレタイムの海老名サービスエリアに到着したのは午后6時40分でした。帰路の二度目のトイレタイムです。東京駅に着いたのは午后10時を少し過ぎていました。 
 家内の足が遅いのと私のトイレタイムで、東京10時28分発(始発ではない途中停車)の横須賀線に乗り、東戸塚駅に着いたのは11時、バスで我が家に着いたのはほぼ深夜となりました。
 顔を洗っただけで、くたくたの身体をベッドに入れたのは午前1時でした。
 腹が立って寝付けないかと思いましたが、夜明け前に一回目覚めただけで、
7時半に起床しました。
 

ああ疲れた。 We had an enjoiable and bad day. I wish you GOOD Days!
 序でながら、12月23日、横浜の県民ホールで松山バレー団の「胡桃割人形」を観て近くで食事して帰宅。そして、24日の朝は目が覚めたら、8時を過ぎていました。老齢をひしひしと感じています。