横浜のシンボルタワーとは?

 偶然の出会いで見つけた「シンボルタワー」でした。下のパノラマをご覧下ださい。
2016年7月23日(土)、家内を「みなとみらい」で昼飯を食べようかと誘って出ました。 ランドマークタワー内の庶民的な「沼津・魚河岸寿司」で豪快盛りを頂きました。此の店はサラリーマンも気軽に入れる店です。
 家内のロイヤルパークホテルでの買い物に付き合ってから、「港の見える丘公園のバラ園」に行こうかとバスの1番乗り場に行きました。土曜日は本数も少なく、次のバスまで1時間近くあります。間もなく 、「海釣り公園」行きのバスが来たので、目的地を変更することとし、此のバスに乗りました。
 「海釣り公園」には初めて来ました。釣り桟橋の人の多さに感心し、またバス停に戻り、途中に見えた「シンボルタワー」らしい塔への行き方を 尋ねたら(1時間に1本のバス有る)が歩いても1200mと言われました。
 老人の足では20分は掛かると思いながら、歩く途中、釣り桟橋の人達を背後から見ました。
「シンボルタワー」の手前の広場にはテント持参の子ども連れが2組居ました。以下の写真をご覧下ださい。



バス停「海釣り公園」から1000m以上歩いてやっと、シンボルタワーの正面に、辿り着きました。
傾斜45度はあろうと思われる、412段の階段をゆっくり登ります。外の風景は全くと言えるほど見えないので、疲れが倍増します。やっと登り切って湾内に浮かぶ巨船・中型船・走るボートなど、遙かには「海ほたる」を望みました。
Symtower 
芝生の中の赤いものはテント、先はコンテナーヤード。 昇った記念に撮って貰いました。
 塔頂の展望室は、安全のため強化ガラスで囲まれ4〜5カ所のみの窓も、30度ほどしか開かないので、撮影には苦労しました。右手のカメラを隙間から窓外に出して、シャッターを繰り返して押しました。
バス停(シンボルタワー)の帰路のバスの時刻表を調べていたので、休憩所で自販機の珈琲を吞み、「シンボルタワー」発のバスに乗り、途中乗り換えて 、無事午后3時半に帰宅しました。
 何故此のタワーが横浜シンボルタワーと命名されたのか 判りません。市のホームページに依れば;「横浜港シンボルタワーは、船舶通航信号所および展望施設の複合塔及び公園である。航路標識としての名称は本牧船舶通航信号所。高さ48.19m。横浜市が所有する施設」とあります。
名前の由来は判りませんが、お奨めの観光スポットです。
2016/07/26