*

日本人と桜(2015年の桜と私)HOME

       Internet Explorerで、ブロックされているコンテンツを許可して ご覧下さい

  多くの日本人がそうである様に、私も毎年3月が来ると「桜の開花」が気になります。一昨年の3月22日の突然の満開は私を驚かせました。この日は人出の少ない上野恩賜公園 と横浜の大岡川の桜を一日で巡ると言う、素晴らしい「花見」が出来ました。そして 昨年も此の二つの桜を見ることが出来ました。今年;2015年は、3月30日(月)の午后に大岡川を歩き、3月31日(火)には、9時過ぎに家を出て、横浜から上野直通で便利になった東海道線 を使って、10時15分に上野駅に着き上野公園を歩きました。
3月30日(月)午后の大岡川は逆光で良い写真は撮れませんでした
 しかし「上野公園口」の改札口は大変な人混みで した。JR職員が改札機前にロープ1本を張って並ばせるので、ロープの左側の人はスイスイ改札機へ進み、右から来た群衆は列が4列か8列か判らないままやっと改札機を 出たのは10時半と云った有様でした。

 少年時代には「花は桜木、人は武士」などと聞かされましたが、老人となった今は、花を愉しむ心境になっています。俳句でも「花」と書けば「桜の花」と決まってい る日本では、ほぼ凡ての日本人が桜を愛して居ると思われます。今日も豊臣秀吉の「醍醐の花見」に習って庶民も花見を楽し んで居ます。しかし、屋台も増え、金魚掬いの金魚がプラスチックに化けて居るのに驚きました。

 花見日和の此の日、上野公園は大変な混雑で、思わず 「花の宴 右も左も 外国語」 の俳句が出る程、外国 人で溢れていました。屋台からタコ焼きや焼蕎麦の煙りが上がっています。背の低い私は右腕で写真機を掲げねば人間だけしか写らないといった有様でした。 東照宮の絵馬にはアラビア文字、中国語、ヒンヅー語など並んでいました。

 ほぼ例年通り、上の地図の「公園口」から東照宮、不忍池、、弁天堂、ボート小屋、桜道、音楽堂、西郷隆盛銅像、京成上野駅のルートを歩きました。最後をロッテリアのハンバーグで締め括りました。 此の屋上に「西郷さん」の銅像があります。老人には良い運動でした。
上野公園に入り正面入り口の方向を撮りました カメラを空に向けなければ、人々が入ります
東照宮へ向かう人々 境内に屋台が並びごった返しています
焼き鳥の煙 不忍池の花でホットします
アンデスの曲を演奏してCDを売る人。1枚買いました 最近の西郷さんは電車からは見えない様です
 昔、早朝の電車から見える西郷さんの周りには日雇い労働者を集める、所謂、手配師が立ち、周りを外人や求職者が囲んでいた事を思い出します。弁天堂から桜並木を通って旧岩崎邸方向への道があり、不忍池を「ボート池」と「蓮池」に分けて居ます。何年前に此の道が出来たのか知りませんが、心が安らぐ道です。

   不忍池の畔からの眺望を貼り合わせました March.31 2015,11時55分  高速 低速    



さて、「花の宴右も左も外国語 」。「花よりも酒の匂へる朝の杜」。「吊革を握りて広き窓の花」。などの俳句が生まれました。しかし、どう見ても報告俳句ばかりの様で残念です。これから推敲します。
2015/04/02 15:52