時事・健康・話題

 毎月更新してご覧下ださい 。下表の青い文字から話題にジャンプしますHOME
腰椎を圧迫骨折して 三菱クラブから 黄斑変性症
.俳句頼りのボケ防止   十二月の記憶
  平成三十年から  
     
更新日付2018/01/13 16:39


平成三十年から昭和を振り返る

 天皇陛下のご退位が平成も31年の4月と決ま りました。思えば、明治・大正・昭和の三代の日本は、10年ごとに新しい戦争を始めるのが当然の国でした。今、平成に入って30年 となり、やっと平和な国になったと感じて居ます。 
 しかし、一方では、安倍総理は憲法改正(改悪)への動きを活発化させて居 る現状に微かな戦争の不安を感じて居ます。
 英語圏での法律の「改正」は、Revision =「改訂」で一貫し、法律は必要に応じて見直すとの基本思想が良く表現されています。一方、日本では、法の全て、或いは一部を改めても、凡て「改正」 とされて居ます。政治家が改訂すれば改正と呼んで恒に権威の保全が図られて居る様です。
 安倍総理は、「総理の時に憲法を改正した」と言う大きな名誉を欲しがって居る様に思われます。 私は、今の平和憲法に手をつけることは慎むべきと考え、また、政治家にはもっと国民の意見を聴いて欲しいと思い、「自衛隊」の件は附則とすれば済む ことだ思って居ます。
 古い話ですが、私が家では、伯父が日露戦争の旅順の「203高地」攻略に参謀補佐として出征し、金鵄勲章・功五級を戴きました。
 この勲章は明治天皇の玉筆による「是松徳太郎」の 名札と共に大事に保管されて居ます。この有り難い勲章は明治の「貧乏士族」に臨時収入をもたらし、父の進学にもプラスになった様です。
 さて、私自身について言えば、小学校1年生の夏に盧溝橋事件(日本軍が盧溝橋に爆弾を仕掛けて橋を損傷しながら、犯人は中国の革命家「張学良」であるとした事件)を機に「シナ事変」が始ま りました。
この事件は、わが国が勝手に、蒋介石総統に戦を挑む切っ掛けとしたものでした。
 蒋介石(シャンハイシー)総統が苦戦を続ける中、当時、匪賊と呼ばれていた共産軍が 勢力を伸ばしました。御存知の様に、蒋総統一族は台湾へ逃がれ、中国には毛沢東の共産主義の国が成立しました。
 なお、私には、中国が共産主義を掲げながら、一党独裁国家となり、大きい貧富格差を抱えて、先進国の一員に在る事は不可思議なことであります。

 さて、私が小学校一年の時に始まった戦争がもたもたして居る中、私は少年になり(当時5年制度の)中学校一年生の時、太平洋戦争に突入しました。 そして、約3年後、中学校 3年(1945年)の夏にポッダム宣言を無条件で受け入れると決め、昭和天皇の詔勅が出され、陸海軍は戦闘を止めました。

 9月8日に降伏の調印がサンフランシスコで行われ、国際的に「終戦日」と呼べるのは此の日であろうと思われます。
 この様に、少年時代の私の(現在の)義務教育期間に相当する、貴重な9年間は、総て戦時下に在りました。戦時教育を受け、学徒動員に駆り出され、終戦の日には勉強不足のまま放り出された 思いがします。
 幸に、筑豊の嘉穂中学の3年生の三学期に福岡の中学修猷館(今の修猷館高校)に移りました。 4年生から今の大学に相当する旧制高等学校に入ることが出来ました。まぐれで入って倖せでした。アルバイトや勉強で、無学を実感しながら、社会人になって仕舞いました。
若い人は平和ボケして居ると聞きますが、この老人は、戦争の無い時間が、少しでも永く続きます様に願って居ます。END。2018年1月13日記

十二月の記憶

 師走は毎年やって来ます。40才過ぎたころ、慈恵医大で胃の切除を受けたのは12月14日でした。横浜市大病院で左眼黄斑変性症の治療が始まったのは6年前 の12月15日のでした。今年は5月に転倒による腰椎の圧迫骨折の事故を起こし、骨を強くする服薬を続け、年末年始も続けて居ます。
 
 真珠湾攻撃も十二月八日でした。中学1年生ながら、どうなる事かと案じたものです。ごく最近、戦後生まれの方から「当時の国民は大いに祝ったと聞いています」と言われ、驚きました。 開戦日に祝賀ムードは皆無でした。兄は「此の戦争は負けるだろう」と 呟いて居ました。
12月の私に余り良いことは起きて居ません。あと半月が少し心配です。
十二月で想い出す事を綴ります。
 35才から45才まで、海外鉱山開発を狙う会社の指示に従って、しばしば南米や北米に出掛けて居ました。ある年の5月の連休に入る頃、ブラジルでの 鉄鉱山開発の合弁(Rio de Janeiroのブラジル大手鉱山会社+日本の製鉄会社+鉱山会社)プロジェクトのエンジニアリングを手伝って下ださいと 請われ、1 〜2週間手伝う心算で、小さなスーツケース一つで出掛けました。ご存じ、片道30時間のフライトです。
 到着してすぐ仕事に掛かりました。その後、私の属する会社からは帰国させたいとの要求が何度も来たのですが、プロジェクトリーダーは「彼が抜けると開発計画が止まる 」と本社を脅し、結局、12月まで滞在しました。
 此の8ヶ月間は、(ブラジル西部、Minas Gerais州の)Belo Horizonte市のホテルに住み、「鉱山開発事務所 」に勤めた事になります。当初、事務所での会議は英語でしたが、後半は、現地役員の英語の発音がでたらめ(Railway をHighway と発音する)なので、私の要請でポルトガル語に切り替えました。
 ポルトガル語を囓っただけの私はポルト・ニョール(=スペイン語なまりのポルトガル語)を喋り、現地調査に出掛け、会議を重ねました。

 山では、ジープの4輪が全部パンクして 、私は現地人運転手を待たせ、暗闇を歩いて、村落に辿り着き、タイヤを入手した事故もありました。その夜の運転手の驚きと尊敬の眼差しは今も忘れません。
 斯くして、その年の12月中旬、やれやれと、仲間一人を連れてリオを発ち、途中、休息のためロスアンジェルスで降りました。空港でレンタカーを借り、ハリウッドの中級ホテルにチェックイン、その夜はリトルトーキョーで食べました。2日目は十時ころからアナハイムのディズニーランドを訪ねました。これが確か3度目の ディズニー訪問で した。
  ディズニーランドの駐車場 に着いて、4時間後の再集合と決めて、連れと別れ、独りで園内を歩きました。 然し、童心に帰ることも、なかなか出来ず、多様なアトラクションに入りました。
 
 アトラクションの一つに「全米銀行協会」提供の小屋がありました。ドアを入ると小さな舞台に世界各国の子供の姿の人形が踊り、「It's a small after all」を歌っています。すると、私の目から訳もなく、ポロポロと涙が溢れるのに驚きました。不覚の涙とはこんな物だと初めて知りました。
 
 
 Disneylandでの涙は、鉱山開発の技術レポートを無事纏め、こうして、生きて戻ると言う「喜び」と 、ブラジルで出来た友人達とはもう会うことは無いであろうと言う「悲しみ」とが複雑に絡み合った感傷だったのでしょう。

 残念ながら、私の勤めていた会社は資金力に欠け、この事業には参加しませんでした。私と此の事業との関係は間もなく終わりました。
12月と言う言葉で頭を過ぎった、私的な出来事を読んで頂き有難うございました。

腰椎を圧迫骨折して

追記:2017年11月30日:
コルセットからやっと開放されました。少し乱暴な運転手のバスでもコルセット無しで、師走を迎えます。
追記:2017年9月29日:追記
2017年9月21日、朝から晴れて天気が良いので、山手の港が見える丘公園から、山下公園、象の鼻公園、赤レンガ倉庫そして、みなとみらい地区を歩き、桜木町駅から帰宅しました。コルセットを着けてながら、約5kmを歩きました。9月26日主治医に報告しました。「凄いですね」と驚いて、喜んでくれました。
自信が付いて、今日9月29日は我が家から東戸塚駅まで、少し遠回りして、歩いて往復しました。
追記:2017年9月26日:追記
此の項目の終わりの方に、吞むのに苦労する「ボナロン錠」を処方されたと書いて居ますが、9月12日の診察時に、「服むときオブラートのカプセルが咽に粘着するので困 ります」と話した所「ボナロン経口ゼリー」に変更されました。お陰で、服み易くなりました。暫く続けます。
追記:皆様にも心配をを掛けしましたが、8月8日、戸塚第一医院の外科医、笹先生の診察の結果、5月22日以来、身に着けて来た「コルセットは、もう使わなくてよろしい」事になりました。これで、1週間様子を見ることになりました。本当にホッとしています。
 
 腰椎の関節は本来は鼓の形をして居ますが、上からの強い力で圧迫され、上下の皮の面が前面で座屈して、関節が歪んだ台形になったのでした。それが太鼓の形を取り戻して居るのが、X-ray写真で判りました。太鼓の中身が平準化され、水平を取り戻すと云う、人体の能力の凄さを見せて呉れました。但し太鼓の高さは低くなったので、身長は2〜3粍縮んだことになります。 左図参照。
私が、会合に遅れたり、欠席したりして、少なからぬ友人・知人に迷惑を掛けて居ることと思い、私の腰椎圧迫骨折の経緯を説明させて頂きます。


**********************************************************************************

 2017年5月17日(水)たまたま、川崎から訪ねて来た甥に手伝いを頼み、居間のガラス戸(高さ1.8メートル、幅1.2メートルの二重ガラス入りのアルミ製ドア、推定される重さ45〜50kg)のを動かして居る時に 、ワックスを吹き付けた床に足を滑らせ、尻餅を突きました。その夜から痛みがでましたが、筋肉痛と思っていました。

 処が、2〜3日経つと、益々痛くなりPCの前に座って居ても痛くなるので、これは変だと思い始め、5月23日(火)、近くの戸塚第一医院で診察を受けました。
   レントゲン写真5〜6枚を撮られ、外科の医師が腰を押さえて痛みをチェックして、私の腰椎の第一関節が圧迫骨折して居るとの説明を受けました。温熱療法を受け、背中に鎮痛・消炎の湿布を貼り、コルセットを締めて帰宅しました。
 掛かり付けの内科医からは若い若いと思って居たらショックでしたねと、同情される始末です。
腰椎脊椎頸椎
 浅学な私は、そもそも、腰椎・第一関節とは何かが判りませんでした。左ご覧の図で、私が背骨一本と思っていた椎骨は、腰椎、脊椎、頸椎の3つで成立していることを改めて認識しました。
此の初回診察の日から、私は入浴時と排便時以外はコルセットを締めて過ごしています。
 しかし、ベッドに身を横たえる時、腰を回し頭の向きを変える時、きりりと猛烈に痛む瞬間があります。朝の起床も痛みを伴う大仕事です。
 其れと毎夕のベッドメーキングも腕を長く伸ばしてシーツ・掛け具を広げる動きは、腰に力が加わり痛みます。

簡単に治るものでは無いと聞きます。必ず治るとも聞きます。 以来、忍耐・忍耐・忍耐の日が始まりました。
 5月30日(火)の第二回目の受診では、湿布を処方され、真面目にコルセットも続けました。 
6月6日(火)の第三回目の 受診の折り、就寝・起床時の猛烈な痛みは和らいだことを報告しました。笹 益男 医師は心から嬉しそうに喜ばれました。これで湿布を止め、自宅内ではコルセットを外すこととなりました。コルセットを着けたままの睡眠は浅くなり、起床時から昼まで、特に感じていた疲労が加成り減りました。
 
昨日、6月22日は東戸塚駅まで歩き、西武デパートで買い物、バスで帰宅しました。今日6月23日は、此のホームページ7月号用の写真を撮るため近くの、坂の多い「こども植物園」へ出掛けました。標高62メートルの高台に住んで居るので外出は、体力を使います。腰椎も少し改善して居ると思われます。
 8月8日(火)の受診で、未だ、就寝・起床時の鈍痛が残って居ること、特に坂道で軽い鈍痛がある事などを報告しました。改めて自宅内では 恒常的に、掃除など力を要する作業時以外は「コルセットを外す」ことを指示されました。コルセットの長期使用は体に悪い様です。
8月15日(火)の受診で、骨密度が同年齢基準の75%と低いので、骨密度を上げる薬(ボナロン錠35mm=Bonalon, Merck Sharp & Dohme Corp. a subsidiary of Merck & Co., Whitehouse Station, NJ, USA.) )を、16日と23日の起床時に多めの水で服用(服用後30分は横になれない。食べない)、29日に改めて受診することとなりました。念のためビタミンD剤も出されました。

俳句頼りのボケ防止

 今から6〜7年前、俳句仲間の一人に、ボケの症状が出て来ました。彼は大正14年生まれだったので、今の私と同じ年齢だった頃です。句会では、何時も私の隣の席を占めて居ましたから、良く観察することが出来ました。住所も私が1丁目で彼が4丁目ですから遠くはありません。私の散歩道の途中ですから、偶然に遇うこともありました。
 彼のボケの兆候に最初に気付いたのは、通常の句会で、あらかじめ配られた全員の句が一表に纏められ(俳句の世界では「清記」と呼びます)その中から、自分の(良いと思う句を 撰び)撰句としてメモにして提出する時に、彼は「撰びたくなる様な良い句は一つも無い」と呟くのです。

 その句会では13人から3句ずつ出すので39句が並んで印刷されて居ます。「撰びたくなる様な良い句は一つも無いなあ」とは傲慢としか思えませんでした。今の私は 撰びたい句が多すぎて、7句を撰ぶ場合、入れたい句を削ることが少なくありません。
 俳句はボケの防止に役に立つだろうと言う願望が、多くの俳人にあるのは事実であろうと思います。しかし、それは淡い願望であり続けることでしょう。俳句のために、自然を観察すること、観察するために歩くこと、文字を書くこと、作った句を推敲することなど、など、がボケの防止に役立つ可能性は低くないと思われます。
 俳句を作るための努力が、若干、脳を刺激し、活性化することは、有りましょう。しかし、もっと良い句を作ろうと言う努力を続けるのは大変なことです。努力が続かないと知ったら、俳句は止めましょう。
他人の俳句がみなボロに見える時は、俳句を止めましょう。私は、あと一年あと一年と続けることでしょう。
他人の俳句がみなボロに見える時は、俳句を止めます。

 

三菱クラブから皇居前の景

昔、三菱系の会社に勤めていましたので、毎年2回、三菱クラブで開かれる「OB会」へは参加を心がけて居ます。この春の総会には早めに会場に到着、西側の広い窓から見た「皇居前広場」を 撮りました。空気の澄む秋はもっと綺麗です。皇居を眼下にする機会はめったに有りませんのでご紹介します。


2017年4月15日撮影

高齢者の健康維持(黄斑症を患って)

 2011年11月中旬のゴルフが日没後まで続き、クラブがボールを捉えるのに困難を感じ、翌日、近所の眼科で黄斑変性症と診断され、 横浜市立大学に紹介されました。紹介状を持って行ったのは11月下旬でしたが、残念ながら、治療は翌年の2012年に始まりました。
 『追記:2015年12月15日:  「横浜市立大学病院」にて診察の結果、また新生血管からの漏水があるとのことで、8月15日にルセンチス手術を受けることとなりました。 加齢性黄斑変性症と云う病名からも、治療で完治するのは難しい様です。気を長く持って、じっくり付きあう他ないのでしょう。』 下図は勉強のため日本眼科学会の資料から転用させて頂きました。

AMDgazou 

Eyeball 

 必要の無い新生血管が出来る理由は判りませんが、食生活の洋風化、紫外線などが挙げられています。新生血管から漏れた水分が黄斑を引き起こすらしいです。
手術は眼球へ水分を吸収する薬品を注射するものだそうです。高価な薬で手術も面倒です。
奨められて眼のビタミンも服用しています。

yellowspot 

左眼黄斑変性の治療=眼球注射の履歴表
当初ルセンティスを使用、2013年3月よりアイリーアを使用HOME

年次 日付   年次 日付   年次 日付 レンズ補正視力  
2012年
1月19日
2014年 1/27日,
左0.4右1.5
  2016年 1月14日     
2012年
2月23日
2014年
4月18日
  2016年 3月10日 L=0.1:R=1.5   
2012年
3月22日
2014年
7月14日
  2016年 4月7日 L=0.2:R=1.5   
2012年
8月16日
2014年
10月27日
  2016年 7月28日 不変   
2012年
9月27日
2015年
1月30日
  2016年 月28日 不変    
2013年
3月14日
2015年
4月27日
  2016年 12月15日 L=0.3:R=1.5    
2013年
4月1日
2015年
7月23日
  2017年 2月23日 L=0.3〜4:R=1.5    
2013年
 7月8日
2015年
10月15日
  2017年 4月27日 L=0.4:R=1.5    
2013年
10月21        2017年   7月6日 L=0.4:R=1.5    
             2017年  9月7日 L=0.4:R=1.5  
            2017年 11月16日 L=0.4:R=1.5 水の漏出
            2018年 1月11日 L=0.5:R=1.5 水少々漏
                   
                   
                   
                   

視力は最悪期よりは良い数字ですが、検査される人の慣れに依る数字です。実質は殆ど回復しません。完治するのは難しい様です。気を長く持って、じっくり付きあう他ないのでしょう。

2018/01/13 16:39