時事・健康・話題

 毎月更新してご覧下ださい 。下表の青い文字から話題にジャンプしますHOME
秋の三菱クラブから 春の三菱クラブから  初ゴルフと親友の逝去
白内障の手術. 俳句頼りのボケ防止 Homepage 引越しの難
MRI検査を受けて 黄斑変性症
     
更新日付2018/06/20 21:26


MRI検査を受けて

 今年に入って、尿の切れが悪くなりました。私と同年齢(または少し若い)友人が、トイレで小便を出しながら「最近、尿の切れが悪くてね」と嘆いて居たのを思い出して、(2018年)4月上旬、近所の掛かり付け医の定期検診の折に報告し、取り敢えず、ハルナールと言う薬を処方されました。
 4月29日、此の医院の定期検診の結果、PSA.値が急に高くなって居ると言うことで、横浜市立大学病院泌尿器科への紹介状を貰いました。
 5月11日、私大病院で初回の診察を受けました。背の高い美人の女医さんが体の上にローラーを走らせ、肛門にプローブを入れて、前立腺の状態を外から写真に収められました。かなり大きいので、ガンの可能性もあり、MRIで詳しく見ましょうと言われ帰宅しました。
 ****************************************************************
5月18日午後2時、私大病院のMRI室へ直行しました。私物一切をロッカーに収め、パンツ一枚になり白の検査衣に着替えました。そして、待つこと10分で、検査室に入りました。
 若い男性のテキパキした指示で検査台に乗ります。
 検査台の上で、体の位置を微調整して、脚を布で括られ、腹部に重たい板(磁力発生板?)を乗せ、騒音防止用のヘッドセットをさせられ、体を台にほぼ固定状態にします。「呼吸が腹部を動かすのを最小限に抑えます」と言いながら、腹部をしっかり押さえられ固定し、やっと呼吸出来る状態にされます。
 「緊急時はこの風船を握り絞めて下さい」と、昭和の写真撮影のフラッシュを焚く時に握る「ゴムボール」を持たされます。此のボールを顎の近くに置いて、目をつむりました。検査中の騒音は凄いです。轟音は米国の昔の戦艦名「サラトーガ」を繰返し叫んでいる様に聞こえ、時々襲い来る零戦に機関銃を撃ったりして居ました。不思議。時々目を開いても同じ筒の内壁が見えるだけです。
検査開始まで5〜7分、検査25〜27分でした。検査室を出て、着替え5分程度で解放されました。
 やれやれ解放さたと思い、会計にカードを出し、受け付けて貰いました。30分以上待っても私の会計番号が、支払い板に出ないのです。疑問を会計に話すと、(予定に入って居るとは聞かなかった)血液検査が未だ済んでいませんと言われ、採血に行き、所定の手続きで30分掛かりました。
帰路、バス停で腕時計を見ると、針が停まって居る様な感じがしました。帰宅して、時計が1時間ほど遅れていることが判りました。MRI検査の間、入り口のロッカーに入れて置いて居たのですが、磁力線は、ドアを抜け、ロッカーの薄い鉄板を透り、私の旧式なゼンマイ時計にも影響して居ました。恐ろしい事です。
 あの検査係の若い男性は、厚いドアの中から操作して居ましたが、彼の体への磁力線の影響は、きっと在るでしょうと心が痛みます。
******************************************************************************

MRI検査(此処からはネット情報です)

  私たちの体内の脂肪や水分には、無数の水素が含まれています。この水素原子核の陽子には、強い磁場の元で「核磁気共鳴」を起こす性質があります。「MRI」は、体内の水分子の結合状態をコンピュータ解析することで、臓器やがんを画像化しているのです。水分量の多い組織、具体的には脳や血管などの撮影を得意としています。
 
 がんの分野で言えば、脳腫瘍、卵巣がん、子宮体がん、前立腺がん、肝臓がん、すい臓がんなどの発見・診断時に威力を発揮する画像診断機器です。体内の金属や酸素ボンベの持ち込みなど、金属に注意が必要です。
 CTとMRIはどちらが優秀ということはありません。原理も全く異なりますし、あくまでも患者さんの状況によって使い分けられる画像診断機器です。

たとえば、CTとMRIはどちらも「脳」の撮影を得意としています。しかし、診察されているのが脳出血であればCTの方がよく写りますし、脳梗塞であればMRIの方に軍配が上がります。このように、ある程度疾患の状態を予想して医師はCTとMRIどちらが適しているかを決めることになります。
 とは言え、実際の所、まずCTで検査し、問題が見つかればMRIでさらに詳しく見る……、という流れが日本では一般的です。
よほど大きな病院でなければそもそもMRIの機械を備えていない、ということも大いにあるのです。(以上ネット情報)
MRI室 toubu

頭部専用機
MRI画像によるガンの可能性の診断結果は来月、7月2日に知らされる様です。続きは来月号に載せます。

Chileno como Poroto=チリ人、豆の如し

いきなりスペイン語が出てきて驚かれたとおもいますが、少し我慢してお読み下さい。昔々その昔の、30歳前後の若き日の想い出を語らせて貰うこととします。以下は、口語体から文語体に変わります。些か、ぶっきらぼうになる事をご勘弁願います。
**************************************
 
1959年9月末、私は鉄鉱山開発のため南米のチリに着いた。11月には、鉱石積み出し港を予定している小さな湾から、アタカマ砂漠の丘の鉄鉱床に向かう70kmの道路の建設が始まった。
 
 心配された砂利も良質とは言い難いが道路予定線の周辺に豊富に存在することが確認され、真夏の砂漠に、この道路を建設するための機械類を保守する事と、山元の選鉱プラントの建設を監督するのが、私の当面の仕事であった。神戸製鋼のパワーショベル、三菱重工のブルドーザー、トラクターショベル,モーターグレーダーなどが稼働を開始した。

 パワ−ショベルのエンジンはGM製、電気系統はGE製と、当時の1級品を搭載していた。それに、何にも増して助かったのは、この機械にスペイン語の「マニュアル」が準備されていた事である。日本を発つ前にこれを通読したことが、スペイン語を独学していた私にとって、どんなに役立ったか計り知れない。スペイン語で、機械類の点検シートを作り、作業現場の壁などに貼り、現地人を指導する事とした。

 ある日、それが日課になっていた様に、オアシスの町、コピアポ、の家を未明に出発し、機械主任のファデイック、機械工のロブレス達4人をジープに乗せて、鉱山予定地に登った。此処では整地工事が終り、クラッシャーの据え付けが始まっていた。工事業者パロミノ氏と簡単な打ち合わせを済ませ、砂丘を越えて道路建設の現場に向かう。

 砂漠の現場に着くと、今日も25トン・ダンプのタイヤがパンクしている。日本の大卒の初任給が6,000円/月の時代に、タイヤは1本10万円以上する高価な代物である、もうこれで8本目だ!。パンクしたタイヤはまだゴムの焼ける臭いがしている。
  現場下請けの係長ボスケを呼び、何故こんなに次々パンクするのか、と原因を追及する。30分も話し合ってやっと原因が判明した。このボスケがパンクの「犯人」であった。請負会社はパンクの犯人を係員にして居たのだ。
 私が彼に渡しておいた点検シートには、「タイヤ圧力は60LBS(ポンド)」と書いてある。ボスケは毎朝10時に出勤して、タイヤ圧力を60ポンドに調整していた。それはOKなのだが、その後が問題であった。彼は、昼休みにまたタイヤ圧力を測る。すると、75LBSに上がっている。そこで、エヤーを抜いて60LBSに下げていたのである。
 
 減圧したタイヤは走行による変形の繰り返しで温度が急上昇する。ここでエヤーを抜くと益々温度が上がる。そして、遂に内部シートの接着が剥がれ、破裂してしまう。背筋に氷が走る思いであった。

 早速、全車を停止させて、タイヤに水をかけて冷やし、車体に黒ペンキで ”60LBS al FRIO” (=寒冷時60ポンド)と記入させた。そしてボスケに、“明朝、全車両を点検して、60ポンドとし、その日は絶対エヤーを抜いてはならん”と指示した。下手なスペイン語で説明してもなかなか納得しなかったが、最後に机を叩き睨みつけて、不承不承了解させた。その日以降、ぴたりとパンクが無くなった。

 さて昼食時に、工員達の弁当を覗くと、スパゲッティ、白い隠元らしい豆、パンが、3段重ねの丸い弁当箱(筒)に入れてあった。殆ど毎日この3品メニューで、時として豚、鶏肉などが加わる。“よく豆を食べるね”と云うと、「はい"Se dice, Chileno Como poroto” (=豆の様なチリ人と云います)」と説明の様な返事が返ってきた。 当時、豆はチリ人の主食であり、重要な蛋白源であった。私もエバ・ミルクをお湯で薄め、パンとハム程度で済ませていた。

 1日の仕事を終えて、帰路は港の事務所から、フォードのステーション・ワゴンで我が家へ真っ暗な「県道」を走る。運転手のラモスは、100km/h以上の速度を出して居る。砂漠の中の広い砂利道で他の車は殆ど無い。
  “おい、も少しゆっくり走れ!”と言うと、「もっとスピードを出さねばならんのです。燃料計を見て下さい。ゼロに近いのです。」と言って益々飛ばす。何とか無事、オアシスの中の家に着いたが、背筋が凍る思いであった。
 
 翌日、機械主任のファデイックにこの話をすると、両手を肩まで上げて万歳の格好で“Chileno como poroto”と言ってニヤリと笑う。どうも、此のChileno como poroto にはチリ人の誇りと卑下が混在した複雑な思いが込められて居る様だった。

 そして、10年後、私はブラジルの鉄鉱山で、変な運転手に出会った。高齢のバンジッコは鉱山の往復で下り坂に差し掛かると、エンジンのキーを切るのである。何故か?と聞くと、“ガソリンの節約です”と言う。本人は心底信じているから、私が、「燃料の消費量は変わらんのだ。エンジンの起動回数を増やすのは潤滑上良くない!」と云っても頑として受け入れなかった。
 これを“Brasilero como vaca”「バカ(=牛肉)の様なブラジル人」とでも言うのであろう。なお、彼らに君らの主食はなにか?と問うと、「肉」と返えす人が多い。本当に肉食が多い。

 自分が正しいと思い込んで居る人には手が付けられない。国際貿易摩擦にも意外と、こんな「思い込み」が双方に存在して居るのであろう。
以上、お読み頂き有り難うございます。

平成三十年から昭和を振り返る

 天皇陛下のご退位が平成も31年の4月と決ま りました。思えば、明治・大正・昭和の三代の日本は、10年ごとに新しい戦争を始めるのが当然の国でした。今、平成に入って30年 となり、やっと平和な国になったと感じて居ます。 
 しかし、一方では、安倍総理は憲法改正(改悪)への動きを活発化させて居 る現状に微かな戦争の不安を感じて居ます。
 英語圏での法律の「改正」は、Revision =「改訂」で一貫し、法律は必要に応じて見直すとの基本思想が良く表現されています。一方、日本では、法の全て、或いは一部を改めても、凡て「改正」 とされて居ます。政治家が改訂すれば改正と呼んで恒に権威の保全が図られて居る様です。
 安倍総理は、「総理の時に憲法を改正した」と言う大きな名誉を欲しがって居る様に思われます。 私は、今の平和憲法に手をつけることは慎むべきと考え、また、政治家にはもっと国民の意見を聴いて欲しいと思い、「自衛隊」の件は附則とすれば済む ことだ思って居ます。
 古い話ですが、私が家では、伯父が日露戦争の旅順の「203高地」攻略に参謀補佐として出征し、金鵄勲章・功五級を戴きました。
 この勲章は明治天皇の玉筆による「是松徳太郎」の 名札と共に大事に保管されて居ます。この有り難い勲章は明治の「貧乏士族」に臨時収入をもたらし、父の進学にもプラスになった様です。
 さて、私自身について言えば、小学校1年生の夏に盧溝橋事件(日本軍が盧溝橋に爆弾を仕掛けて橋を損傷しながら、犯人は中国の革命家「張学良」であるとした事件)を機に「シナ事変」が始ま りました。
この事件は、わが国が勝手に、蒋介石総統に戦を挑む切っ掛けとしたものでした。
 蒋介石(シャンハイシー)総統が苦戦を続ける中、当時、匪賊と呼ばれていた共産軍が 勢力を伸ばしました。御存知の様に、蒋総統一族は台湾へ逃がれ、中国には毛沢東の共産主義の国が成立しました。
 なお、私には、中国が共産主義を掲げながら、一党独裁国家となり、大きい貧富格差を抱えて、先進国の一員に在る事は不可思議なことであります。

 さて、私が小学校一年の時に始まった戦争がもたもたして居る中、私は少年になり(当時5年制度の)中学校一年生の時、太平洋戦争に突入しました。 そして、約3年後、中学校 3年(1945年)の夏にポッダム宣言を無条件で受け入れると決め、昭和天皇の詔勅が出され、陸海軍は戦闘を止めました。

 9月8日に降伏の調印がサンフランシスコで行われ、国際的に「終戦日」と呼べるのは此の日であろうと思われます。
 この様に、少年時代の私の(現在の)義務教育期間に相当する、貴重な9年間は、総て戦時下に在りました。戦時教育を受け、学徒動員に駆り出され、終戦の日には勉強不足のまま放り出された 思いがします。
 幸に、筑豊の嘉穂中学の3年生の三学期に福岡の中学修猷館(今の修猷館高校)に移りました。 4年生から今の大学に相当する旧制高等学校に入ることが出来ました。まぐれで入って倖せでした。アルバイトや勉強で、無学を実感しながら、社会人になって仕舞いました。
若い人は平和ボケして居ると聞きますが、この老人は、戦争の無い時間が、少しでも永く続きます様に願って居ます。END。2018年1月13日記

十二月の記憶

 師走は毎年やって来ます。40才過ぎたころ、慈恵医大で胃の切除を受けたのは12月14日でした。横浜市大病院で左眼黄斑変性症の治療が始まったのは6年前 の12月15日のでした。今年は5月に転倒による腰椎の圧迫骨折の事故を起こし、骨を強くする服薬を続け、年末年始も続けて居ます。
 
 真珠湾攻撃も十二月八日でした。中学1年生ながら、どうなる事かと案じたものです。ごく最近、戦後生まれの方から「当時の国民は大いに祝ったと聞いています」と言われ、驚きました。 開戦日に祝賀ムードは皆無でした。兄は「此の戦争は負けるだろう」と 呟いて居ました。
12月の私に余り良いことは起きて居ません。あと半月が少し心配です。
十二月で想い出す事を綴ります。
 35才から45才まで、海外鉱山開発を狙う会社の指示に従って、しばしば南米や北米に出掛けて居ました。ある年の5月の連休に入る頃、ブラジルでの 鉄鉱山開発の合弁(Rio de Janeiroのブラジル大手鉱山会社+日本の製鉄会社+鉱山会社)プロジェクトのエンジニアリングを手伝って下ださいと 請われ、1 〜2週間手伝う心算で、小さなスーツケース一つで出掛けました。ご存じ、片道30時間のフライトです。
 到着してすぐ仕事に掛かりました。その後、私の属する会社からは帰国させたいとの要求が何度も来たのですが、プロジェクトリーダーは「彼が抜けると開発計画が止まる 」と本社を脅し、結局、12月まで滞在しました。
 此の8ヶ月間は、(ブラジル西部、Minas Gerais州の)Belo Horizonte市のホテルに住み、「鉱山開発事務所 」に勤めた事になります。当初、事務所での会議は英語でしたが、後半は、現地役員の英語の発音がでたらめ(Railway をHighway と発音する)なので、私の要請でポルトガル語に切り替えました。
 ポルトガル語を囓っただけの私はポルト・ニョール(=スペイン語なまりのポルトガル語)を喋り、現地調査に出掛け、会議を重ねました。

 山では、ジープの4輪が全部パンクして 、私は現地人運転手を待たせ、暗闇を歩いて、村落に辿り着き、タイヤを入手した事故もありました。その夜の運転手の驚きと尊敬の眼差しは今も忘れません。
 斯くして、その年の12月中旬、やれやれと、仲間一人を連れてリオを発ち、途中、休息のためロスアンジェルスで降りました。空港でレンタカーを借り、ハリウッドの中級ホテルにチェックイン、その夜はリトルトーキョーで食べました。2日目は十時ころからアナハイムのディズニーランドを訪ねました。これが確か3度目の ディズニー訪問で した。
  ディズニーランドの駐車場 に着いて、4時間後の再集合と決めて、連れと別れ、独りで園内を歩きました。 然し、童心に帰ることも、なかなか出来ず、多様なアトラクションに入りました。
 
 アトラクションの一つに「全米銀行協会」提供の小屋がありました。ドアを入ると小さな舞台に世界各国の子供の姿の人形が踊り、「It's a small after all」を歌っています。すると、私の目から訳もなく、ポロポロと涙が溢れるのに驚きました。不覚の涙とはこんな物だと初めて知りました。
 
 
 Disneylandでの涙は、鉱山開発の技術レポートを無事纏め、こうして、生きて戻ると言う「喜び」と 、ブラジルで出来た友人達とはもう会うことは無いであろうと言う「悲しみ」とが複雑に絡み合った感傷だったのでしょう。

 残念ながら、私の勤めていた会社は資金力に欠け、この事業には参加しませんでした。私と此の事業との関係は間もなく終わりました。
12月と言う言葉で頭を過ぎった、私的な出来事を読んで頂き有難うございました。

俳句頼りのボケ防止

 今から6〜7年前、俳句仲間の一人に、ボケの症状が出て来ました。彼は大正14年生まれだったので、今の私と同じ年齢だった頃です。句会では、何時も私の隣の席を占めて居ましたから、良く観察することが出来ました。住所も私が1丁目で彼が4丁目ですから遠くはありません。私の散歩道の途中ですから、偶然に遇うこともありました。
 彼のボケの兆候に最初に気付いたのは、通常の句会で、あらかじめ配られた全員の句が一表に纏められ(俳句の世界では「清記」と呼びます)その中から、自分の(良いと思う句を 撰び)撰句としてメモにして提出する時に、彼は「撰びたくなる様な良い句は一つも無い」と呟くのです。

 その句会では13人から3句ずつ出すので39句が並んで印刷されて居ます。「撰びたくなる様な良い句は一つも無いなあ」とは傲慢としか思えませんでした。今の私は 撰びたい句が多すぎて、7句を撰ぶ場合、入れたい句を削ることが少なくありません。
 俳句はボケの防止に役に立つだろうと言う願望が、多くの俳人にあるのは事実であろうと思います。しかし、それは淡い願望であり続けることでしょう。俳句のために、自然を観察すること、観察するために歩くこと、文字を書くこと、作った句を推敲することなど、など、がボケの防止に役立つ可能性は低くないと思われます。
 俳句を作るための努力が、若干、脳を刺激し、活性化することは、有りましょう。しかし、もっと良い句を作ろうと言う努力を続けるのは大変なことです。努力が続かないと知ったら、俳句は止めましょう。
他人の俳句がみなボロに見える時は、俳句を止めましょう。私は、あと一年あと一年と続けることでしょう。
他人の俳句がみなボロに見える時は、俳句を止めます。

 

三菱クラブから皇居前の景

昔、三菱系の会社に勤めていましたので、毎年2回、三菱クラブで開かれる「OB会」へは参加を心がけて居ます。この春の総会には早めに会場に到着、西側の広い窓から見た「皇居前広場」を 撮りました。空気の澄む秋はもっと綺麗です。皇居を眼下にする機会はめったに有りませんのでご紹介します。


2017年4月15日撮影

秋の三菱クラブから

2017年10月21日:秋季総会の朝「三菱クラブ」から見た皇居前広場のパノラマです。 当日は生憎の雨で、皇居の上は霞で覆われています。写真の左端が「霞ヶ関」とは良く云ったと思いました。





 

ホームページ引っ越しの難

 借家人に、家主が「30日以内に別の貸家に移動しなさい」と宣告したら、借家人はびっくり仰天することでしょう。私がサービスプロバイダーとしてniftyを選んだのは、1956年か57年、初めてパソコンを購入した頃で、三菱OBの立ち上げたグループから紹介されたお陰です。今もそのグループに感謝しています。
処が、niftyもスマートフォン業界などの進出に押されて、合理化を迫られて居るらしく、昨年、「近く@niftyのホームページサービスを打ち切るので「lacoocan」と言うホームページ・スペースに引っ越しを お奨めする」との利用者・同文メールが入りました。 私は、早速、niftyのホームページを、la.coocanに移そうとネット上で申し込んだら「la.coocan」には入らせて呉れず、何故か、「d.dooo.jp」に入らせられて居ました。 私はla.coocanに入ったと思い込み、ローカルサイトの名を「la.coocanローカル」と命名して居たのです。
 今年、niftyから、再度「lacoocan」を勧める同様なメールが入ったので、ニフティに電話を掛けたところ、出てきた中年女性らしい声の主に「貴方は旧会員ですから、ご心配有りません」と言われ、それでも、不安なので、15年前から作って来たホームページの殆どを「d.dooo.jp」に移し、 @niftyは主に「掲示板のcgi-bin」の設置場所として利用することにしました。
 2016年8月25日(金)に、「重要。@homepageサービス終了のお知らせ。終了日:2016年9月29日」と云うダイレクトメール(葉書)が来ました。 「移行手続きは下記urlをご覧下ださい。」とあるので、そのurlを開こうとしても開けないのです。電話してチェックした処、兎に角、9月28日までに私のホームページ全部を「lacoocan」に移動しなければ、ホームページの使用権は無くなる事が判りました。
 慌てまくって、「d.dooo.jp」に預けた部分のハイパーリンクを書き換えながら、大半を移動したのは9月7日です。難儀したのは、画像掲示板とクラス会掲示板の書き換えと設置でした。終わったと感じたのは、9月12日の早朝でした。ホッとして、10時には鎌倉周辺散歩に出かけました。
(10月末の追記)
しかし、その後、(古い文書のハイパーリンクが切れているなど)様々不都合が数カ所で数回、発生し、安定する迄に10月中旬まで掛かりました。

以下はホームページの仕組みについて興味をお持ちの方への説明です。

 @ホームページを制作に使って居るソフトは「Frontpage2000 by Microsoft」 と目下無料配布の「Microsoft Expression Web-4」す。それで、足りない部分は「ホームページ・ビルダ15」で補足しています。Flash-movieも勉強しましたが、十万円以上 の高価なソフトには手が出ません。
A画像処理は、極めて古い「Paint Shop Pro 8」を愛用し、最近は「Adobe Photoshop Elements 11」も使い慣れて来ました。
B掲示板を作るためのcgiスクリプトなどはKentさんのページから、無料でダウンロードし、使用させて頂いて居ます。web上の解説も親切で有り難いことです。

序でながら、web上の掲示板用のcgiファイルの作成とweb上の場所には、nifty以来苦労して来ましたが、
今回の引越しでも最大の難関でした。特に、パスワードを経由する「九機クラス会のcgiファイル」の引越しには難儀しました。
以上。

白内障の手術。

5月26日夜、追記しました。
白内障の手術の手術を受けて感じたことを出来るだけ率直に記述します。
(1)手術前と後の点眼の作業:
手術を受ける前、私の周囲の体験者は異口同音に、「白内障の手術なんか簡単、かんたん」と言っていました。しかし、実際には、多くの検査と 手術の7日前から「毎日4回の2種類の点眼」が始まりました。
 此の毎日4回に時間間隔の指示は有りませんが、望ましくは、等間隔です。A薬の点眼からB薬の点眼には少なくとも5分を空けねばなりません。
 手術後の 点眼は3種類(仮にABC)となりました。私は、忘れない様にチェックシートを作り、毎日、4回(朝、昼、夕、夜)に分けて点眼を行い、記録しています。律儀過ぎると眠ることも出来ないですよね。
 私の友人の奥様は5種類(仮にABCDE)だったそうです。5種類の場合、理論的に5分間隔で20分を取られます。が、実際は毎度の点眼で40分以上掛かったそうです。
手術の後、最低2週間は風呂に入れません。顔を洗うことは許されません。正確に言えば、目に水が入ることは非常に危険とされます。湿ったタオルで拭うことは許されます。庭仕事の好きな私にとって洗髪が出来ないことは辛いことでした。
(2)手術当日の様子:
 第一回の場合、手術を受ける患者(5人)全員が午前11時までに受け付けを通り、手術開始時刻の午后0時半ころまで待ちました。その間、外出禁止です、5番目の私は最後ですから、付添い で来て呉れた家内と、持参した握り飯を食べました。(歯磨用具も持参しました)。

 最初の患者さんが手術控え室に入って、出て来るまでに45分ほど掛かることが判りました。やがて、私の番が来て、手術控え室で、左目である事を再確認され、点滴 装置をつけられ、前の人の手術が終わるまで約20分待ち、歩いて、施術室に移動し、施術台に座りました。

 手術台と言っても大きなリクライニングする椅子です。左手の人差し指に血圧計を、胸に心電図のための電極を貼り、台上で頭の位置を決め、機械で眼を突っ張られ、消毒・洗眼・眼の中の洗眼 が始まります。左目の中にジェット水程度の痛みを感じました。

 世に言う所要時間が、何処から何処までを言うのか判りませんが、手術台には15分ほど乗っていたと思います。自力で台を降りて、また手術控え室で、リクライニングする椅子で20分間ほど安静にしてから、一般患者控え室に出る事が許されました。 時刻は3時前後でした。
 当日は、眼帯をしたまま帰宅・就寝です。手術の翌日の朝、眼帯が外れ、ゴーグルを常用する様に指示されました。2週間後から更に1週間はゴーグルを付けたままの就寝が指示されました。
(3)これから手術を受ける 方々へ: 
(A) 受ける時期は?
 私は、黄斑変性症の治療の担当医から勧められて決めました。しかし、2年以上前から、夜間、常用車の助手席に座っていると、対向車のライトが非常に眩しくて目線を外す様になって居ました。
 対向車が来ると黄斑の無い右眼でも信号を見分けるのが困難になりました。これは大事な危険信号でした。この時に白内障の手術を受けるべきだったと反省して居ます。

(B)手術を受ける年齢は? 高齢者の手術は大変です。当然ながら、若い人は抵抗力があり、医師にとっても安心して手術出来る様です。 悪いと感じたら早めに受ければ、全てが楽であろうと推測しています。

(5月7日の記入)
 2016年3月10日、横浜市大病院での眼球注射(黄斑変性の治療)のあと、担当の佐藤新平先生から、近くの眼科に、白内障の手術をお願いしてきて下ださいと云われました。レンズの曇りが黄斑変性の治療の邪魔になるそうです。
 4月4日、半年前にも相談した、(家内行きつけの)戸塚の「井上眼科」に、家内同伴でお願いに行きました。
有り難いことに、4月21日に左眼を5月12日に右眼を手術して戴けることとなりました。白内障の手術は簡単と思っていたら、何の何の、これぞ外科手術なのですね。 予約表に4月12日に術前検査の判子が押してあったので、私は、採血など通り一遍のことと早合点して10時半に出頭しました。
 採血だけで一時間待たされるのは、変だなと思って居ましたが、検査が始まったら眼底撮影、その他3月10日とほぼ同じ検査がありました。終わりに「手術承諾書」にサインして、12時 半に診察終了です。
隣の薬局で術前の点眼薬2本を受け取り、13時のバスに乗り、13時半にやっと帰宅しました。
手術の4日前、4月17日(日)から 、一日4回、2種類の点眼をせねばなりません。永い新しい治療の始まりです。
 4月21日の手術は無事終了しました。当日は、眼帯のまま就寝、翌22日、診察で眼帯を外し、ゴーグルを使用します。、顔を洗うことは許されません。4月28日の診察でやっと洗顔を許されました。術後 は、一日4回、3種類の点眼を2週間続け、診察を受けます。
 昨日(5月6日)左眼の手術後診察と5月12日の右眼を手術前検査を受けました。そして、右眼で、左眼と同じサイクルが始まります。 点眼は術後3ヶ月 間または、医師が許すまで続けねばなりません。これは精神的な苦痛でした。
右上の図などの、サイト情報では:
『加齢性白内障は、早い人では40代から始まりますが、年をとるほどその発症率が高くなり、40代では全体の約40%、50代で約65%、60代で約75%、70代では約85%にも上ります。また80代以上になると、ほぼ全員に加齢性白内障の症状が見られるという調査結果があります。』と書かれています。
 私が85才まで手術の必要が無かったのは例外かも知れません。皆様の眼は如何でしょうか。

  2016年初ゴルフと親友の逝去

 1月6日、エルニーニョのお陰か、曇天ながら最高気温は13度くらいでした。友人Mさんに誘って頂き、相模川を渡った先のゴルフ場で1ラウンドを楽しみました。 前ハーフは普通に廻りましたが、親友Sさんが、午後の第一ホールを上がった処で、「リタイアする」と云いカートの運転手を勉め 、第三ホールから歩いてハウスに引き返しました。後は3人のパーティー (スリー・サム)になりました。
 かく言う私も、午後は、日差しが弱くなる第4ホール辺りから黄斑変性症の左眼の焦点が合わなくなり、ショット・パットとも不安定になりました。午后のスコアは良く有りませんでした。証拠写真のみ掲示致します。
 親友Sさんは入浴して、テレビの前で過ごしたそうです。
golf1
golf2
ミドルホール3打目のアプローチ・ショット
スリーオンで、笑み。爺むさいね。
ゴルフの都度、私をピックアップ、帰りにはドロップして呉れる親友Sさんの体力が落ちて来ました。はやく元気を取り戻され、次の3月予定のゴルフが無事出来ることを願うばかりです。
 (追記)2月8日(月)大事な、大事なゴルフの友人、Sさんを失いました。2月2日に誤嚥性肺炎で入院、2月3日に、洋光台の病院に見舞いに行きました。その時の彼の体力は 、日常を100%として10%程度と見え、口は開けっ放しで言葉は出ませんでした。しかし、私をみて目を見開き、手を握る事が出来ました。

 翌4日にも30分間ほど見舞ったのですが、体力は前日の2倍位になり、言葉を発することが出来ました。手を胸に置いて「ゴルフ、無理」と云ったので、「一年先のことだよ」と云って笑って病室をでました。
 2月6日に福岡で親族の結婚式がありましたので出席しました。8日には多分退院しているだろうと思いさて、電話しようと考えていたら、Sさんの長女から「今朝亡くなりました」 との電話が来まして。目の前が暗くなる様な気持ちです。人間、はかないものです。此のゴルフが私の人生最後のゴルフになることでしょう。2016/02/15 11:06

第70回敗戦記念日の想い出

 1975年・当時、福岡県飯塚市の嘉穂中学校の3年生でしたが、2年生から学徒動員で駆り出され、麻生炭坑の露天掘りで炭坑夫として働いて居ました。6月19日には、その露天掘りの上空で、米国の艦載機 グラマン(写真=グラマン・ヘルキャット)と日本の戦闘機が空中戦を繰り広げ、我が家にも数発の銃弾が撃ち込まれました。ほぼ目の前で撃墜された日本の戦闘機は炭坑の選炭場近くの道路(無舗装)に頭から突っ込み、機首から主翼までは地面の下になり、機体は大破して居ました。実は 撃墜を目撃した時、それが日本の飛行機か米軍機かも判然としませんでした。で、わざわざ帰路に確かめに行ったのです。
 今思えば不思議なことに、周囲には警官も憲兵も誰もいませんでした。やけにシーンとして蝉ばかりが鳴いていた様に思います。大人達は労働に忙しかったのか、憲兵を懼れて近づかなかったのでしょう。

 その後、広島の特殊爆弾、長崎の特殊爆弾の投下を聞きましたが、新聞で大きく取り上げる ことは有りませんでした。馬鹿馬鹿しいことですが、特殊爆弾が炸裂したら特殊光線で焼き殺されるので着衣は白物を選べと書かれていました。
 8月14日と15日はお盆休みで自宅待機となり、北九州の機械工場へ動員されていた旧制高校生の兄も帰宅を許され、明日、軍部から重大な発表があるので正午にはラジオを聞くように指示されていた様です。
 
14日の夜、兄は、日本は降伏するのだろうと言って居ました。私はその1週間前に「日ソ不可侵条約」を一方的に破棄して満州に攻め込んできたソ連に対し、自暴自棄的な宣戦布告をするかも知れないと懼れていました。15日の朝、警察から父に連絡が入り、朝鮮人・中国人の暴動が起こるやも知れぬので警戒を強める様にとの連絡があった様です。

 15日当日は朝から快晴で、不思議と静かでした。天皇陛下の言葉は不明瞭でしたが「耐え難きを耐え――」と言われて、心底怒りがこみ上げて来ました。怒りの原因は「多くの特攻兵が身を挺して戦い、無数の戦死者を出したのは何の為だったか!御国を守るために捧げられた多くの生命は取り返しがつかぬではないか!」と言う怒りでした。庭に小刀をもって下り、畑のヒマを薙ぎ倒しました。ヒマは、軍用機の潤滑油としての蓖麻子油を採るための植物でした。
 15日夕刻、中学校に行きました。校庭では50人余の学生が、派遣兵士を囲んで居ました。少尉の配属将校の姿は有りませんでした。上等兵の兵士は、倉庫からありたけの小銃を出させ、皆に「米軍が上陸したら、婦女子が暴行を受ける。武器を持って立ち上がろう!」と叫んでいました。私はアホらしくな り、上等兵が可哀相になり校庭を後にしました。
 その後、配属将校はJTBに勤め、上等兵は本業の漬物屋に戻ったと聞いています。
あれで軍人恩給を受けているとすれば噴飯ものです。HOME

16日からは、上空をB29が低空飛行して多くの荷物を積んだ落下傘が落とされました。荷物は、俘虜収容所をめがけて落とされたのですが、我が家の近くにも数個落ちて来ました。拾って警察に持参したら、「開けて食べて良し」と言われ、インスタント珈琲・乾パン・チーズなどを食べたことを想い出します。学校は 20日頃から学業の場に戻りましたが。いい加減な先生が多かったことを想い出します。英語の先生は、英語を漢文と同じ様に、返り点や数字を打って教えて居ました。大好きだった東京物理大学卒の幾何学の先生は、他に仕事を見つけて出て行き不在でした。
 余分な話になりますが、私は、福岡中学修猷館に転入、4年生から旧制高等学校に入学出来ました。古本屋で買った 受験参考書(古文・英語)を同じ古本屋に持って行ったら、ニコニコして、一年前に買った時よりも高く買って呉れました。おばさん有り難う。預金封鎖などでアルバイトに追われ、米軍・板付空港で働きました。


高齢者の健康維持(黄斑症を患って)

 2011年11月中旬のゴルフが日没後まで続き、クラブがボールを捉えるのに困難を感じ、翌日、近所の眼科で黄斑変性症と診断され、 横浜市立大学に紹介されました。紹介状を持って行ったのは11月下旬でしたが、残念ながら、治療は翌年の2012年に始まりました。
 『追記:2015年12月15日:  「横浜市立大学病院」にて診察の結果、また新生血管からの漏水があるとのことで、8月15日にルセンチス手術を受けることとなりました。 加齢性黄斑変性症と云う病名からも、治療で完治するのは難しい様です。気を長く持って、じっくり付きあう他ないのでしょう。』 下図は勉強のため日本眼科学会の資料から転用させて頂きました。

AMDgazou 

Eyeball 

 必要の無い新生血管が出来る理由は判りませんが、食生活の洋風化、紫外線などが挙げられています。新生血管から漏れた水分が黄斑を引き起こすらしいです。
手術は眼球へ水分を吸収する薬品を注射するものだそうです。高価な薬で手術も面倒です。
奨められて眼のビタミンも服用しています。

yellowspot 

左眼黄斑変性の治療=眼球注射の履歴表
当初ルセンティスを使用、2013年3月よりアイリーアを使用HOME

年次 日付   年次 日付   年次 日付 レンズ補正視力  
2012年
1月19日
2014年 1/27日,
左0.4右1.5
  2016年 1月14日     
2012年
2月23日
2014年
4月18日
  2016年 3月10日 L=0.1:R=1.5   
2012年
3月22日
2014年
7月14日
  2016年 4月7日 L=0.2:R=1.5   
2012年
8月16日
2014年
10月27日
  2016年 7月28日 不変   
2012年
9月27日
2015年
1月30日
  2016年 月28日 不変    
2013年
3月14日
2015年
4月27日
  2016年 12月15日 L=0.3:R=1.5    
2013年
4月1日
2015年
7月23日
  2017年 2月23日 L=0.3〜4:R=1.5    
2013年
 7月8日
2015年
10月15日
  2017年 4月27日 L=0.4:R=1.5    
2013年
10月21        2017年   7月6日 L=0.4:R=1.5    
             2017年  9月7日 L=0.4:R=1.5  
            2017年 11月16日 L=0.4:R=1.5 水の漏出
            2018年 1月11日 L=0.5:R=1.5 水少々漏
                   
                   
                   
                   

視力は最悪期よりは良い数字ですが、検査される人の慣れに依る数字です。実質は殆ど回復しません。完治するのは難しい様です。気を長く持って、じっくり付きあう他ないのでしょう。

2018/06/20 21:26