時事・健康・話題

 毎月更新してご覧下ださい 。下表の青い文字から話題にジャンプしますHOME
秋の三菱クラブから 春の三菱クラブから 癌の治療
白内障の手術. 癌の告知  
MRI検査を受けて 前立腺癌の生体検査 黄斑変性症
     
更新日付2018/12/15 11:14


癌の治療

 (暫くは、文字ばかりで済みません)去る8月7日の横浜市立大学病院における生体検査のあと、9月中旬には、「軽度ながら背骨への転移があると」告知され、手術か注射・投薬かを選ぶ様に云われ、年齢を考え、手術は受けたくないからと、後者を選びました。
 4週間毎に1回、「ソデラックス」と云う注射を腹部にして頂き、毎日1回「ビカルタミド」という錠剤を服用することとなりました。今日、11月14日は、3回目の注射をうけまる日です。
 今日、11月14日、まづ、午后0時半に採血場に行き、血液2本を抜かれました。
泌尿器科の窓口に「院内呼出器」を預け、散歩と称して、近場の喫茶店に入り、福岡市出身と云う女将と少し頭の狂った女性客の会話を聞きながら、珈琲を飲み、Dan Brown の「Origin」を読みました。
 
午後3時が予約の診察時刻なので、2時過ぎに戻り、杉村先生を待ちます。何時も顔を合わせると、雑談から始める彼女が、今日は、「私は転勤することとなり、今日が最後の診察日になります」と顔を覗き込むようにいわれ驚き、がっくりしました。「残念ですが、サラリーマンにとって転勤は昇格です」「お目出度うございます」としか言葉が出ませんでした。活発な若い彼女の何時も明るい、真剣な眼差しを見るのも最後となりました。
今日の血液検査でトータルPSA=1.020 ng/mlでした。治療開始時は22.0ng/ml だったので10分の1以下になって居ます。此れで治療法は成功と言えます。今日は、同じ薬剤(抗がん剤入り女性ホルモンを3倍の量で注射して、今後は、12週間に1回の注射とすると決められました。
次回の通院から別の医師が担当します。私の家からより近い医院を紹介して呉れる様に、その医師へ申し出る様に云われました。ずいぶん楽にななる筈です。

癌の告知

 2018年8月21日:午後、指示通り家内を同伴して横浜市立大学病院へ出向き、午後二時に泌尿器科の外来受付にチェックイン。指定の3時まで待って、杉村留実子先生の部屋に入る。癌の兆候があるので、9月4日に来院してCT検査を受け、11日に骨シンチ+CT検査を受ける様に指示された。骨への転移が一番怖いので、先ず確かめたい様だ。
PSA値は22ng/ml、これは来院時の25を下回っているのだが、兎に角、大変な美人の杉村先生に逆らうことは出来ない。
 自分が何かモルモットにされる気もする。が、兎に角、先に進むしかない。以下、此れからの検査の次第を記入する心算です。

前立腺癌の生体検査

 第1日目(8月6日) 類似の患者との情報交換を考え4人部屋を選んで居た。午後1時に手続きをはじめ、入室は午後2時。10階1015室へ向かう。4人のベッドはカーテンで仕切られ中は全く見えない。個室と大差なしだ。
午後5時頃、風呂に入り、8時に配られる膳される夕食を摂り、緩下剤を呑む。有料テレビがあるが、親切なzeritusennzu方から「画面がすごく乱れて見えません」と言われた。音は出せないので、片耳のイヤホンを買ったが無駄になった。家内は3時頃のバスで帰宅。
第2日目(8月7日) 午前8時、朝食の前に左腕に点滴用の太い針を刺される。9時20分に抗生物質を服用。10時に点滴が始まる。点滴は生体検査中も続く。
午前11時、処置室と書かれた部屋に移動。衣類一切を脱ぐ。処置を担当する医師は、初回診察でお会いした杉村留実子先生だ。
臀部が開く検査用下着を纏い、腹這いになり、腰に4本くらい、肛門の周囲に10本位の麻酔薬を注射される。
 麻酔が効くまで、10分間待たされる。
 いよいよ、検査台に吊り上げられる。私は左手首に腕時計をして居る。肛門周囲の感覚が失せてういる事を確かめて、更に数本注射された。肛門へおおきな筒状の器具を挿入する。そして、「暫く眠って貰います」と鼻と口を塞ぐマスクを被る。時計を見る。瞬時にガスが来たらしく、意識を失う。
 意識が戻って、時計をみたら、無意識の状態で20分が過ぎていた。此の間に、(後で教えて呉れたが)筒状の器具からサンプル採取の鈎針が10本、膀胱を突き抜けて前立腺に刺されたらしい。
 絆創膏が沢山たくさん貼られた。車椅子で、ベッドに移動する。意識が戻った頃、杉村先生が体調の確認に来られる。
 睾丸は臍の方に吊り上げられていた。検査時間は正味2時間半であった。此れでは眠ることも困難と思い、夜間勤務の看護師に絆創膏を少し剥がして呉れと頼んだが、当然ながら、断られた。肛門の周囲かららしい出血でシーツが点々と染まる。看護師はシーツの上に薄いブランケットを置く。
 点滴が外されたのは午後7時頃だったと思う。8時に出された夕食はほぼ完食した。
 誘眠剤の助けでうとうとした。
 第3日目(8月8日) 朝日が差す前に寒さで目が覚めた。正味4時間は眠った様だ。
検査後、初めて出る小水を大きな紙コップに出す。血が混じって居る。小水の前後に血が出た。コーヒー色だ。驚いた。早朝巡回の医師に見せたら「問題なしです」とのこと、後で看護師来たので、2回目の小水と一緒に見て貰ったが「正常です」とのこと。
 サンプル採取の針が膀胱を貫通して居たことを知らされた。看護師が.絆創膏を剥がし、退院後の注意事項を説明して呉れた。
 身の回りを片付け、退院手続きを終えて解放されたのは午前11時ころだった。タクシーで帰宅し、遅めの昼食となった。
 
第4日目(8月9日)
頻尿を感じるが検査を受けただけで治療した訳ではないのだ。検査だけで草臥れた。満88才になった。
第5日目(8月10日)気晴らしのため、伊勢佐木町を散策し、有隣堂本店で買い物、上島コーヒー店で喫茶。90%元に戻った。

MRI検査を受けて

今年に入って、尿の切れが悪くなりました。私と同年齢(または少し若い)友人が、トイレで小便を出しながら「最近、尿の切れが悪くてね」と嘆いて居たのを思い出して、(2018年)4月上旬、近所の掛かり付け医の定期検診の折に報告し、取り敢えず、ハルナールと言う薬を処方されました。
4月29日、此の医院の定期検診の結果、PSA.値が急に高くなって居ると言うことで、横浜市立大学病院泌尿器科への紹介状を貰いました。 5月11日、私大病院で初回の診察を受けました。背の高い美人の女医さんが体の上にローラーを走らせ、肛門にプローブを入れて、前立腺の状態を外から写真に収められました。かなり大きいので、ガンの可能性もあり、MRIで詳しく見ましょうと言われ帰宅しました。
 ***********************************************************
5月18日午後2時、私大病院のMRI室へ直行しました。私物一切をロッカーに収め、パンツ一枚になり白の検査衣に着替えました。そして、待つこと10分で、検査室に入りました。
 若い男性のテキパキした指示で検査台に乗ります。  検査台の上で、体の位置を微調整して、脚を布で括られ、腹部に重たい板(磁力発生板?)を乗せ、騒音防止用のヘッドセットをさせられ、体を台にほぼ固定状態にします。「呼吸が腹部を動かすのを最小限に抑えます」と言いながら、腹部をしっかり押さえられ固定し、やっと呼吸出来る状態にされます。
「緊急時はこの風船を握り絞めて下さい」と、昭和の写真撮影のフラッシュを焚く時に握る「ゴムボール」を持たされます。此のボールを顎の近くに置いて、目をつむりました。検査中の騒音は凄いです。轟音は米国の昔の戦艦名「サラトーガ」を繰返し叫んでいる様に聞こえ、時々襲い来る零戦に機関銃を撃ったりして居ました。不思議。時々目を開いても同じ筒の内壁が見えるだけです。
  検査開始まで5〜7分、検査25〜27分でした。検査室を出て、着替え5分程度で解放されました。やれやれ解放さたと思い、会計にカードを出し、受け付けて貰いました。30分以上待っても私の会計番号が、支払い板に出ないのです。疑問を会計に話すと、(予定に入って居るとは聞かなかった)血液検査が未だ済んでいませんと言われ、採血に行き、所定の手続きで30分掛かりました。 
  帰路、バス停で腕時計を見ると、針が停まって居る様な感じがしました。帰宅して、時計が1時間ほど遅れていることが判りました。MRI検査の間、入り口のロッカーに入れて置いて居たのですが、磁力線は、ドアを抜け、ロッカーの薄い鉄板を通過して、旧いボタン電池式腕時計に影響したのです。恐ろしい事です。
 あの検査係の若い男性は、厚いドアの中から操作して居ましたが、彼の体への磁力線の影響は、きっと在るでしょうと心が痛みます。

MRI検査そして又、生体検査

  MRI検査から2週間経った7月2日、結果を聞くべく私大病院へ行きました。若い学生の様な、無愛想な青年医師が応対に出て、無愛想な医師は「MRIでは判断できない検査があるので、入院して「生体検査」を受けて貰います」と断言するのです。何のためのMRIだったのか?判らないと思いました。
 医師と患者の関係で、やむなく、今日は、生体検査・入院の為の検査を受けることになりました。 血液3本、尿、心電図、レントゲン、呆けの検査、その他、調査資料諸々を提供して、入院日を8月6日(月)から8日(水)までの3日間と決めました。正午に終わり、院内で昼食を摂り、此の真夏日の午、バスと歩行で帰宅しました。まさかの生体解剖ではない様です。

三菱クラブから皇居前の景

昔、三菱系の会社に勤めていましたので、毎年2回、三菱クラブで開かれる「OB会」へは参加を心がけて居ます。この春の総会には早めに会場に到着、西側の広い窓から見た「皇居前広場」を 撮りました。空気の澄む秋はもっと綺麗です。皇居を眼下にする機会はめったに有りませんのでご紹介します。


2017年4月15日撮影

秋の三菱クラブから

2017年10月21日:秋季総会の朝「三菱クラブ」から見た皇居前広場のパノラマです。 当日は生憎の雨で、皇居の上は霞で覆われています。写真の左端が「霞ヶ関」とは良く云ったと思いました。



第70回敗戦記念日の想い出

 1975年・当時、福岡県飯塚市の嘉穂中学校の3年生でしたが、2年生から学徒動員で駆り出され、麻生炭坑の露天掘りで炭坑夫として働いて居ました。6月19日には、その露天掘りの上空で、米国の艦載機 グラマン(写真=グラマン・ヘルキャット)と日本の戦闘機が空中戦を繰り広げ、我が家にも数発の銃弾が撃ち込まれました。ほぼ目の前で撃墜された日本の戦闘機は炭坑の選炭場近くの道路(無舗装)に頭から突っ込み、機首から主翼までは地面の下になり、機体は大破して居ました。実は 撃墜を目撃した時、それが日本の飛行機か米軍機かも判然としませんでした。で、わざわざ帰路に確かめに行ったのです。
 今思えば不思議なことに、周囲には警官も憲兵も誰もいませんでした。やけにシーンとして蝉ばかりが鳴いていた様に思います。大人達は労働に忙しかったのか、憲兵を懼れて近づかなかったのでしょう。

 その後、広島の特殊爆弾、長崎の特殊爆弾の投下を聞きましたが、新聞で大きく取り上げる ことは有りませんでした。馬鹿馬鹿しいことですが、特殊爆弾が炸裂したら特殊光線で焼き殺されるので着衣は白物を選べと書かれていました。
 8月14日と15日はお盆休みで自宅待機となり、北九州の機械工場へ動員されていた旧制高校生の兄も帰宅を許され、明日、軍部から重大な発表があるので正午にはラジオを聞くように指示されていた様です。
 
14日の夜、兄は、日本は降伏するのだろうと言って居ました。私はその1週間前に「日ソ不可侵条約」を一方的に破棄して満州に攻め込んできたソ連に対し、自暴自棄的な宣戦布告をするかも知れないと懼れていました。15日の朝、警察から父に連絡が入り、朝鮮人・中国人の暴動が起こるやも知れぬので警戒を強める様にとの連絡があった様です。

 15日当日は朝から快晴で、不思議と静かでした。天皇陛下の言葉は不明瞭でしたが「耐え難きを耐え――」と言われて、心底怒りがこみ上げて来ました。怒りの原因は「多くの特攻兵が身を挺して戦い、無数の戦死者を出したのは何の為だったか!御国を守るために捧げられた多くの生命は取り返しがつかぬではないか!」と言う怒りでした。庭に小刀をもって下り、畑のヒマを薙ぎ倒しました。ヒマは、軍用機の潤滑油としての蓖麻子油を採るための植物でした。
 15日夕刻、中学校に行きました。校庭では50人余の学生が、派遣兵士を囲んで居ました。少尉の配属将校の姿は有りませんでした。上等兵の兵士は、倉庫からありたけの小銃を出させ、皆に「米軍が上陸したら、婦女子が暴行を受ける。武器を持って立ち上がろう!」と叫んでいました。私はアホらしくな り、上等兵が可哀相になり校庭を後にしました。
 その後、配属将校はJTBに勤め、上等兵は本業の漬物屋に戻ったと聞いています。
あれで軍人恩給を受けているとすれば噴飯ものです。HOME

16日からは、上空をB29が低空飛行して多くの荷物を積んだ落下傘が落とされました。荷物は、俘虜収容所をめがけて落とされたのですが、我が家の近くにも数個落ちて来ました。拾って警察に持参したら、「開けて食べて良し」と言われ、インスタント珈琲・乾パン・チーズなどを食べたことを想い出します。学校は 20日頃から学業の場に戻りましたが。いい加減な先生が多かったことを想い出します。英語の先生は、英語を漢文と同じ様に、返り点や数字を打って教えて居ました。大好きだった東京物理大学卒の幾何学の先生は、他に仕事を見つけて出て行き不在でした。
 余分な話になりますが、私は、福岡中学修猷館に転入、4年生から旧制高等学校に入学出来ました。古本屋で買った 受験参考書(古文・英語)を同じ古本屋に持って行ったら、ニコニコして、一年前に買った時よりも高く買って呉れました。おばさん有り難う。預金封鎖などでアルバイトに追われ、米軍・板付空港で働きました。


高齢者の健康維持(黄斑症を患って)

 2011年11月中旬のゴルフが日没後まで続き、クラブがボールを捉えるのに困難を感じ、翌日、近所の眼科で黄斑変性症と診断され、 横浜市立大学に紹介されました。紹介状を持って行ったのは11月下旬でしたが、残念ながら、治療は翌年の2012年に始まりました。
 『追記:2015年12月15日:  「横浜市立大学病院」にて診察の結果、また新生血管からの漏水があるとのことで、8月15日にルセンチス手術を受けることとなりました。 加齢性黄斑変性症と云う病名からも、治療で完治するのは難しい様です。気を長く持って、じっくり付きあう他ないのでしょう。』 下図は勉強のため日本眼科学会の資料から転用させて頂きました。

AMDgazou 

Eyeball 

 必要の無い新生血管が出来る理由は判りませんが、食生活の洋風化、紫外線などが挙げられています。新生血管から漏れた水分が黄斑を引き起こすらしいです。
手術は眼球へ水分を吸収する薬品を注射するものだそうです。高価な薬で手術も面倒です。
奨められて眼のビタミンも服用しています。

yellowspot 

左眼黄斑変性の治療=眼球注射の履歴表
当初ルセンティスを使用、2013年3月よりアイリーアを使用HOME

年次

日付

 

年次

日付

 

年次

日付

レンズ補正視力

 

2012年
1月19日

2014年

1/27日,
左0.4右1.5

 

2016年

1月14日

  

 

2012年
2月23日

2014年

4月18日

 

2016年

3月10日

L=0.1:R=1.5 

 

2012年
3月22日

2014年

7月14日

 

2016年

4月7日

L=0.2:R=1.5 

 

2012年
8月16日

2014年

10月27日

 

2016年

7月28日

不変 

 

2012年
9月27日

2015年

1月30日

 

2016年

月28日

不変  

 

2013年

3月14日

2015年

4月27日

 

2016年

12月15日

L=0.3:R=1.5  

 

2013年
4月1日

2015年

7月23日

 

2017年

2月23日

L=0.3〜4:R=1.5  

 

2013年
 7月8日

2015年

10月15日

 

2017年

4月27日

L=0.4:R=1.5  

 

2013年

10月21

 

 

 

 2017年

  7月6日

L=0.4:R=1.5  

 

 

 

 

 

 

 

 2017年

 9月7日

L=0.4:R=1.5

 

 

 

 

 

 

 

2017年

11月16日

L=0.4:R=1.5

水の漏出

 

 

 

 

 

 

2018年

1月11日

L=0.5:R=1.5

水少々漏

            記録中断

 

 

 

 

 

 

2018年 

 12月13日

L=0.6
R=1.2 

異常変化なし 

 

 

 

 

 

 

2019年 

 2月
7日

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年 

 月日

L=0.:R=1.

 

 

 

 

 

 

 

2019年 

 

 

 

視力は最悪期よりは良い数字ですが、検査される人の慣れに依る数字です。実質は殆ど回復しません。完治するのは難しい様です。気を長く持って、じっくり付きあう他ないのでしょう。

2018/12/15 11:14