余生を生きる

生命の不思議 晩年の覚悟
 私が小学校1年生の時に日中戦争が始まり、中学校の3年生の時に太平洋戦争(Pacific War or World war II )が終わりました。 したがって、現在の義務教育年齢の全てを戦時下に過ごしたことになります。 20世紀は戦争の世紀であったと言えましょう。どうも21世紀はテロの世紀に踏み込んだ様ですね。
   若いころは、まさか自分が21世紀まで生き延びようとは思っても居ませんでした。随分と長生きしているものです。 20代30代の若い頃、主として経済的理由(日本語の本はすぐ読み終わるが、英文なら読むのに時間が掛かる)から、多くの英文小説を読み時間を潰しました。
   特に、John Steinbeck (1902-1968=スタインベック、)」の作品は「怒りの葡萄」を読んで、アメリカにこんな貧しい生活があったことに驚き、 これを皮切りに、「エデンの東」、「トルティージャランド」などから「チャーリーとの旅」までのほぼ凡てを読みました。  
 従って40代には、もし自分の余生があれば(例えば70才以降)を米文学を中心とした静かな読書と海外旅行に使いたいものと考えて居ました。
 スタインベック最後の著書[Travels with Charley]には 「アメリカ再発見」の副題が付けられ、年老いた彼が、トレーラーハウスを運転して、愛犬チャーリーと、米国を巡った体験を書いています。 「怒りの葡萄」を書いたのは1930年で私の生まれた頃、世界大恐慌の中で、季節農業労働者の貧しい出稼ぎを描いていました。   そして、 この最後の作品は、米国の目を見張る様な経済的発展と豊かさを描いています。日本で「日本再発見」とか「ディスカバー・ジャパン」と書いた旅行社の宣伝が電車の吊り広告に盛んに出てきたのも「チャーリーとの旅」の副題からなのです。
 そして今、私は、スタインベックの描いた驚きを共有しています。彼が、青年時代を大恐慌の中に生きた様に、私は貧しい日本に生まれ育ち軍国主義の教育を受けました。戦後は米軍基地でアルバイトもしました。 彼が1960年代の米国の繁栄に目を見張った様に、私は、1990年以降の日本の豊かさに目を見張っています。彼と同じ思いで豊かさの中の貧困も見ています。社会的不正義のため青テントでの生活を余儀なくされている人々がいます。そして、私は、この豊かな日本に 80代の余生を生きていることに感謝しています。
 最近の年金問題のニュースで、少子化に端を発する「年金減らし」が話題となり、若い人々の年金の「戻り」が悪いとマスコミで論議されていますが、これが、若い人の年金納入意欲に水を差し、未納者を増やしている様ですね。
 昔、大卒初任給が8千〜1万円の頃に納めた年金はどう計算されているのか知りたいと思っています。厚生労働省も「戻り率」と「インフレ率」の正確な相関を示していないので納得いきませんね。  戦時中、一般サラリーマンの月給が50円だったころを見聞きしていただけに不可思議です。
 さて、そう言ったことで、預金は減る一方で、趣味の海外旅行など思うに任せぬ状態です。自分で安い旅行を計画・手配・実行する気力にも衰えが見えて来ました。 目下、パソコンの前に座って、ホームページのメンテナンスに時間を潰し、1時間/日の散歩で健康を維持し、頭で俳句を捻り、時たまのゴルフを楽しみ、ピンピン・コロリを願う日々を過ごしています。(黄斑変性症に依る視力低下のため、ゴルフは2016年1月で止めました)
 何か若い人にお願いし、且つ残すべきものが有るとしたら、日本や米国などの政治に関する高齢者の意見を発表し、聴いて貰い、実行して欲しいこと位でしょうか。学生時代をノンポリで送った私に政治的発言は出来ませんが、若い人々に、今の平和な日本に生きることの幸福を感じて欲しいし、世界の庶民の平和と繁栄を願い続けることも、自分たち老人の義務ではないかと考えています。米国の退職者連盟の様な組織が日本に生まれないのは、日本が豊かなのか老人が引っ込み思案ないのか?反省しています。 以上の記事は77才の時に書き、一部を訂正したものです。