余生を生きる 晩年の覚悟

  本当に自然は不思議だらけですね。そして、あらゆる生き物が、命がけで生きている姿に感動を覚えます。少年の頃読んだ本に、エジプトの王様が、死ぬ間際になって、歴史を勉強せずに死ぬのは残念だ。簡潔に歴史を教えて呉れ』と学者に頼んだら、学者は、『全ての人は生まれ、苦しみ、そして死にました』と答え、王は安心して死んで行った、と書いてありました。私は、この短い言葉を今以て、真理を突いていると感じています。

 もし、2017年の夏まで生きていれば、私は、87歳になりますが、老人には多分珍しく、「死後の世界」を信じていません。 しかし、人の死とは、無に帰すことかと云えば、それも正しくないのであって、体の水分は蒸発の潜熱を貰って、水蒸気となり。 固形分は、炭酸ガス、窒素酸化物、金属酸化物、などになり、大気を汚染し、大地に吸収され、或いは、地に潜り、流れて海に入ることでしょう。 やがて、植物・動物に吸収され、次の生命の維持に貢献するかも知れないと考えています。それが輪廻の一つの形でありましょう。

よく「生命の不思議」などと言われますが、私は、「生命の不思議」以前に、『万物が存在する不思議』を思います。 「無」であっても良いのに、何故、物質が存在するのかが、不思議でなりません。物の『有』が無ければ、生命も人間も、地球も宇宙も存在しないからです。読者の中に、その解答をご存じの方は、是非お教え下さい。

人智の及ばない昔、何の様にして物質が誕生したのでしょう。 現在の科学では「無から有が生じることはない」と考えられていますが、最初の「有」は、何処から生じたか、何であったかは、未だ誰も教えて呉れません。 アインシュタインの相対性原理 e=mc2 の式で、エネルギーと物質は置換可能と言うこと迄は常識になっていますが、もし、物質が存在する前にエネルギーが存在したとすれば、その「エネルギー」は何処からきたのでしょう。

無が偶然に、+と−に別れて、その落差の故に、エネルギーが生まれたと言う人も居る様です。  そうだとすると、例えば+の宇宙に、我々が生存して居るならば、同じように −の宇宙が存在し−の人類が存在するのでしょうか? 最近、この分離説は余り人気が無い様ですね。 最近の話題は、専ら、ブラックホールの爆発が、宇宙創造の根源と考えられている様で、天体観測もそれを証明している様です。しかし、ブラックホールの中に無限に近い比重の物質があるとすれば、物質の根源は、ますます、判らなくなります。

 宗教家は諸説を持っているのでしょうが、最初のエネルギーと偶然こそが「神」に近い存在なのでしょう。無から有が生まれ、有が無、あるいは、有機物が無機物になることを、「色即是空」と観ずれば、其処に死と向き合う姿勢が生まれて来るのでは無いかと考えるこの頃です。人は死んでも、生前にその人を知っている人が、想い出して呉れる時、その人は未だ記憶の中に生き続けている事でしょう。よろしければ、次をクリックして下さい。
クリックでへ移動します。(註記)2015年8月まだ生きて、85才を迎えました。