HOME

 4月17日(月)から18日(火)夕刻までの観桜のバスツアーに参加しました。バスは横三列のデラックスなので疲れやすい我々老人には最適であろうと、参加したのですが、満開の桜に会ったのは、旅行プランとは別に、運転手と添乗員さんの いわば臨機応変の機転で 、最初に立ち寄った「千本松牧場」だけで、そのほかは、残念ながら、未だ5分咲きか1分咲きの状態でした。
 暫く走って、白河市の妙関寺を訪ねました。白河市は観光に力を入れ始め、観光バスに市役所の駐車場を(乗り降りに)使わせるなどのサービスをしています。

上の写真は千本松牧場の桜

下は千本松牧場のパノラマです


妙関寺の乙姫桜 満開時の乙姫桜(白河市のHPより)
予定を繰り上げて、南湖公園に立ち寄り、満開に近い桜と散策を楽しみました。下は南湖公園のパノラマです。HOME

 白河市にはしだれ桜が多い様で、近くの民家やお寺の境内などにも散見しました。左下は近くのお寺の境内です。バスは今夜の宿「芦の牧温泉・丸峰観光ホテルに向かいました。空はどんよりしていますが、磐梯山は姿を見せて呉れました。

 

芦の牧温泉・丸峰観光ホテルの案内書から
HOME

4月18日(火) 朝9時半にホテルを出発し、鶴ヶ城公園と猪苗代のガラス館へ行き、午後、今回の旅の最大ポイント「三春の滝桜」を訪ねました。
 鶴ヶ城公園内の桜は数も少ないので、昭和に復元された城の見学と天守閣の展望を楽しみました
いよいよ「三春の滝桜」です。駐車場はほぼ満杯、人出も驚くほど多く、出店も沢山並んでいます。
遠巻きに見る滝桜です。募金箱に維持の為の協力金、若干をいれました。
一分咲き滝桜ですが多くの人です 上はハガキを撮影した満開時の滝桜
野口英世の生家は、屋根上に鋼鉄の屋根を掛けて、損傷を防いでいます。質素な生活が偲ばれます。
 最後に、桜木町に到着した時、乗車した横浜駅より帰宅の便が良いと、一つ手前で慌てて下車しました。桜木町駅で、疲れたので夕食用に弁当でも買おうと、ポケットの小銭入れを探しましたが、有りません。バスの座席に落としたらしいのです。諦めていましたが、9時頃、クラブツーリズム横浜センターから添乗の石山さんから、財布を置き忘れされていますとの電話を戴きました。小銭ですから、ご自由にお使い下さいと返事をしましたが、4〜5日ご、着払いでお送り頂きました。同封の手紙まで書いて下さるなど、大変なお手数をお掛けした、石山さんに、あらためて謝意を表します。序でながら運転手さんは田中さんでした。お世話になったお二人に厚く御礼申し上げます。HOME