俳句仲間と城ヶ崎 国東の石仏巡り

 

俳句仲間と城ヶ崎にてHOME

2003年11月11日(火)〜12日(水)、旧制高校同級の俳句仲間の4人のクラス会と言うことになりました。11日11時半、京都駅に集まり、宇治市に住む M君の車で、出石市などを経由して城之崎まで、1泊2日の小さな旅をしました。私の他は仮名でM君、S君、H君として置きます。同級生や仲間がこのホームページを見れば、本名はすぐに判るでしょう。
城之崎で宿泊の宿は、日本式で可成り古い建物でしたが、蟹の鍋など食べきれないほどの御馳走でした。それに湯巡りの最初で、最大の「一の湯」が橋を渡ってすぐと言う地の利があり、朝湯は7時に開きます。下駄を鳴らしてほぼ一番乗りでしたが、浴室へは2番乗りで残念でした。
お陰で、11月は、寺巡りの多い月になりました。此の旅は、生憎の小雨で見通しは効きませんでした。しかし、M君が何度も訪ねた場所とあって、珍しい玄武岩採石の跡も、私の昔の職業柄おもしろく、愉しみました。天橋立の写真は春の旅で紹介済みですが、今回は、橋立の東端の回転橋の動く様子を見物しました。
出石城の正面を流れる川。堀の役 桂小五郎が隠れ住んでいた出石市内の跡



天橋立展望台の裏山に成相寺が在ります
その本堂へ至る石段にて、
私以外の3人(左からS君、M君、H君)


(上)出石の酒造所。
(下)成相寺本堂の中をこっそり撮影。
(壁に左甚五郎の彫った竜があります)

沢庵寺のお庭、紅葉半分で散り初めていた


国東半島の石仏巡りHOME

2003年11月、社寺仏閣や石仏磨崖仏の多いことで知られる、九州の国東半島を訪ねました。総員21名、別府2泊3日の忙しいツアーなので、帰宅後、写真の撮影場所の判断に迷いました。
11月6日(木)
大分空港着 11:50。その足で、臼杵市に南下して竜原寺(五重塔、写真左下)と臼杵石仏群をみて回りました。
大分には、彼方此方に色々な仏像があります。

臼杵磨崖仏に施された色彩は、建立当時のものと思えないほどはっきりしています

11月7日(金)
 
富貴寺は国宝の建物ですが、国宝となった理由は屋根の美しい曲線に在ると思われます。

富貴寺は四季折々、変わる趣を持つ堂として有名です

 「熊野の磨崖仏」は、皆さんもテレビなどでご覧になった事があると思いますが、杖を突きながら、鬼が石ころを投げて造ったと言われる、石段と呼べない様な坂を、転ばぬ様に、ボツボツ上ります。下りはもっと大変です。障害者や高齢者にはややハードな石段です。しかし、80歳を越える参加者も娘さんに手を引かれて上りました。

左上は、富貴寺の裏手の洞窟内に置かれた、不動明王像です。右上は熊野磨崖仏

左上は財前墓地として有名ですが、特に大きい墓ではありません。右は宇佐神宮

11月8日(土)HOME
湯ノ花と呼ばれる入浴剤を採取している場所を見学し、財前墓地(写真は上に載せました)を訪ね、両子寺、泉福寺、文殊山寺、岩戸寺と忙しく回り、両子寺で精進料理を頂きました。

別府ホテル「亀の湯」の部屋から朝日 街川の鯉(ヘルペスは未だの様です)

  両子寺では鐘を突いて迎えて呉れました    昼食を摂った両子寺からの風景

見事な泉福寺山門です。奥の本堂は、大きな波形鋼板の屋根と鉄骨構造物に守られています。

国宝の本尊を撮りました。違反かも知れません。老婆が丁寧に書いた朱印帳ですが、日付が間違っています
 今回の阪急トラピクスの添乗員は最低でした。集合場所の指示が不明確であったり、声も通らず、大分空港に戻ると、バスを降りた参加者に、「団体受付カウンターの前に集合して待って下さい」、と指示しました。大分空港に団体受付カウンターは存在しません。石段の登り下りが多く、疲れる旅でした。HOME
参加の皆さんご苦労様でした。現地のガイドさんはベテランで、仏教にも精通した人でした。HOME