堂ヶ島〜湯ヶ島〜三津シーパラダイス home

 2010年12月20日: 朝8時:戸塚発の普通列車で11時頃には「堂ヶ島」に到着しました。 今回の旅の計画は、例の通り、芦澤夫人にお任せでした。小春日和に恵まれ、芦澤さん夫妻、中村さん夫妻、私共、と順調なスタートを切りました。緻密な計画に従い、JRの修善寺駅で「伊豆箱根鉄道」に乗り換え「伊豆長岡」で下車。東海バスの「伊豆の国市・市役所前」で下車。徒歩10分弱でパノラマパークのケーブルで葛城山に昇りました。

   一枚500円のプロの合成写真です
標高450mと記載されています。 みはらし茶屋で軽食をとりました。
山頂からの富士山は秒単位で姿を変えます。 此の地に流されたという源頼朝の像ですが、幼な顔です。


 案内に空中公園とありますが、眺望は見事です。足湯も在りますが、タオルを持っていないので利用出来ず、好天に感謝しながら再びケーブルで下山しました。バスで 再び「伊豆長岡」へ移動し、今度は伊豆箱根鉄道で2時過ぎに「修善寺」へ到着しました。此処でまた「東海バス」で”湯ヶ島”まで昇ります。三島、堂ヶ島、湯ヶ島と、伊豆には陸の孤島?があるのですね。
 バス停「湯ヶ島」から20分ほど歩いて、今宵の宿「天城湯ヶ島温泉 木太刀荘 」です。風呂は眺望の良い露天風呂があり、洞窟風呂も付属し、湯は透明度が高く、満足の温泉です。しかし、部屋の洗面所の蛇口から出るのはツメターイ水だけです。これでは顔も洗えません。虫歯を治療中の私には滲みて痛いので、ポットのお湯を足してから、口を漱ぎました。節電のためシャワートイレはOFFにしてあり(私がONにし)ました、が無用な冷蔵庫が唸っていたのは不思議です。夕食は猪鍋が中心で充分な質と量がありました。四方山話を肴に楽しい時間を過ごしました。home
 和室でも最近の宿は椅子が置いてあるのが普通ですが、此処では座椅子と座布団だけでした。 夜中に目が覚めた時、「あれ!夜明けが近いかな」と思うほどに障子が白く耀いていました。月齢14日だったのですね。翌日の月食が当夜でないのが残念でした。
  翌12月21日9時半にチェックアウトし、バスで「修善寺」へもどります。更に鉄道で「伊豆長岡」へ戻りました。此処で再び東海バスで「三津シーパラダイス」へ移動、11時頃入園しました。海豚のショー、海豹の食事などを見て昼食。お子様向きで親切な応対です。静岡県では最大の水族館であり、ショーに見所があります。


またもプロの写真です。右は素人(良く出来ました)
 シーパラダイスを2時半ころ出て、隣接の松濤館の落ち着いたロビーで珈琲を頼んだら、無料サービスをして貰い、感謝しました。只ほど高いものはないと云いますが、立派な宿で、玄関脇の高さ2mを越える古伊万里の壺に圧倒されます。お金と暇の有る方にはお奨め出来そうです。此処からバスでJRの沼津駅へ走り、無事午後6時に帰宅しました。お疲れ様でした。 念のため地図を挿入します。home

END