養老渓谷を訪ねて 2009Dec3

 もう秋と呼ぶにはあまりにも遅い時期に、房総半島のど真ん中に在る「養老渓谷」を初めて訪れました。自家用車で房総を訪ねたことは何度も有りますが、不思議と「養老渓谷」を外していました。  横浜駅西口9:30発の観光バスで竹炭工場「命泉」を訪ね、軽い昼食を摂り、午後2時に細い県道の奥にある最後の茶屋で観光バスを降り、急な坂を用心しながら下りると、綺麗に舗装した散策路がありました。 写真は第一の滝です。

 対岸に渡り、川沿いに歩くと、次々に滝が現れます。次の写真は遊歩道を20分位歩いた場所に掲示されていた「避難口の案内地図」です。殆どの方は途中で引き返したが、吾々は 川と滝の美しさに引き返すことを忘れ、図中の赤線の左から、右の方向へ、どんどん歩きました。途中に増水時の避難口が幾つかありました。

上は第二の滝  下は第四の滝 第三の滝
水は透明度が高く火成岩の肌を洗いながら流れています
 地図の右端には対岸(図の下方向)へ橋が架かっていました。渡って階段と狭い農道を汗をかきながら上り、やっとの思いで県道に出ました。此処に路線バスの停留所があり、一般の観光客はここで降りて滝へ降りる様です。さて観光バスの発車の時間まで、あと10分しか有りません。たまたま通りかかった、農家の軽四輪へ頭を下げ、御願いし 、バスが待機中の地図の左奥の茶屋まで乗せて頂きました。生まれて初めてか2回目のヒッチハイクですした。御陰様で発車予定時刻の2分前に乗車できました。
上は岩盤を洗う流れ 下は農家の直販場で「花」から

 

 夕刻の日の出桟橋から観光船「シンフォニー」に乗船し、ほんの20分ほどで、お台場到着。羽田ターミナルビル内の「キハチ」でブフェ・スタイルの夕食を済ませ、午後9時丁度に横浜駅西口へ戻りました。 左は同じターミナルビルの中に造られていクリスマスツリーです。
最近はLEDを使うので地味な光です。
 やや忙しい旅でしたが、初めての「養老渓谷」は美しく、来年の秋に機会があれば出掛けてみたい処です。しかし、体力が要る散策です。
以上