初夏の裏磐梯を訪ねました 

 2013年6月12日(水)、 今回の旅はご近所の中村さんの計画に端を発します。私共は雨の中を9時10分に戸塚駅に着き、乗車券・特急券を購入、中村さんご夫妻と合流し10時少し前に戸塚駅発、東京から東北新幹線を使い郡山へ、磐梯西線に乗り換えました。新幹線とローカル線の模様は大違いです。 ドアも釦を押さねば開きません。午后1時過ぎに「JR猪苗代駅」に到着しました。駅前の観光案内所に相談しまた。 午后3時40分発のホテルバスに乗るため 駅から猪苗代湖までは6キロメートルあり、断念し、駅前の簡易食堂で軽く食べて、 これで3度目となる「野口英世記念館」までタクシーで往復しました。  
磐梯西線
角の店でトンカツを食べました ホームも猪苗代駅前も寂れています
 野口英世の生家はすっぽり屋根の下に納められています。右手が資料館で、少年時代の学業成績や、偉く成りすぎた息子に帰ってくれと願う母・シカの手紙も展示されています。 今回の驚きは、釦を押せば、腕を動かし喋る「野口英世」のマネキン人形が置かれていたことです。 中年男性が次々に釦を押して短い音声に耳を傾けて居ました。
 貧しいと言われてきた生家の大きさに驚きます。中に飾られた農具・糸車・織織機・そろばんなどの道具類・家具類も立派すぎます。 英世が出世した後に建て増しし、道具は最近集められたものでしょう。此処で多くの小学生の修学旅行の団体に出遇いました。私は、見学中に来た子供達が、 此の記念館で明治時代の貧しい農家に此の様な小綺麗な明るい生活があったと理解する事が、将来、大きな誤解に繋がるのではと危惧します。 此の生家は当時の武家屋敷並みです。
質問の釦を押すと手振りを加えて応える人形 野口英世の自筆を刻んだとされる石碑
oyako
1904年12月19日〜20日の「実験ノート」 母と子の再会記念写真
 野口英世の自筆を刻んだとされる石碑の「忍耐」の文字の下の横文字には、忍耐とは余り関係の無い短文「正直は最良の方策」などが並んでいるの理由も理解し難いことで した。此処を辞し、猪苗代駅から午后3時40分発のホテルのバスで今日の宿「裏磐梯ロイヤルホテル」到着したのは午后4時でした。
夕食はフランス料理を美味しく頂きました。当然ながら宿泊者の殆どが和食を選ぶので洋食派は少数です。頂いた料理のレシピはシェフ「川口氏」の努力が偲ばれる 良い材料・良い味付・綺麗なレイアウトでした。同宿の修学旅行の子供達と農家の団体旅行らしい方々は別の広間での夕食となった様です。
 2013年6月13日(木):朝食後、五色沼の中のホテルから一番近い「毘沙門沼」まで足を伸ばしました。沼へ降る径は木の根を利用した階段で、滑りやすい砂利もあり、お世辞にも歩き易いとは言えません。 毘沙門沼は予想以上に神秘的で思わずパノラマ写真に納めました。
裏磐梯ビジターセンター 5〜6種の野草


 午前10時45分発のホテルバスで、猪苗代駅に着き、30分以上待ってから乗車、目的の「会津若松駅」に着いのは正午でした。観光案内所で観光バス一日乗り放題の切符を買って12時15分発に乗り、市内遊覧と決め込んだ心算が、何故か東山温泉で下車となりました。私は東山動物園は知っていますが、温泉は知らないので一緒に下車。温泉と言っても宿屋が川縁に並んでいるだけです。食事を摂ることも出来ず、少し歩き、タクシーを拾って「七日町通り」へ向かいました。
 観光案内所とガイドマップでは七日町は見るべき物の多い、賑やかな処とされて居ましたが、降りてみると食事の場所を探すのも大変でした。満田屋と言う田楽の店に入り銘々好きなものを食べる事とし、私は心太と三色餅を摂りました。何と周囲には修学旅行中の子供達が沢山います。質素に田楽二本、四本を昼食としているらしいのです。ファミレスの見当たらぬ街では子供達も可哀想です。
銀行の様な土建屋さんの事務所 芸者の稽古所
食後、七日町から会津若松駅に向かう観光バスの乗り場を探しましたが、観光バスは2時間に一本程度の頻度でしか来ません。駅まで大した距離もない筈と歩き始めました。僅か4kmと聞きましたが、暑い中は少し疲れました。駅で冷たい飲み物を摂り、予定の列車で猪苗代駅へ。無事ホテルに午後4時に帰着しました。 小学生の気持ちに戻ってホテルの写真を少し付け足します。
 2013年6月1 4日(金): 午前8時50分発のバスで檜原湖まで送って貰い、午前中に五色沼を歩き、ホテルに戻って昼食、午后のバスで東京へ戻る予定でした。10時少し前に檜原湖で下車、五色沼への径を探していると、中年の客引きさんから「ボートで檜原湖巡りしませんか。4名で5000円といわれ、誘いに乗ることとしました。8人分の客席の付いた小型ボートに乗り込み、若いパイロットの解説付きで20分ほど快適な湖上遊覧を楽しみました。
 明治22年(1888年)に裏磐梯側の小磐梯山が大爆発し沢山の沼が出来たことを知りました。ホテルの部屋から望む断崖に囲まれた擂り鉢はそのときの火口だったのです。 この噴火で、の山体が吹き飛ばされ、447人の死者を出したそうです。「会津磐梯山は宝の山よ」どころでは有りませんね。
五色沼に向かった時、既に9時40分でした。昨日朝の毘沙門沼へ下る径よりも整備された散策路に出会い安心しましたが、途中からやや足許用心の径もありました。沢山の(多分、合計200人を超える)小学生の修学旅行団体とすれ違いました。毘沙門沼に降りてまた上がって来た子もいて疲れた様子でした。案内板があるので道に迷うことは有りません。
 
五色沼のガイドマップより借用しました。

今日、吾々は、

地図の
「GOAL」
から

「START」に向かって歩いたことになります。

 

昨日の朝の毘沙門沼を右に見下ろしながら再び土産物屋の一群がある駐車場に出て来ました。 ガイドブックには、3.6km、約1時間15分とされた山道は結局1時間50分掛かりました。標識柱 の案内に依れば下のパノラマは、青沼です。土産物屋の暑い二階で麺類を摂り、昼食としました。

これで裏磐梯の旅は終わりです。ホテルの送迎バスで猪苗代駅に着き、郡山から新幹線指定席で東京。帰宅は午后7時を過ぎた夜になりました。