霧ヶ峰・蓼科・朝霧高原ドライブHOME

  2006年8月29日〜30日、近所にお住いのN氏ご夫妻より、蓼科に良さそうな宿を見つけたので、一緒に行きましょうとのお誘いをお受けしました。29日の朝6時に、高級乗用車でのお迎えを戴きました。中央高速 の「談合坂サービスエリア」まで走り朝食を摂ることにしました。
  横浜から中央高速に乗るのは、16号線を北上し、八王子バイパスを抜けます。16号線は朝夕混雑で知られています。不思議と当日は渋滞せず、8時半 頃、「談合坂サービスエリア」に到着しました。 此処で家内の手製サンドイッチを食べ、私は、更に「お茶と握り飯」を買い求めました。小休止の後、私が初めてと言うことで「諏訪湖サービスエリア」に足を延ばし、小休止し て、「初めての諏訪湖」を一望しました。 ご存じの様に、日本のスイスと言われた時代もある精密機械のメッカです。

  流石、日本のスイスに在るサービスエリアです。タッチパネル方式の自動販売機から出るコーヒー(ブルーマウンテン・ブレンド)は美味しかったです。他のサービスエリアにも拡がれば、利用者も増えることでしょう。 岡谷インターを出て、ビーナスラインを経由、霧ヶ峰には午前11時ころ到着。珍しく快晴です。下の写真は霧ヶ峰にて。
霧の駅を背景に 平和の鐘、誰でも鳴らせます
名前は知りませんが、いろいろな高山植物が花を咲かせていました

此処から、 白樺湖へ降り、簡単な昼食を摂りました。白樺湖は小さな人造湖です。夏休みも終わりに近い8月の29日とあって、町は寂れていました。 食後、日本最大の「ピラタス蓼科ロープウェイ」で山頂の「坪庭」に昇りました。ピラタスと言えばラテン語で「女海賊」を意味しますから、その名の通り、ロープウェイは片道900円と高価です。案内人に尋ねたところ、「この名称は、スイスに「ピラタス」と呼ばれる山塊があり、此処と似た景色なので採用したと聞いています」との回答がありました。片道だけ利用する人は居ないと思われるのに片道料金を表示するのが「女海賊」らしいですね。HOME
 「ピラタス蓼科ロープウエイ」は100人乗りロープウエイ、標高1771mの山麓駅から標高2237mの山頂駅まで約7分間で行く空中散歩と説明されました。山頂駅には自然が造り出した芸術『坪庭』が広がり、坪庭内の散策路には自然を出来るだけ残して散策路を造ってあります。20分ほどの散策ですが、高齢者には少し草臥れる昇り、降りがあります。  ビーナスラインを逆方向に走って、ペンションに到着し たのは4時前でした。
ピラタス蓼科ロープウェイ 「坪庭」標高2250mにて、一行4名
坪庭の入り口にて、N氏ご夫妻 這い松 =ほぼ水平左に枝を伸ばしています
坪庭の入り口にて ペンション壱番館にて
 ビーナスラインを逆方向に走って、ペンション 「壱番館」に到着し たのは4時前でした。 一番広い部屋でしたが、通常のホテルとは異なり、かなり狭い部屋でした。部屋からの景色は樹木ばかりですが、小川のせせらぎが届きます。夕食は家庭的なフランス料理のフルコースです。風呂は2つあり、ゆったりです。HOME
 30日朝、8時の朝食の前に、近くを散策しました。近所には、個人の別荘や中小企業の保養施設がぱらぱらとあり、殆ど使用されていない様子も窺えます。食堂の前のテラスには栗鼠を招くための餌台があり、一頭が、我々の朝食時間に合わせて餌を食べていました。「壱番館」は未だ若い夫妻が、スイス旅行の経験を生かして運営しています。いわゆるオーナー・シェフです。夫妻揃って、人当たりも良く、懸命に経営しています。「蓼科壱番館」は茅野市北山4026に在り、電話0266−69−3619です。9時15分チェックアウトして、中央高速の「甲府南インター」を出て、本栖湖の先の、静岡県営「鱒の家」でゆったり昼食を摂り、養殖場を見学し、御殿場インターから横浜へもどりました。
 帰路も渋滞には殆ど遭わず、帰宅は午後5時でした。HOME


ENDHOME