2018年秋伊豆畑毛からSky Walkなどhome

 2018年10月27日、Nさんのお誘いがあり、Nさんご夫妻、Aさんご夫妻、吾々夫妻、の6名で伊豆・畑毛温泉に一泊の旅に出ることになりました。亭主の年齢差は10歳以上あるかも知れませんが、女房族の友人関係から始まった小旅行も29回目になります。
 2018年10月29日、伊豆・畑毛では有名な「大仙家」に一泊して・会食し、近況などを語る事となりました。横浜組はJR戸塚から、途中、熱海駅の構内のカフェテリアで昼食を摂り、再び切符を買って「函南」駅に、少し早めにの12時半頃に着きました。
横浜からの富士 昼食
我が家から見える当日・朝の富士山 熱海駅のパン屋さんで、元気なお二人
待ち時間に勉強して居ます。
 さて、Aさんご夫妻が函南駅に下車されたのは13時頃でした。函南駅は駅構内はトイレがあるだけで、外は全くの野原の様な広場だけです。店は一軒もありません。これなら、無人駅にしても良いのかなぁーと思いました。
 しかし、ホテルの送迎バスが函南町へ下ると、田畑、人家がパノラマの様に展開し右手には富士山を望みます。カーブや傾斜の多い道路上のバスから撮れた写真は一枚だけでした。
農業用ビニールハウスが多い 今日の宿は大仙家
  ホテルに2時頃に着きました。与えられた二階の洋室からの景色は全く狭く、眼の前に一階の風呂場の屋根があるだけで、燦々と夕日が差し込み室温は24度くらいです。
 備え付けのエヤコンは、冬場に向かって「暖房」にセットされて居るので、動かすことも出来ません。風を通す様に西側の窓を開放しました。 隣室の前には大きな蜘蛛の巣が張られて居ます。獲物すなわち、虫も未だ未だ元気なのでしょう。
 フロントへ6人揃って降りて、ウェルカム・ドリンクの珈琲を頂きました。 
 6時の夕食まで、早めの温泉に浸かり、静岡地方のテレビを見て過ごしました。夕食時にNさんが、此れまでの三家族の旅を1表に纏めて配ってくれましたので、良い話材になりました。

 夕食のメニューは宿の「お任せ料理」を指定しましたが、それなりに良く纏められて居ました。
但し、此の地方の風潮としてか、塩味が濃いい料理が多かったです。冷たい料理を並べて置いて、客が来たら、アルコールランプで温める皿が2品もありました。今の、人手が足りない日本の宿屋では当たり前の光景ですね。

 前々回の旅までは、食後、一つの部屋に再集合して、酒やお茶で、暫く歓談をする時間がありましたが、最近は、夕食時の歓談だけになって仕舞いました。残念です。しかし私はアルコールにアレルギーがあり、Nさんは健康上、禁酒状態ですからやむを得ません。
 ホテルにクレームを付けたい事が二つありました。
(1)夜中の3時半頃、突然、大きな音声で、テレビの電源が入り、起こされて仕舞いました。
(2)明け方6時半頃、突然、目覚まし時計がビービーと鳴りました。
前の客がセットアップしたものでしょう。これらは、ルームのクリーニング・サービスの従業員がリセットすべき項目として、作業手順書に掲げ、実行させねば、良いホテルとは呼ばれません。
10月28日朝食後、近くを散歩して摂った写真を下にあげます。
雪の富士山も伊豆山中から見るのと、横浜から見るのとは異なり、横浜から見る方が綺麗と思います。
 
此の写真は従業員に頼んで撮って貰いました。仕事熱心な彼女が無理矢理、富士と宿の名を入れて呉れた写真です。吾々の部屋からは富士山を見ることはありませんでした。
10時にホテルの送迎バスで函南駅まで運んで貰いました。函南から一駅か二駅乗って、15分も掛からずに三島に着いたと記憶します。
 日本一と称する「スカイウェイ」を訪ねてみようと、三島駅の「東海バス」窓口で切符や入場券を買いました。

今日は強風で、近所のケーブルカーは全て運休して居ます。Walkwayと称する吊り橋はかなり揺れて居ました。
かなり強い風が吹いています 位置を変えると直ぐ変わる風です
上は渡る前の写真です。悠然として居ます
 私はWalkwayを一番奥まで歩きました。しかし着いた先には、簡単な休憩所と食べ物屋しか無い様でした。Nさんは体調が余り良くないので、渡らずに待って居ます。さっさと回れ右です。
 Walkway迄のバスの帰路に乗って、三島駅に戻りました。駅前の飯屋で銘々好きな品を選び、午后1時過ぎの遅れた昼食となりました。ご参考までに私はざる蕎麦です。
 Aさんご夫妻に見送られて、熱海へ行き、東海道線で、戸塚に着き、我が家へは、午后4時頃に着きました。
 老人は疲れが遅れて出るので、今、2018年10月31日午后4時半で、疲れて居ます。  home