下部温泉と金鉱山記念館を訪ねてHOME

 2011年6月20日、町内会主催の日帰り温泉旅行に参加しました。参加者33名とバスもゆったり使うことが出来ました。梅雨のど真ん中、しかも明日から高速道路の料金が跳ね上がると言う日です。 しかし、この日は幸いにも雨は降らず、出発は7時10分と遅れましたが、順調に走り、海老名のパーキング・エリアにとの希望者があり、数人が「ぽるとがる」でメロン・パンを買っていました。
更に、予定通りに足柄サービスエリアで、小休止し、富士五湖道路を経て、「道の駅・鳴沢」でも小休止しました。私は独り、博物館をざっと一回りしました。今回は、ゆっくり見る時間は有りません。
本栖湖を左に見ながら、300号線を進み、身延線と平行して下部温泉に到着です。下部温泉ホテルの傍らの「甲斐黄金村・湯の奥金山博物館」に入りました。この地で室町時代から始まったかも知れない、金の採掘・選鉱・精錬を紹介したいます。HOME

 施設は昭和63年度に始まった「ふるさと創生事業」の一環として7億5千万円余を使って平成9年3月31日完成した箱物です。償却費を含む運営には毎年赤字を出している様です。

 乏しい町の予算を使って世界遺産を目指しているとは恐れ入谷の鬼子母神です。遺跡の歴史的な調査の結果はまだ曖昧のままで、良く此処まで資料を揃えたと感心します。HOME

11時頃に「下部温泉ホテル」に入りました。温泉浴を30分で済ませ、12時半頃から、やや質素目の昼食を頂きました。泉質は硫黄泉とアルカリ単純泉だそうです。源泉の温度が低いらしい循環型です。私には「良い湯だな!」と褒める気は起こりませんでした。
 食後、40分以上の余裕時間があり、ラウンジで珈琲を啜り、ゆっくり寛ぐことが出来ました。ホテルは日帰り温泉旅行のバスが4台も詰めかけ、日帰りが宿の採算に大いに寄与しているものと思われます。
 俳優・石原裕次郎(昭和9年12月生)がこのホテルで長期療養・滞在したそうで、記念品が並べられています。(1987年7月17日52才没)
 帰路は高速道路の混雑が始まり、途中、鮎沢パーキングエリアと海老名でトイレ休憩し、帰宅は予定より1時間余の遅れでした。
 左は鮎沢パーキングエリアのトイレの前の軒下の、照明器具の上で子育て中の燕です。此処なら虫は来るし、安全ですよね。大事にされていました。HOME