1日目 2日目 3〜4日目 5〜6日目 7日目

錦繍の東北7日間の旅(1日目) home

 紅葉の美しい風景を期待して、クラブツーリズム(株)主催の旅に参加しました。使用するバス(その名はRoyal Cruiser海)は、新幹線グリーン車には遙かに及びませんが、横に三列のシートで比較的ゆったりとしています。参加予定の二組の夫妻が取り消し 、9組となり更に余裕が生まれました。もしこの取り消しが無ければ多分窮屈だったでしょう。添乗員は中富さん、ガイドさんは川名さんでした。
 10月26日(月)午前9時、横浜駅西口を出発、都内を抜けて、東北自動車道を北上し日光・鬼怒川温泉の竹久夢二美術館に隣り合う「花むらさき」で(ゆばミニ会席)を摂りました。美術館の売店で葉書を買ったのですが、帰宅して探しても見付かりません。多分ゴミと一緒に捨てたのでしょう 、残念です。 レストランと美術館とバスを容れて撮影しました。 

「花むらさき」には夢二の絵が多く飾られています。隣の竹久夢二美術館では、昭和の夢二と云われた「中原淳一」の作品も併せて展示され、プリントが販売されています。

ここから更に、奥鬼怒川へ進み、「龍王峡」では、紅葉に映える奥鬼怒川と滝を観ることができました。
 今夜の宿は有名な、湯西川温泉の本家伴久・満久旅館です。泊まってみて、名前が売れているほどには良い旅館とは思えませんでした。夕食は、下の写真の吊り橋「葛橋」を渡り対岸の別館で囲炉裏端料理でした。慣れない私には前に炉があり、右にお膳があり窮屈な姿勢での食事となりました。鮎は焼き過ぎて身が固くなり骨と皮が残る始末でした。
本館から見た葛橋です。橋の対岸に食事用の広間があります。下の屋根は露天風呂の屋根

 川に面したフロントおよび部屋からの眺望は下の通りです。掃除人や布団敷きなどで人が出入りする和室旅館は苦手です。 
 
home
次に進む

-