忍野八海・河口湖HOME

  2006年4月29日(みどりの日)日帰りツアーで、忍野八海、河口湖の富士桜、ハーブ園、富士山5合目などを周りました。連休の初日にしては、道路も混まず、横浜駅7:50分発で、午後8時ころ帰着しました。
                   下は忍野八海のパノラマです
忍野八海を初めて訪ねましたが、小さな湖の周りを売店が囲み、春の観光シーズンとあって人混みが激しく、裏の方に回って、やっとホットした程です。折角の自然の美を、商売で損なっているのにがっかりしました。茅葺きの農家の佇まいは、全面の売店で塞がれています。 富士山5合目に上がるのは今回が3度目ですが、25〜40年前と比べて、小屋掛けがしっかりした建物に替わった程度でした。これでは、世界自然遺産に指定されなかったのは当然でろうと思います。目下、ユネスコに世界文化遺産の指定を申請しているそうですが、これにも無理が有るのではと思います。
鴨でしょうか 忍野八海の裏通り
下は、森の中の小さな花木、やっと大きくなった道路沿いの桜です。

 

 河口湖に近い、「創造の森」と言う場所で、村民が、富士桜とミツバツツジまつりなる行事をやっていました。
 花木の販売や、軽食の販売の他、老人クラブの方々が、子供に竹とんぼを作って与えていました。
 森の中のツツジはまだまだ蕾が固い状態で、桜は八分咲きでした。
 香水販売が目的の、ハーブ園に入りました。