小田原フラワーガーデンと箱根植物園などhome

 2012年5月入梅の前に、期間限定のヒルトン小田原ホテルに一泊して近くを観光しようとのN夫妻のお誘いを受け有り難く参加することとしました。小田原駅で下車、駅構内の純和食の店で昼食を摂り、路線バスを利用すべく、バス停に行きましたが、発車まで20分以上待つことを知り、タクシーの利用に切り替え「小田原フラワーガーデン」に10分で着きました。(帰路はバスを利用しましたが、市内各地を回るので25分掛り、4人分の料金はタクシー代の2割増し程度でした。タクシーの利用が正解でした。)

 上は大型の温室(アトリウム)です。65才以上は無料ですが、特段、珍しい植物に逢うことはありませんでした。しかし、小田原市の財政に「ゆとり」があることは嬉しいことです。
横浜の動物園が無料で開放されていますが、 小田原市以外でも高い市民税には、このような施設の運営費が含まれて居るのですね。
下はアトリウム内の食物の例です。巨大な植物は逆光で撮れませんでした

フラワーガーデンの屋外は、多くの薔薇が見頃でした。

下のアニメーションは別々に動作します
路線バスで小田原に戻り、新幹線口に出て、予約したホテルの送迎バス(15分おき)を利用し、根府川に在る「ヒルトンホテル・小田原」に入りました。此のホテルは元々吾々が加入している「年金事業団」が、金余りの時代に建設し、利用者が少なく、リーマンショックのあと不採算事業として売却した設備です。豪勢な建物や付属設備に驚きます。部屋はやや狭く感じられますが、清潔に維持されています。 大浴場にはジャグジーがあり、別料金のプールやパターゴルフ場もあります。

翌日(6/1)早朝、散策して、数枚の写真を撮りました。下のパノラマは早朝の自室からの眺望です。

写真上は水浴場、下はパターゴルフ場  
 ゆっくり時間をとって10時にホテルから小田原駅に移動、小田急の登山電車で強羅公園まで上りました。好天に恵まれ、途中は美しい新緑を愉しみました。公園上駅で下車、 薔薇の花壇を観て、園内で昼食して居たら、突然強い雨が降り始めました。
(上)登山電車は4回のスイッチバックを行います (下)ケーブルカーのすれ違いは一度だけです
ケーブルカーと強羅公園の写真
 傘を買って、公園下駅まで歩き、小田原に着いたら、雨は上がっていました。尤も、吾が家の近くでも雨が降った形跡がありました。僅か2日の日程なのに、帰宅したら、30日のゴルフの疲れもあり、やるべき庭仕事が山ほどあり、掲示が遅くなって仕舞いました。home