サンバレー伊豆長岡1泊の旅(1)
HOME

  2016年11月7日〜8日、近所にお住いのN氏ご夫妻より お誘いを受け、清水市のA氏ご夫妻との三家族で、首記の宿に集まり、会食・懇談・散策の一時を持つこととなりました。
当日、10:44戸塚発の普通列車で12:24三島着。新幹線口を出て、A氏夫妻の到着まで、駅構内の食堂で昼飯を済ませることとなりました。
N氏は生憎、前日より激しい下痢なので喫茶店で軽いサンドウィッチと喫茶で済ませ、三人は行列の出来る寿司屋に入りました。ホテルの送迎バスは14:20発です。
行列の出来る寿司屋 ノーエ節は確かに三島の民謡?
A氏夫妻の到着と送迎バス時間の出発まで時間があり、私は新幹線口から、東海道線口へ加成の距離を歩きました。昔から東海道線側の方に商店街・ホテルなどが多く繁盛しています。
 電車の高架下では、列車を撮ろう、暫く立ち止まりましたが、カメラの狭い視野に構造物と列車を入れるのは、合図を呉れる助手が必要と悟り、諦めました。

HOME

東海道線側には鮮魚店、土産物屋などが並んでいます。新幹線口に戻り、清水市の若いA氏ご夫妻に5ヶ月ぶりにお会いしました。バスは中型車で、運転手は高齢者と云っても良いくらいの年齢に見えましたが、運転は、ギヤチェンジの都度揺れるほど下手くそでした。
宿泊したホテルのWEBSITEから  
HOME     その2へ