奥能登探訪の旅home

 クラブツーリズム主催の2011/06/22日09時20分東京駅発、10時11分高岡駅着のツアー(2人で10万円)に参加しました。早めに家を出たので、東京駅には8時前に着いて仕舞いました。集合は9時。グリーン車は楽ですが、ツアー以外の乗客が殆ど見当たりません。結論を先に言えばJRグリーン車利用の旅は何れも宿泊ホテルや食事が最低です。今回の 、両陛下が宿泊されたという記念碑が立っている「能登ロイヤルホテル」も、設備は良いが、食事は粗末の一語に尽きました。朝食バイキングの卵料理はスクランブル のみで、(Sunny side up, Turned overなど)目玉焼きは皆無でした。パンも美味しいとは云えず、ベーコンも細切れ、生野菜もキャベツのみ、ソーセージも小さいのです。第1夜の食事はバイキングで美味しいものは一皿5グラムの刺身(2切れ)だけであとは不合格です。それぞれの従業員は一所懸命の様ですが,コンダクターが不在です。
 第2夜の食事はフランス料理を選びましたが、とんでもない代物でした。最低のChefなのでしょう。肉は細切れが4切れ、白魚は嘘で厚さ3ミリのマグロの赤身に衣をつけたフライです。ウェイターも教育されて居らず、料理の説明は出来ず、まだ食事中なのにデザートを出すと言った具合でした。なお、此の能登ロイヤルホテルは東北電力 ・滋賀(シカ)原発の隣です。それを知る一般客は来ないのでしょう。
 バスの車内で手頃な昼の弁当とお茶が配られました。高速道路のパーキングで小休止し、先ず国宝「瑞龍寺」の参拝です。案内者の丁寧な説明で、 120万石の加賀の殿様が建立した格式の高い禅寺であること を知りました。建物は左右対照的な配置で、修行のための法堂(国宝)は一番奥に配置されています。織田信長、信忠、前田利家などの分骨石廟が並んでいます。
人体に模した配置で、一番奥が法堂です 本堂の鬼瓦の見本


バスはJR雨晴海岸駅近くで小休止し、天気が良ければ見える筈の立山連峰を立て看板で見せて呉れました。 看板の写真を貼り合わせてパノラマ風にして遊んでみました。此処からホテルに移動して第1日目は終わりました。 途中の休憩所で、右の臑をコンクリート柱に打ち付け、可成りの怪我をしました。売店で絆創膏を貰い貼りましたが、 この日の入浴はせず、部屋の浴室で体を拭くだけにしました。
 2011/06/22日:今日は盛りだくさんで順序が混乱しそうです。先ず輪島塗の工房を訪ねました。興味深い工程の説明は省きますが、その奥行きの深さに感心します。
一つの椀が出来るまで 高級な衝立
続いて「輪島の朝市」を見物です。朝市の状況を撮影して居なかったことに気がつきました。成金商人が建てた美術館と地方独特のマンホールが気になったのです。
続いて「白米の千枚田」の見物です。
少し早めの昼食を能登海岸ドライブウェイ途中の珠州なる店で摂りました。途中の海岸線は流石日本海でした。 次に天気が良ければ佐渡島を望む「禄剛崎」へ移動し、坂道を登って「此処が日本列島の中心」の碑に驚き、灯台の跡や眺望を愉しみました。
←ひぐらしの鳴く奥能登のゆきどまり

     山口誓子

 次に空中展望台があると言う聖域の岬へ行きましたが、此処は「ランプの宿」の私有地で、張り出しの回廊からの景色を見せるだけのことでした。予約がいっぱいで一年間は宿泊不可能と繁盛している様子です。宿への径は狭く、宿泊者も宿まで車を寄せることは許されて居ません。
此処から見附島へ移動、散策を愉しみました。島は軍艦島とも呼ばれています。正面からは舳先に見えますが側面からは植生のある丸い島に見えます。

2011/06/23日:今日は激しい雨の中の移動でやせの断崖を訪ねました。波浪が高く、乗るべき舟が就航停止になったので残念でした。自殺防止の立て札が目にとまりました。
   
近くの阿岸本誓寺を見学しましたが、訪問者が少ないのでしょう。可成り傷んでいます。
「穴水」から能登鉄道で「七尾」へ雨の中の風景を観ながら移動し、七尾の食彩館で皆さんのお土産購入タイムです。その後、バスで信州・上田駅に移動、新幹線で東京まで、そして、東海道線で横浜に戻りました。お疲れ様でした。home