日本平への旅home
日本平>久能山>焼津泊>宇津の谷>県立美術館 など

  三家族6人の旅を、Aさんに極めて詳細に計画して頂きました。JRの鈍行を利用しほぼ予定通りの行程を、予定通りの費用で消化しましたので、紹介します。 日本平ホテル レストランからの眺望です、曇りですが、右手に富士山がみえます。

 
計画行程
1月28日(月) 
  8:46 戸塚駅乗車 熱海で9:58発静岡行きに乗り換え
 11:02  清水駅着 
 11:20  日本平ホテルの有料送迎バスでホテルへ
 11:30〜13:30  ホテルにて昼食 
       日本平山頂展望台を経由してロープウエイ乗り場へ
 14:00〜15:30   久能山東照宮拝観 
 15:30   日本平ホテルの有料送迎バスで清水駅へ 
 15:50   清水駅到着後焼津駅へ
 16:30   焼津駅着
 16:20   焼津グランドホテルの送迎バスでホテルへ
 18:00〜  ホテルで夕食 
1月29日(火) 
 9:00 ホテルの無料シャトルバスで焼津駅へ
 9:30 焼津駅発路線バスで「宇津の谷」入口へ
 10:00〜宇津の谷集落、羽織屋さん見学。明治、
      昭和、平成のトンネル見学
 11;41 バスで吐月峰(とげっぽう)入口へ
 11:45 徒歩約10分の待月楼へ 
 12:00 〜 13;30待月楼で昼食          
 13:45  路線バスで新静岡駅へ
 14:00  新静岡駅から電車で草薙駅へ
 15:00   草薙駅でバスで「静岡県立美術館」へ
 15:15〜16:40
     ”ガンダーラ美術とバーミヤン遺跡展”を鑑賞
 17:00  バスで、美術館前駅へ
 17:10頃 美術館前駅から電車で新清水駅へ
 17:30頃 新清水駅着で解散
  ホテルから徒歩でケーブルカー乗り場へ行きました。途中、「赤い靴の女の子」の母子像が有るのに驚きましたが、野口雨情は静岡出身だったのです。久能山東照宮を拝観しましたが、階段の急なことに驚きました。
赤い靴はいてた女の子異人さんにつれられて行っちゃった 東照宮の門は塗り替え完了。急な石段に注目。
本殿 家康の納骨塔
 焼津グランドホテル(Nさんの予約に依る)は 近代的で、サービスも上々でした。洋室は40m2ほどあり、「森はなえ」のデザインとのこと、露天風呂はやや熱い天然温泉です。夕食は和食(平均的なホテルより上等)。朝はスモガスボードですが品揃え も充分で、清潔で文句は付けられません。ロビーでの無料珈琲も嬉しいサービスです。HOME
****************************************************************
 二日目、小雨の中、宇津の谷集落を歩き、羽織屋さん見学。秀吉から賜ったという陣羽織を見て、お婆さまより故事来歴を聞きました。手荷物を預け、坂を上って、明治のトンネルを歩き、当時の技術レベルを推しはかり、苦労を偲びました。現在、トラックなどがひっきりなしに走る幹線道路となっている昭和、平成のトンネルは遠くから見るだけです。
食事処「待月楼」の庭園の一部(高級とろろ飯が基本です)
 静岡県立美術館は新しく、堂々とした建物で、高齢者は無料に感謝しながら、仏像などからガンダーラ美術の偉大さを偲ぶことが出来ました。 木彫りもありますが、石材が荒い花崗岩から柔らかい砂岩まで広範に亘っているのも特徴と思います。疲れていましたし、1時間の見学では、ざっと観たとしか言えません。HOME

紀元4世紀ころの仏陀の像、何れもガンダーラ美術館の資料から借用home