top
奈良お水取りその1 奈良お水取りその2 角館と中尊寺

その1HOME

2004年3月5日  JR新横浜駅0815分発のこだま号のグリーン車で、名古屋駅に着き、その足で 女人高野「室生寺」を訪ねました。その昔、高野山は女人禁制でしたが、室生寺は、元禄時代、五代将軍綱吉の母・桂昌院の莫大な寄進により堂塔の復興を果たしてから、女性に門戸を開いたと言われています。
一昨年の台風で壊れた五重塔(高さ僅かに16メートル)も綺麗に修復されています。寺院には塔と金堂がつきものです。此処でも、金堂内の仏像5体が一般観光客に開放されています。此処は石楠花(シャクナゲ)でも有名です。

 左は修復後の五重塔です。

 上のシャクナゲは借り物の写真です。

次に訪ねた長谷寺は、本堂まで、長い、長い石登廊(屋根の付いた399段の石段)を登ります。本堂からの眺望も見事です。高浜虚子は「花の寺 末寺一念 三千寺」と詠んだ位、末寺を沢山持っています。


上は長谷十一面観音(寺の資料から)左上は本堂の舞台から仁王門を、左下は記憶が曖昧です。

 いよいよ本番の奈良東大寺の「お水取り」= 二月堂のお松明です。

画像にカーソルを載せて下さい。夕景になります。


二月堂のお水取りの由来などは、省略します。

先ずは、鹿の歓迎を受けます。売店で餌(せんべい)を買っていると、鹿は待ちかねて、集ってきます。

ホテル・ニュー京都へのチェックインは10時半を回っていました。

角館と中尊寺


その2HOME

ホテルから、亀岡駅へ移動し、トロッコ( と言っても、窓付き、暖房つき)列車で、嵐山に登りました。途中、桂川の風景も綺麗でしたが、列車の窓が曇り、写真にはなりません。 嵐山のパノラマは「パノラマ館」の中のをご覧下さい。戻りは、ウインドウの「戻る」を使って下さい。金閣寺では、たまたま、方丈が開放され、ボランティアの方が、内部を丁寧に案内して呉れました。珍しい屏風、天井絵、帆掛け松などがあります。
嵐山駅の周りは竹藪でした 金閣寺はどうしても絵葉書に見えます
金閣寺の鳳凰(2代目) 方丈の中の屏風・襖の水墨画は国宝級です
2日目の夕刻、名古屋駅から新幹線こだま号のグリーンで、帰宅したのは午後10時半を回っていました。

奈良お水取りその2

  HOME

  年末年始を利用して、秋田市内2泊の旅に出掛けました。初めての中尊寺に大きな期待をもって出掛けました。バスで12/31日に横浜を出て、1/2日に帰る、忙しい旅でした。この近くに住んでいる方々には、珍しものは無いと考え、写真だけを紹介します。
元旦に、角館、田沢湖、男鹿半島の真山神社(なまはげの演技)
角館美術工芸館 角館 武家屋敷
 角館 武家屋敷の居間 田沢湖のたつ子姫の像  なまはげ の 展示物
1月2日は平泉の中尊寺で金色堂を拝し、芭蕉翁の像に逢い、横浜帰着は夜の10時半でした。

 中尊寺の境内は、初詣の人で賑わっていました。
 左上の写真は言うまでもなく、芭蕉翁の像で、数年前に造られたものですが、参詣者の感心を呼んでいる様には見えませんでした。金色堂は、芭蕉の時代から覆堂に守られて来ました。 

 内部の金色堂本体の撮影は禁止され、しかも適当な絵葉書も見あたらず、やむを得ずフラッシュ無しで、側面を撮させて頂きました。

HOME