長崎ランタンフェスティバル・ハウステンボス観光

  ご近所にお住まいのNさんご夫妻と上記ツアーに参加しました。長崎は学生時代に滞在したこともあり、近くの軍艦島として有名な端島炭鉱も数回訪れた懐かしい場所です。平成22年2月25日(木)〜27(土)の忙しいツアーでした。特に26日は雨風の中の観光となりました。
  2月25日、羽田発08:05予定のJALは濃霧のため50分以上遅れました。空港から浦上平和公園に直行しました。強い風の中、30分ほど見学し、近く の和泉屋で中華の昼食後、グラバー邸を訪ねました。グラバー商会を設立したトーマス・ブレーク・グラバーが住んでいた日本最古1863年(文久3年)の木造洋風建築だそうです。左下は案内写真を借用しています。福岡高校時代に此処に宿泊し、病床の永井 隆 氏をお見舞いに参りました。グラバー邸のテラスでバーベキューの真似ごとの食事やその折の夜景も忘れません。
 靜かで周りに商店も全く無かった当時と比べ、余りにも大きな風景の変化に驚きます。大浦天主堂も改装され、懐かしい船舶式窓枠も無くなっていました。 グラバー邸へ上る坂道には土産物屋がずらりと並んでいます。更に50メートルも歩けば、エスカレーターでグラバー邸や更に上に在る三菱クラブに行けるのです。但し下りは階段と坂道です。

観光案内書から借用

 
 何処に行っても長崎は坂道が多く、膝を傷めている私には強行軍でした。ホテル清風に4時にチェックインして、夕食後、中華街に出掛けました。横浜中華街の春節とは趣が異なりますので、 皆様にも機会を作ってご覧頂きたいものです。ランタンが沢山並び、大型の「張り子」が並べられます。雑伎団(地元の高校生)の曲芸が披露されていました。 この芸が一段落したころ強雨となり、タクシーを捕まえて早めの帰館となりました。
ホテルから長崎港の夜景です。

 翌日:2月26日ホテルから、「夕陽が丘」なる高台に行き、小休止しましたが、雲と霧と雨で眺望は有りません。近くの小さな「黒崎教会」に立ち寄り、キリシタン文化の一端を拝見しました。見事な小型のパイプオルガンは信者の信仰心が今も強いことを示しています。誰でも 礼拝に参加出来る様、各席に賛美歌集が用意されています。

グラバーの近くの資料館で(空のスペースを埋めるために)

黒崎教会は雨で撮影もままなりませんでした(内部は禁止)

佐世保に出て、九十九島のクルージングを経験しました。仙台の松島より遙かに美しいと謂う地元の人の言葉通りでした。小雨が降る中で良い写真は撮れませんが、晴れていたら もっともっと素晴らしいでしょう。
 高台(弓張岳)の西海橋パールシーリゾートで昼食、此処で、九十九島の一部がちらと姿を見せて呉れました。バスはハウステンボスに4時ころに到着しました。ハウステンボスの園内を散策となっていますが、強風と時々の小雨で、3D映画を体験しただけです。

来客も少なく、広い店内はがらがらです。赤字続きに納得です。販売店を止めて、参加型に変身する必要があります。

JR全日空ホテル

ハウステンボス入り口付近で

 ホテルに戻り、温泉をたのしみ、(表現は変ですが)和風にアレンジした中華料理コースを戴きました。
 2月27日はゆっくり、ホテルを9:30出発、佐世保の和泉屋に強制立ち寄りでショッピングの後、平戸に向かって走りました。平戸城の天守閣まで昇り、強風におののきながら風景を観察しました。一行は平戸カトリック教会の見学に行きましたが、私は疲れていたので、平戸町を散策し喫茶店で一休みしました。

昔のひな人形が飾られていました。

フランシスコ・ザビエルに因縁あるカトリック教会

福岡空港へ移動の途中、昼食は平戸千里が浜温泉の「蘭風」というホテルで魚コースを、下の動画その他のアクションの多い、中国雑伎団の演技を見ながら頂きました。 失礼ながら演技の途中でバスに戻り一路福岡へ進みます。このFlash動画は削除しました。
虹の松原で小休止、観光会館はかたで時間調整・ショッピングの後、JAL338で 予定通りの午後9時に羽田に到着しました。無事故で何よりでした。羽田で、チリ地震のニュースが流れ、津波警報が出ていました。