東北へのミステリーツアー  

 2011年10月6日初めて一泊2日間のミステリーツアーに参加しました。何処に行くのかなど凡てバスが行く先に到着するまで判りませんので、手帳に記録するのに神経を使いました。 横浜駅を予定時刻の7時30分に発車し、首都高速に入りました。
ベイブリッジから夜明けのみなとみらい地区 首都高で少し日が差してきました
 更に東北道を北上し、白川ICを出て、細い山麓の道を上り、奇岩で知られる、南会津郡下郷町の 「塔のへつり」に到着。約30分の散策の予定でしたが、小雨が降っていたので、この30分は茶店で椎茸汁を馳走になり、写真撮影とお土産購入に使いました 。私は川面近くに降りて、吊り橋の手前から写真を撮りました。石の形はトルコのカッパドキアを連想しますが、此処は緑の山の中で、趣は大きく異なります。 「へつり」の難しい漢字はweb上では使用来ませんが方言で「絶壁」などを指すそうです。

魚は見かけませんでした。 吊り橋を渡る時間が無かったことは残念です。
 バスは川沿いに下り恵比寿屋と言う中程度の和食の店で昼食となりました。ゲゲゲの鬼太郎の作者水木しげるさんの描いたカッパの絵が飾ってありました。この近くに滞在した時の作品だそうです。
 左岸の手前が恵比寿屋です。充分に田舎ですね。経営は楽ではないと想像します。
食後「玉藻とうふ茶屋」に寄りましたが、一丁1350円の豆腐に驚くだけの話でした。店先の自然水を飲みましたが、味は横浜市の水道水の方が美味しい位に思いました。此処からJRの (只見線)会津宮下駅に移動し、偶然?町内の案内ボランティアの娘さんが来て15分ほど町内を案内して呉れましたが、三島町内は芸術家風の人が多いのでしょうか、書道家や陶器収集家などに会う事が出来ました。此処の三島神社は、小さいながら全国の三島神社の本宮だそうです。
 列車で移動中に雨台風で壊れた線路の復旧工事を垣間見ました。水害対策、豪雪対策などJRならでは出来ないメンテナンスでしょう。駅舎は、ほぼすべて無人ながら可愛らしいデザインで、観光への熱意が伝わりました。我々以外の乗客は女子高生と数人の老人だけでした。
 「会津柳津」と言う難読の駅で下車し、広い道、細い道を経て、今夜の宿「ホテル グランデコ」に到着したのは午後6時15分でした。シャワーを浴びて夕食には少量ながら自分で焼く地元の牛を美味しく頂きました。
 10月7日、朝8:00ホテル発で弥彦山の麓にある弥彦神社へ移動。ゆっくり参拝しました。弥彦神社は1956年1月1日の初詣参拝者が餅撒きに殺到して、死者124人・重軽傷者77人の惨事を起こしています。神も仏もありませんね。
そのあと、弥彦ロープウェイで山頂へ上がり、山頂駅のそばの展望レストランで、まあまあ美味しい昼食を摂り、多くの階段を昇り展望台に上がりました。パノラマ写真は此処でも失敗でした。 山麓駅の鯉が元気よく餌をねだるので嬉しかったです。(冬に備えて食べているのでしょう。冬はほとんど食べません。)
 不思議なことに弥彦山の標高は634メートルと、東京スカイツリーと同じ高さなのです。静かな日本海の果てに、佐渡島が黒い姿を見せて居ます。下りはスロープカーと呼ばれる、勾配45度のレール上をロープで下るゴンドラであっという間に下りました。昭和天皇も乗られた由、安全なのでしょう。下の観光案内図を参照して下さい。

 途中、魚野の里で休憩し、東北道うを経て、一路横浜へひた走りました。と言っても、大宮の近くのサービスエリアで夕食に牛丼を買って車内で食べました。疲れました。最後まで読んで頂き有り難うございます。
序でながら、ミステリーツアーは南行か北行も判りませんので、服装や雨具の心配がありました。結果的には雨具は不要で、吾々の服装は薄めに過ぎました。