HOME

  2007年1月中旬、 ご近所つきあいのご夫妻のお誘いを受け、JTBの2泊3日のツアーに参加しました。第一日は、安芸の宮島、広島・平和記念公園を、第二日は錦帯橋、津和野、萩の松下村塾などを、第三日は船上から青海島を、秋吉台・秋芳洞、山口の瑠璃光寺を回りました。
 (第一日)
羽田発8:15と早いので、朝一番のバスで横浜駅へ行きました。ANA673は定刻通りで9:45に広島空港着、添乗員?とガイドさんに迎えられバスに乗車、一同51名とほぼ満席でスタートしました。 宮島口から所要11分の観光船で島に上陸したのは、11時頃でした。 次の数枚は厳島神社での写真です。


 境内までの門前町には、あちこちに「元祖もみじ焼き饅頭」の看板が出されています。 昼食をとった店ではガラス越しに製造工程を見せています。ほぼ完全に自動化され、若い職人さんが材料の餡やメリケン粉を補給します。 8個を1単位として10秒も掛かりませんので毎時ほぼ3000個出来る計算です。客の居る時間帯を選んで運転すると思われます。 私は、商店街の裏通りを散策し、島の人々の質素な暮らし振りを窺いました。 宮島町お奨めの散策コースが幾つか用意されていますが、最低3時間は必要と思われます。
 広島に引き返し、平和祈念公園を訪れました。20年振りで、記念碑の類が増えていること、綺麗になったこと、原爆記念館も増設され理解し易くなったことを感じました。 当時15才になったばかりの私の少年時代を、戦闘帽を被り、ゲートルを巻いた被爆少年の像に重ねて、戦争は二度と繰り返さないと心の誓を新たにし、平和の鐘を撞かせてもらいました。
HOME
 広島プリンスホテル宿泊で夕食も各自負担でした。私共4人は、ホテルの23階のラウンジで簡単なフランス料理を摂りました。私は羊のリブステーキを、他の3人は白身魚をメインディッシュにしました。23階からの広島の夜景もご馳走の一品で、皆が満足しました。食後、せっかく広島に来たのだからと、ホテル近くの店で「広島風お好み焼き」を2つ求め、二人で1つを食べました。腹一杯になり戦没者には申し訳ないことでした。HOME
 (第2日)
 
早朝、錦帯橋へ直行です。今回のツアーでは全員が利用する「渡橋」料金までオプションで、JTBも見せかけの安さを大事にしています。橋には霜が降り 、橋の上では北風も強くて震えました。 対岸の白蛇神社などを見学し、バスの出発時間に1〜2分遅れて皆さんに迷惑を掛けました。
錦帯橋から「津和野」へ移動、津和野和紙を漉く作業の実演を見て、昼食をとり、津和野の町を散策しました。落ち着いた雰囲気の町で側溝には多くの鯉が泳いでいます。 下の写真の様に町役場は木造です。トイレをお借りしましたが、快く使わせて呉れました。 因みにこのトイレは左奥にあり事務室を通らねば行けません。

鯉は丸々太って、餌をやっても食べません(冬季) 生活の臭いのある通りで通行車両も少ない
 次に、ガイドさんの解説を聞きながら萩へ移動し、松下村塾、松陰神社、武家屋敷を散策しました。多数の総理大臣を輩出した山口県は財政が豊かで、細い道路も国道として認められ、維持には国費が充てられています。だだし、ガードレールは県がオレンジ色に塗り替えた様ですが、メンテナンス不足で剥げかけていました。
 写真の様に、松下村塾の講義室は8畳です。隣の4畳半の上に、松陰が隠れて休息したと言う屋根裏部屋への梯子階段を見ました。 武家屋敷の中に、高杉晋作の生誕の家、田中義一の屋敷などがあり、廃藩置県の折に奨励されたと言う夏蜜柑の木が(吾が里の福岡藩でも同様だった様で)印象に残りました。とある民家に立ち寄って頂いた紅茶とスコーンも美味しかったものの一つです。今夜は、萩グランドホテルに宿泊、ふぐ会席膳でした。HOME
(第3日)
 萩から少し北上し、小雨の中、青海島への観光船にのり島の周りを少し回り、更に移動して秋吉台の秋芳洞に入りました。 今日は、その後も小雨が降ったり止んだりです。
 秋芳洞の通り抜けは1200円です。写真は省略します。  バスでかなりの移動の後、山口・瑠璃光寺へ詣りました。檜皮葺き、総檜造りの重厚で、見事な五重塔を眺めました.

広島平和記念公園にて、平和の鐘を撞かせて頂き、アインシュタインを真似て鐘の中に佇み音の相殺を経験しました

左の写真は山口・瑠璃光寺境内

昨年、奈良の瑠璃光寺を拝見しましたが、スケールは半分以下でした。話が長くなるので、中途半端でお終いにさせて貰います。 ENDHOME