花なき身延山と大井川鐵道の旅

2013年4月7日(日)10時20分横浜駅西口発の「トラピクス」のゆったりの旅に参加しました。目的は身延山の「しだれ桜」と大井川鐵道の「家山駅」周辺の桜のトンネルの観賞ですが、 3月は、寒い冬から急に暖かい日が出現し、桜はもう散り果てていました。
前日の悪天候が嘘の様に晴れた第二東名高速で新清水へ 身延山の無料ケーブルで久遠寺へ昇ります
久遠寺本堂の横を抜けて身延山頂へ向かいます こちらは有料ケーブルカーです
処が此処から500mほど歩き展望点が開け、雄大な景色をみました。 本当の山頂が何処か判りません。
上の写真は見る事の出来なかった枝垂れ桜を久遠寺のホームページより借用しました。
左の写真は日蓮聖人のお手植え杉とあります。残念ながら幹の瘤の謂われは聞き逃しました。展望台から引き返して、バスは今日の宿「焼津グランドホテル」へ向かいました。
此のホテルへ宿泊するのは2度目ですが、今回初めて宿の部屋・露天風呂・レストランなどから富士山を見ることが出来ました。下は自室から:
下の写真は翌朝のレストラン傍のデッキから撮りました。露天風呂で吾が足の爪先に在る富士山を撮らなかったことが悔やまれます。
2013年4月8日(月)8時30分ホテルを出発、焼津市内の桜のトンネルを見に行きましたが、道路が変わって遠くから場所を見ただけでした。 犬を連れて散歩中の人にもう一週間前に散ったよと云われ、次の大井川鉄道の「新金谷」へ移動しました。乗車まで1時間ほど待つので、猫を飾る喫茶店で暇を潰したりお土産を買ったりしました。下は乗車前の写真数枚です。
車内で駅弁を頂きました。下は乗車後、家山到着までの風景などです。数年前にアプト式車両で寸又峡まで昇り、宿泊しましたが、家山 駅の桜の名所(の名残)は初めてです。
家山にはバスが待って居て、焼津の魚市場に立ち寄って、帰路に就きました。途中、新装の「海老名パーキンエリア」で1ストップし、横浜には午后4時半に到着、無事旅を終えました。高齢に見えた添乗員さん、ご苦労様でした。花の無い観桜の旅でしたが、好天に恵まれ幸いでした。