HOME

2007年7月16日〜18日の2泊3日の旅
 ご近所に住むNさんのお誘いを受け、旅行代理店の広告に乗って、万座へ行く事としました。旅行業者の構成は、万座鹿沢口までの特急往復と万座プリンスホテル2泊4食付きで、3万円/人とされ、それ以外は、利用者が負担すると云うものでした。Nさんの友人のAさんご夫妻も参加 され、一行6名の旅となりました。
 7月16日 朝、(快晴ではありませんが)梅雨の晴れ間に恵まれました。上野駅に向かう電車の中で、「新潟沖地震で上信越方面への新幹線は運転見合わせ 」のニュースが流されました。大変なことになったと不安を感じながら、上野 に着くと、在来線(東北・高崎・上越・吾妻の各線)は、全く通常の運転であることが判りほっとしました。草津5号は予定通り正午12:00上野を発車、14:47万座・鹿沢口に着きました。万座鹿沢口で、Nさんがwebで予約して呉れた「トヨタ・レンタカー」から車 (6人乗りのISIS)を借りました。
  私が日本でレンタカーを使うのは数十年振りです。係員が親切に説明して呉れた利用契約に含まれる保険の条件に驚きました。対人・対物はすべてカバーしますが、自車両の疵は3万円、営業停止期間が生じた場合5万円と、海外では考えられない条件です。海外のレンタカー屋では自車の疵・営業停止期間を保険の例外とすることは考えられません。日本人は、レンタカーと云うだけで、荒っぽく使う人が少なくないのだろうと推察します。
 薄日の差す、まあまあの空模様の中、Nさんの運転で、ホテルへ直行し、お早い到着となりました。HOME
部屋の窓の外に、燕が3個も巣を作っていましたが、1個は、多分ホテル従業員に依って毀され、残る2個には、巣立ったばかりらしい若い燕が時々羽を休めています。夕食前、ホテルの裏にでました。裏庭には1坪ほどの囲いがあり、コマクサの花壇が造られています。ここから坂を上り、「牛沼」まで散策しました。沼の木道には、脱皮したばかりらしい蛇が、とぐろ巻いていました。蛇を突いて池に落としましたが、直ぐ這い上がります。多分、脱皮したばかりで、体がすーすーすして寒いのだろうと勝手な推測をしました。夕食はフィレステーキをメインにしたフランス料理で、美味しく頂きました。  窓の外を蝙蝠が飛び交っているのも幻想的でした。下は幻想的な牛沼の風景とコマクサです。
 7月17日朝9時半に集合し(私がホテルの正確な位置を認識して居なかったので)、また、Nさんの運転で、先ず横手山に 行きました。動く歩道とロープウェイで上りました。日本一の高所にあるパン屋さんで買ったパンは、皆さん美味しくないと不評でした。 霧が懸かり景色は近景のみとなりました。
 下山の後、白根山に向かいました。途中の道路には、若干の霧が懸かりましたが、白根山の駐車場に着く頃は薄日が差し、暑くなってきました。ご存じの禿げ山を、遊歩道に従って登り、頂上のお釜(湖)を見物しました。湖水は写真の通りミルクに青インクを混ぜたような不透明色です。硫酸塩として銅系のミネラルが溶け込んでいると思われます。
 駐車場に戻ると、正午でしたが、折角だから「草津温泉」を見に行こうと云う事になり、濃霧の中を運転し、草津高原・カントリー の入口辺りで霧が晴れ、やっと草津の町に下りて来ました。昼食は町のバス発着所の近くの蕎麦屋で済ませました。食後、町中の観光をと考え、車を出した処、丁度草津神社の祭礼で、町は、あちこちで通行止めになって居ましたので、観光をする気にもなれず、万座へ引き返す羽目になりました。HOME

  上のパノラマは、ホテル傍の「牛沼」の夕景です。

   写真左は、白根山のお釜。

  写真上は、横手山からの景色。 

 早めにホテルに戻り、ホテルの裏山の神社にふうふう云いながら登りました。苦労して登った割に、景色は、霧の中で、何ということも有りません でした。それでもホテルの位置が認識できました。 夕食は日本料理にしましたので、お酒も弾み、呑まない私にも、愉快な食事になりました。矢張り日本人がゆったり出来るのは和食の様です。
 7月18日、早朝、私共2人は、ホテル裏の牛沼を散策しました。9時半にホテルをチェックアウトして、名勝「鬼押し出し」に向かいました。今日の運転手は私です。これまでは、鬼押しの駐車場に車を入れて食事をしたことはありますが、入場料がバカバカしいと、遠景として見ていました。今回、ホテルの入場割引券 のお陰で、500円/人でした。「鬼押し出し」の中に散策コースが4〜5種類用意されています。


 鬼押しを正午に出て、ブルーベリーと云う名のイタリアンレストランが在る公園まで足を伸ばし、私はキャベツロールを食べました。天気さえ良ければ、此処から浅間山が正面に見えるのですが残念です。JR万座鹿沢口に戻る途中、農家の庭先でキャベツを販売して居ましたので、家内は一個 を50円で買い求めました。処が、その一個におまけが一個付いて来ました。重たい目にあいましたが、帰宅翌々日の煮キャベツの美味かったこと。その 値打はありました。
 
今回の旅で不思議なのは、JR運賃だけを見ても、(3,250+特急指定席2,390)=5,650円の2倍の10,300円です 。ホテルの食事をメニューで調べると夕食が\2,500円 です。朝食を\1,500として、食事だけで4,000*2=\8,000です。何処が 我慢して値下げをしているのか、利益計算に不思議がありますが、JRは空で走るよりまし、ホテルは飲物や土産などで稼げると踏んでいるのでしょう。経済的な良い旅でした。 HOME

ENDHOME