HOME

 2006年5月15日、大学時代のクラス会が行われました。昨年は関東地区でと言うことで、鬼怒川温泉に来て貰ったのですが、鹿児島や四国に在住の人もあり参加を求めるのに躊躇しました。その折り、今年は、宇治市に住む「M さん」にお願いし、京都近辺でと決めていました。「M さん」の周到な準備で、『15日午後4時に、宇治市の「花やしき」と言う立派な日本式の宿に集合する』、と決められ、その日の行動については各自の自由とする。過ごし方に関しての案内書も送付されて来ました。
  クラス会の翌日16日には「宇津川下り」を準備するが、健康上などの理由で参加できない人もあると思われるので、飽くまでも「オプション」とされました。  私は、15日、京都駅から近い「東寺」を詣で、昼食後、「JR奈良線」で宇治へ行きました。荷物を宿に預けて、平等院を周りました。考える事は皆さん同じで、平等院で殆どの級友に出逢い、午後4時を待たず、3時頃には ほぼ全員がチェックインしました。
 左は京都・東寺の五重塔で、躑躅が見頃でした。下は東寺内の庭園です。


 クラス会自体のことは、私事に亘るので記載できませんが、此の新しいクラス会のあり方は、全員に好評で、来年も関西地区で、『自由集合』が良かろうと言う話で会を締め括ったほどです。幸い、17日には、 私を含む3名が「M さん」の車で「柳生の里」と言う予想外の地区まで案内して貰うこととなり、最高のクラス会となりました。集合場所の近くに名所旧跡があれば、この「自由集合形式」は、高齢者のクラス会 として最適の様です。HOME
 阪急のトロッコ列車で、「トロッコ亀岡」まで行き、更にバスで乗船場まで移動しての「保津川下り」は。小雨のち曇りの中でしたが、水量も多く若干のスリルもありました。 亀岡から、嵐山までの舟は、2時間掛かると聞きましたが、実際は、1時間半でした。 下りの後半で、セールスボートが来て、酒、おつまみ、等々を売るのに驚きました。今年は、保津川が、材木や農産物の運河として開通してから丁度400年に当たるそうです。昔 は、空になったボートは陸から綱で引いて、亀岡付近まで戻したそうです。今はトラックに積んで戻ると聞きました。

嵐山では、主として、天竜寺で時間を過ごしました。
嵐山の天竜寺は、修学旅行の生徒や海外からの観光客で賑わっていました。
 17日の「柳生の里」への旅は生憎の雨でしたが、岩舟寺、浄瑠璃寺、日本剣道の岨として知られ、宮本武蔵が修行した柳生道場・柳生家累代の墓など、美しい風景を愉しみました。
上は浄瑠璃寺の庭 、左下は本堂、 右は柳生の剣道道場(17日、当日はひっそりとしていました)
柳生一族の墓
 17日、午後4時半頃、京都発の新幹線で帰京?しました。上方の人は東京は京ではないと言うかも知れませんね。HOME