HOME

 2月12日(月)
 
10時すぎに戸塚を出て熱海で伊豆急行に乗り換え、13:39河津着 河津桜を観賞し、熱川に在る、 東燃OBのご夫妻2組と同社系健保の宿「滄海楼」に宿泊。  早めに乗車した伊豆急では、1号車(床が前方に傾斜した展望車)に乗ることが出来ました。トンネルの多さに驚きますが車窓風景を堪能できます。

 左上は伊豆急のリゾートビューの1号車は展望車です。 

 右下は滄海楼の外観(websiteから)

滄海楼は私企業の研修設備として建設されたものとしては、内装・外装とも高級感に溢れています。平日は1泊2食で7000円と格安で、一般客も利用可能とのことでした。特注の刺身盛り合わせは、品質とボリュームに驚きです。

 2月13日(火)
 
宿を8時半に出て、熱海へ移動、熱海港から東海汽船の高速船で、「椿祭り」最中の大島(岡田港)に渡り ました。熱海や初島を船から見るのは初めてですが、建物の多いことや観光資源の不足が読み取れます。嘗て繁栄した大型ホテルが減り、マンションが増え ています。さて、大島の岡田港で待機していた定期観光バスに乗り、リス園、山腹噴火口、元町、波布港展望台、都立自然公園と大島をぐるりと一周しました。


 リス公園に付属の椿園で多品種の椿を観察しました。 リス園では囲いの中にリスが放し飼いにされています。餌を欲しがる様子を撮りました。上の椿の写真は都立公園からです。上表・右下の写真の椿は「落ちた天使」の名に興味を引かれました。Fallen Angelは、堕ちたと訳すべきか、転んだと訳すべきか迷いますが、上品な薄いピンクは「降りて来た天使」とも訳せそうですね。

   山腹噴火口の近くで昼食でしたが、名物の椿油を含む食用油で揚げた天ぷらはカリッとしていました。 私は、元町の入り口で、車窓から「椿油の精製工場」を見ました。 内部は判りませんが、蒸留塔や建物の大きさから、大幅な機械化・自動化が進んでいるものと推察しました。

 嘗て、下のパノラマ写真の大島砂漠でラクダを飼育し、新婚さんなどが記念写真を撮っていたと言う新聞記事を記憶していますが、本物の砂漠を知っている者に とっては驚くほど狭く、砂ではなくて、粉化した暗色の溶岩石が砕けて、谷間に溜まっているだけでした。

左上の写真は火山灰が堆積して出来た地層が道路工事で現れ「バウムクーヘン=Baumkuchen」の様相を呈している場所です。帰りの航路も、冬凪の中、平穏無事で、夕刻7時前に は、東戸塚に帰着しました。
 HOME


 HOME