HOME

 3月5日、8時半、横浜駅発のバスツアーを利用して「鴨川シーワールド」へ出掛けました。前日の寒さ急が嘘の様に天気が良くなり、車内はやや暑いくらいでした。正午近くに到着。4時間の自由行動時間を上手に利用するため、ガイドマップを参考に、先ず12時からのベルーガ白海豚)のパーフォーマンスの見物から始めました。 英語ではWhite Whale白鯨とも呼ばれる巨大な海豚が、超音波を出して、物の位置や形や材質まで見分ける能力を見せてくれます。カナリアの様な鳴声も聞かせて呉れました。
ご挨拶 目隠しして物体を見つける 呼吸のための浮上
 簡単な昼食を摂って、次の「イルカ」のパフォーマンスを見ます。イルカはボールのゲームや、輪くぐり、ジャンプなど、器用で、人に馴れ易く、賢い動物として知られていますので、特に驚く程の芸はありません。それでも楽しさがあります。動きが速いので、カメラに収めるのに苦労しました。
ご挨拶 ボールゲーム開始 ボール運び
 「アシカ 」のパフォーマンスは、 父親(ビンゴ)が娘(ララ)の許婚(オスカー)を認める迄の簡単な家族関係のストーリーを展開するものでした。オスカーが、芸と力を披露し、父親も負けじと競う場面が展開されます。
左が父親で疎外されている 体重2.8トンのオスカーの芸 笑うビンゴ、体重4ton
 大物「シャチ」のパフォーマンスは、3時からなのでコーヒーでも飲もうと、食堂マオリに入りましたが、従業員の手際が遅く、列に並ぶこと10分でした。従業員が不足しているのと、日曜日で客が多いためでしょう。2月25日に生まれた、1才に満たないシャチの赤ちゃんが、母親に随いて離れないのが良く見えました。鴨川シーワールドは、日本でシャチの出産に成功している、唯一の水族館だそうです。此処はシャチ飼育の専門家が揃っている様です。シャチの芸は、可成り手荒いので、前列の客は水飛沫を沢山浴びせられていました。私の席も前から5段目でしたが、左寄りでした。シャチが時計回りに泳ぐので、未だスピードが出ていない場所で、水を掛けられずに済みました。それでも、赤ちゃんの保護のため、手荒いジャンプを差し控えて、パフォーマンスの時間も短めにしているそうです。HOME
シャチは転げ落ちるのが好きな様です
 逆光も原因して、パフォーマンスの写真は撮れず仕舞いでした。帰路、苺狩りに立ち寄った「道の駅」が綺麗でした。左下はごまふ海豹アザラシです。イルカを「海豚」と書きますが「河豚」とは大違いですね。
HOME