上高地と蓼科のドライブと散策(その1)home

2010年8月の猛暑に耐えかねていた処、例によって中村さんから、そろそろ夏休みの人出も減る頃を狙って、上高地方面に出掛けましょうと言うお誘いを受け、計画はお任せとし、有り難く参加のこととしました。上高地では「大正池ホテル」、蓼科では「ホテルハイジ」を予約して頂きました。何れも高級なホテルとして知られていますが、ハイジは35周年記念でやや安く設定されていました。
 8月30日、軽めの朝食を摂り、6時にピックアップして貰い出発。16号線を北上し、橋本の交差点(30年前にあった踏切は立体化で姿を消しています)をノンストップで抜け、八王子バイパス(試験的無料)に乗りました。バイパス出口の「日の出」交差点は昔と同じ混雑です。寧ろ、バイパスの無料化で混雑は増しています。中央高速道を諏訪湖SAまで飛ばし、 珈琲休憩をとりました。此処からすぐ「長野自動車道」に乗ります。
 往路の殆どは中村さんの運転で 、上高地に近づくにつれ狭いトンネルが増え、神経を消耗する運転になります。ご存じの通り、国立公園に自家用車で入ることは禁止されて居ます。公園入り口(沢渡=サワンド)の駐車場で自家用車を預けタクシーで「河童橋のバス駐車場」まで行きます。何の駐車場も料金は同じ、タクシー料金も統一されて往路は¥4,000 とのこと。運転手は大変お喋りで、いろいろアドバイスして呉れました。
 「バス駐車場」の二階で美味しいとは言えない昼飯(私は鶏の唐揚げ)のあと、河童橋を渡り、「ビジターセンター」を訪ね、展示物を見学して、更に梓川上流の湿地帯を 半時間ほど歩きました。一部に歩き辛い場所もありました。若い人は1時間以上歩いて、明神池を観るのだそうです。
 河童橋まで戻って、梓川の畔の径を大正池に向かって歩きました。河童橋から径は緩い下りになりますが、暑さのため想像以上に疲れます。美しい連山を振り返りながら、石ゴロに足裏を突かれながら、一時間以上歩いて、やっと大正池が見えました。名の知れた「ホテル大正池」は見掛けは良いが、冷房は有りません。就寝時の室温が高く0時まで寝付けず、二人で外へ出て煌々とした月と眩しい星空を観て、帰室後、窓を網戸だけにして、浴室の換気ファンを回してやっと寝付きました。辛い一夜でした。 なお、夕食は、登山者用なのか、ボリュームが多く、2割方食べ残して仕舞いました。ビーフは不思議と良い肉でした。home
 翌31日、早朝、タクシー運転手に奨められていたので、5時半に起きて、宿から5分ほど下流に歩き、朝日に染まる焼岳を観ました。朝食後、 家内を連れ、午前8時にこの撮影ポイントへ立ち寄り更に、大正池へ戻り、湖畔を散策しました。10寺に迎えのタクシーが来て、途中、既に5時半に焼岳を観た地点まで戻り、撮影の後、急坂を下り駐車場までもどりました。
下のスライドは午前8時頃の写真です。

駐車場から松本市へ向かいました。松本市の本日の気温37度です。松本城は洗浄中で、本丸の全ての窓は閉められていました。疲れていたのでこれ幸いと写真撮影で済ませ。松本城の傍の蕎麦屋で昼食を済ませました。home
午後3時半に蓼科のホテル・ハイジにチェックインしました。以下 「その2」