立山・黒部アルペンルート・トロッコ列車・白川郷・上高地(1)HOME
( 2)へ進む

 2007年10月2日(火)、阪急トラピクスのツアーに参加しました。参加者は中高年夫婦10組だったので、余分な気を遣うことなく、楽でした。東京駅八重洲口集合となっていましたが、前日の電話連絡も有りませんでしたので、目印になるものが無くい八重洲では、戸惑う人も出ていました。最近、阪急の添乗員には前日の電話連絡の義務は課せられて居ない様です。
グリーン車で「上田駅」に到着したのは11時47分でした。私は立山黒部アルペンルートが何処に在るのか、相対位置が判らないままの参加 しました。 上越/長野新幹線で上田駅が「軽井沢」の隣であることも初めて知りました。上田から扇沢まで移動する観光バスの車中で配られた弁当を食べました。 今回のツアーは最後までこの同じバスのお世話になりました。従ってスーツケースは宿に着くまでバスのトランクに預けっ放しですみました。

 この旅の一番の売り物がアルペンルートだった様す。小雨で視界が狭く、同行者からは不満の声が出ていました。私は知らぬが仏で した。 利用した「扇沢駅」から「立山駅」までのルートの構造は下図をご覧下さい。殆どがトンネルを走るトロリーと峡谷を結ぶケーブルカーです。
トロリーの運転席から

 HOME

 黒部ダムサイトで小雨の中を散策しました。室堂に着いた時は、もう日没が迫っていました。
 

 


やっと放水が見えました。

発電所は左上の写真の右の地下に在ります。

 アルペンルートの扇沢から黒部ダムまでの区間は、ダム建設資材の運搬を目的に掘削・開発され、ダム完成後に観光に供用されたものです。 途中、破砕帯にぶつかり、171名の犠牲者が出たそうです。石原裕次郎主演の映画 「黒部の太陽」にもなりました。発電所はペルトン水車で 出力 335,000KW です。 なお、ダムサイトの最初の調査を実施した人がジアスターゼで知られる、高峰譲吉氏であったのは驚きです。

下は室堂のレストハウスからの夕焼けです。 アルペンルートを立山駅で終わり、バスで宇奈月グランドホテルに着いたのは6時半を過ぎていました。


  10月3日(水)、宇奈月のホテルに近い、黒部鉄道の駅から、私の憧れていたトロッコ列車に乗って鐘釣駅まで往復しました。好天に恵まれ途中の景色も充分に楽しむことが出来ました。鐘釣駅で45分間の散策時間を呉れましたが、中途半端 な時間ですから、茶店で一服して戻りました。有料の足湯がありましたが、無料にすれば、観光の活性化に繋がると思いました。なお、茶店の女 主人によれば店を開けているのは11月15日までで、後は雪に閉ざされるとのこと、経営も楽ではないでしょう。岳樺(タケカンバ)、櫨などの紅葉が始まっていました。 しかし女主人は「夏から高温が続いた今年は紅葉の色も良くないまま散るのでは」と心配していました。

 

 左はトロッコから見た多くの沢の一つです。
万年雪と称する沢があり万年雪の展望台まで設けて有りますが、
雪のカケラもありません。此処数年、万年雪は毎年消えるそうで、
沢の名も「一年雪」に変える必要がありそうです。

HOME 

此処のクリックで「その2」へ進む。

 

 

 

 

此処のクリックで「その2」へ進む。