宍道湖・出雲大社・足立美術館・松江城・八雲邸・砂丘・姫路城home

 2008年9月25日〜27日クラブツーリズムのツアーに参加しました。宣伝は、皆生温泉と玉造温泉でしたが、両方とも中クラス以下?の宿で、玉造の千代の湯はアルカリ温泉とは思えぬ肌触りで、 浴槽の温度もぬるく、この水質で「公衆衛生法」(大腸菌の検出がないことと定めている)を通るのか疑問を抱くほどでした。添乗員は「新幹線グリーン利用の費用が嵩み、宿のグレードは高くないのです」と言いましたが、これも同社の企画力の不足であろうと思います。

 9月25日は新横浜10:09発の「のぞみ」、岡山駅で下車し、皆生温泉「芙蓉別館」にチェックインして、夕食までの自由行動で夕刻の美保湾を散策しました。夕食・朝食共に、温泉宿のお決まりの和膳で特徴は、蜆貝の味噌汁でしょう。湯通しした鱧と刺身はまあ良しとしましょう。home

上の写真は、岡山駅から「岡山自動車道」「米子自動車道」を通り、途中「韮山高原サービスステーション」で小休止した時の写真です。
 右は、皆生温泉から日本海の海岸に出た時、珍しい裸婦像が、皆生温泉と書いた立て札と並べてありました。作者不詳で申し訳ありません。

近くに、護岸工事に貢献したと思われる、元総理の署名入りの碑もありました。

9月26日、早朝の「足立美術館」を訪ねました。入場料\2,200と高価ですが、美術鑑賞もさることながら、庭園鑑賞の来館者も多い様です。小雨の庭を多くの庭師が掃き清めていました。雑草は絶対許さないと言う精神の籠もった作業と見受けました。 広々として、日本一の日本庭園と言われるのも尤もです。しかし、余りにも人手が加えられているので、やや固さを感じて仕舞います。

 
上のパノラマは正面の枯山水(迎賓の庭) 下のパノラマは茶室・滝などのある池庭です

展示作品は、横山大観の書画を始め、川井玉堂、橋本関雪、上村松園などの日本画とされています。しかし、日本画と洋画と云う区分は、曖昧で、戯画や漫画的な作品も並んでいました。 児童図書の挿絵、芭蕉の俳句を添えた俳画もあります。
左の大観の作品が、陶板に焼かれて、入り口に飾ってあります。当日たまたま、この6折屏風の実物が展示されていたのは幸運と云うべきでしょう。左の絵のクリックで足立美術館のホームページに(独立のページとして)飛びます。
 作品の撮影は、それが陶板でも許されません。館内の喫茶室で美味しいハワイ・コナ珈琲を頂きました。此処から松江城へ行き、30分ほどのお堀(堀川)をボートで巡りました。屋形舟が低い橋の下を潜る時、屋根が下がる簡便な仕組みに感心しました。
更に「お座敷列車」なる、何とも不便で腰を痛めそうな、茣蓙敷きの客車で出雲市まで移動しました。出雲大社では、全員が正式参拝ということで、又、堅い床に正座して、祝詞を上げて貰いお払いを受け、お守りを受けましたhome
お座敷列車 浅い宍道湖は少しの風でも濁るそうです。
仮本殿 皆さん熱心に、二礼四拍一礼
大国主命と玉 国歌にある「さざれ石」とは此の石だそうです
9月27日、玉造温泉をでて、鳥取砂丘へ。


上の写真は鳥取砂丘の高台に立った時。

左上は鳥取砂丘の高台から撮りました。

左下の写真はオーストラリアのパース郊外の砂丘で撮りました。見渡す限り砂山です。写真の様な大型ジープで走らなければ観光も出来ない程、広大です。

私は此処でサーフボードに乗って砂の丘から一気に30メートルほど降り、そして這い上がって戻りました。(5年前は5才若かった。)



鳥取砂丘もパノラマでは実物より広く見える様ですね。今日の昼食は砂丘から姫路へ向かうバスの中の弁当で済ませました。3年ぶりに姫路城を訪ねましたが、お城の前の広場に、珍しい名前を付けた沢山の土産屋・レストランが出来ていました。白鷺城は説明の必要も無しと思いますが、3年を経て、体力の衰えで、お城の階段の傾斜がより強くなった様に感じました。それでも天守閣まで上り、昔の武士や殿様が見た様に姫路の城下町を見下ろしました。
バスで、岡山駅へ戻り、新幹線で無事に、横浜駅に午後9時34分着となりました。道中に雨に遭ったのは25日の山越えの時間帯、足立美術館へ行った26日の早朝の1時間ほどでしたから、天気に恵まれたと感じて感謝しています。それに、現地・日本交通のガイドさんが名ガイドで、歴史から産業まで、知識の広さと歌の上手さで皆を楽しませて呉れました。別れ際に一同で大いに感謝しました。
home