伊豆高原1泊の旅home

 2012/11/19日、三菱重工の宿に一泊し、近辺を散策しようと言うことになりました。例によって、この宿はNさんのご子息のご紹介です。伊東駅で私共、Aさん夫妻、Nさん夫妻の三組6人が待ち合わせたのは、もう正午に近い時刻でした。駅前の観光協会案内所で地図を頂き、商店街で昼食を済ませました。
 松川遊歩道への地図に従って、海岸に向かう途中、伊東温泉観光・文化施設「東海館」を見学することとなりました。昭和3年に建てられ市内第一の宿だった様子が偲ばれます。芸者学校が近くにあり、今にも三味線の音が聞こえて来そうです。
伊東は七福神詣で有名。上は蕎麦屋の店先の人形 東海館正面・本日温泉は休み
「森米城」の句 東海館の背面写真(上に展望楼)
芸者の漫画絵が掛けられていました。 がらんとした宴会場で
 伊東から伊豆高原まで鉄道で行き、宿の車のピックアップを受けました。私は二度目の宿泊でしたが、夕食を洋食とした人は他に居らず、余り美味しくない皿が並び、この選択は失敗でした。風呂は露天風呂付きの温泉でゆっくりできます。部屋にもバスタブがあります。
   
翌朝9時半に宿の送迎バスで「一碧湖」へ送って貰いました。一碧湖は、名前は良いが何も無いと聞いていましたから、期待をせずに湖畔一周の散策は、水鳥や紅葉で結構見応えが有りました。


 一碧湖からバスで伊東駅へ移動し、寿司屋ともレストランとも呼べない居酒屋風の店で昼食を摂り、駅で小休止の後、それぞれの帰路に就きました。帰宅は4時半で未だ明るいのが助かりました。風呂とステーキで、旅の疲れを癒やしました。home