お伊勢参りと志摩の旅  HOME

  私にとって15年ぶりのお伊勢参りとなりました。5月20日(火)、暴風雨に近い横殴りの雨の中、7時46分新横浜発の新幹で、新横浜(7:46こだま535号)→→静岡(8:55)→→名古屋に着いたとき (10:16)には、曇天となり、更に、JR快速「みえ」で名古屋(10:30)→→沿線の水田の広がる風景に和まされながら、伊勢市(12:04)着いた時は快晴となり気温も25度近くなっていたでしょう。今回の旅も、Nさんの緻密な計画と予約に頼り、名古屋でAさんご夫妻と合流しました。 少し昼食の遅れを我慢して、 市内バスで伊勢神宮(内宮)に着いたのは12時半を回っていました。
  赤福で有名な「
おかげ横丁」の店で、豆ご飯付きのボリュームたっぷりの昼食膳を摂り、安心したところで、伊勢神宮をお参りしました。
(左上から時計回りに)  田舎の快速列車で、昔の面影を残すおかげ横町、昔の芸術座?、燕のお宿


3時過ぎのJR列車で鳥羽駅に着き、ホテルの送迎バスを利用してチェックインしました。 送迎バスはほぼ満員でした。 此処ホテル・シーサイドは7階がエントランスで、与えられた部屋は9階の和室でした。眺望も良好です。汗を部屋のシャワーで流しましたが、多くのホテルであることですが、 シャワーは、不安定な温度調節に困りました。明るいうちに日没を眺めながら、バイキングスタイルの和食を摂りました。
食後、地階の大浴場でゆっくりして、OFFタイマーセットしてテレビを見ながら布団に横になったのは10時でしたが、疲れが溜まって居たためか午前5時まで眠りました。
5月21日(水)ホテルの庭を散歩 の後、これもバイキングスタイルの和朝食の中からパン・ソーセージ・ベーコン・珈琲を探して洋風の朝食を頂きました。 下のパノラマはホテルの庭です。いわばプライベート・ビーチになっています。

午前中の見学コースとして、ミキモト真珠島を訪ねることとしました。週日の早朝ですが売店には、多くの外国人観光客が来ていました。早朝の第一回の海女のショーをガラ空きの見物台から見ることができました。カメラを入り口のロッカーに置いたままで、下は、私の撮った写真はありませんが、ミキモトのPR写真と同行のNさん撮影の写真です。
 時間は有り余る程ありましたので、15年前に比べより充実した「資料館」でゆっくり真珠養殖の歴史や詳細な過程を勉強させて貰いました。

 

海女の実演です

 昼食は、真珠島入り口で車の出迎えを受け、30分ほど掛かる「松浪」と言う料亭・旅館で摂りました。全くの田舎で海が見える訳でもありませんでした。食後は、スペイン村の入り口を横目に、嘗ての有料道路を経由し、JR鳥羽駅まで送って呉れました。往復に1時間を掛ける程の高級料理とは云えませんが、接待の心が感じられました。昨日来、魚・魚の連続で疲れました。下はホテルとその周辺です。HOME
 帰路は新幹線の「のぞみ号」の自由席を使ったので、帰宅した時刻は7時半と、予想以上に早い帰宅となりました。楽しい旅でしたが、矢張り旅は何処であれ、高齢者には疲れを残します。HOME