犬山および明治村を訪ねてhome

 2008年11月24日〜25日、恒例のNさんの企画で、3家族6名で名古屋を経由し犬山市に1泊、同市の散策と明治村見物の旅に出ました。新幹線で名古屋に着いたのは11時少し前でした。早速、名古屋駅地下街の饂飩屋に行き名古屋名物の「味噌煮込みうどん」を食べることとしましたが、その店は11時と言うのに既にほぼ満員です。10分ほど待って初めて食べた名古屋名物は甘いとは逆で、しょっぱい物でした。勿論、味噌には少しばかりの甘みもありますが、塩氣の方が強いので、太めのうどんを掬って食べました。甘い=美味い、の日本語の表現の微妙な差を感じます。
 名鉄に乗り変えるのに屋外を歩くのは、大都市・名古屋に相応しくないと思います。犬山駅(左の写真)は小さな駅ですが、Nさんが手配された、高齢(と言って65才程度)のボランティアのガイドさんが、改札口で待ち受けて呉れました。案内を頂き、犬山市が、戦国時代・徳川時代と戦乱と交易の渦の中にあったことを知りました。
 犬山城の中を歩いて、小さな城ながら、防戦には堅固な作りであったことを実感しました。この城は、織田信長の叔父である織田信康によって造営され、尾張(愛知県)と美濃(岐阜県)の国境に位置するため、戦国時代の城主はめまぐるしく変わったそうです。小牧・長久手の合戦(1584)では、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)が12万人の大軍を率いてこの城に入城し、小牧山城に陣取る徳川家康と生涯唯一の直接対決をしたそうです。幕末まで続きましたが、明治維新による廃藩置県のため、この城は成瀬家の所有となり、その後愛知県に移され今に至っています。home
町中も観光のために整備され、商家の一部が観光目的で公開されています。雨の中でしたが、丁寧な案内を受けました。山車やカラクリもゆっくり見学 出来ました。
   
名鉄犬山ホテルで露天風呂を愉しみ、下は、翌朝の散策でホテル前の景色です。川は木曽川で、最近まで、材木その他の物資の輸送に大いに活躍したそうです。ダムなど の影響で輸送の主役は鉄道となりました。

25日は早めにホテルを出て、犬山駅から名鉄バスで明治村へ参りました。ご存じの方も多いと思いますが、少しずつ改築され変化している様です。またも、高齢ボランティアガイドさんの案内を受けて午前中は、森鴎外・夏目漱石住宅、 西郷從道邸、三重県・蔵持小学校 などをゆっくり見学しました。網走監獄の8人を押し込めた部屋が無くなり、独房のみになっていました。近代的な食堂もあります。午後は蒸気機関車で移動し、路面電車で移動して、明治村の概容を把握しました。 スライドでご覧下さい。園内の紅葉はやや最盛期を過ぎてました。
下は西郷縦道邸のベランダからの景色です。横浜帰着は午後8時ころでした。

home