新緑の熱海と初島home

  2010年5月21日:静岡市・清水に住む友人の誘いを得て、横浜の2家族が、快速アクティを使って熱海に11時50分に着きました。 荷物を持って熱海駅から西の飲食街で、庶民的な昼食(魚料理)を摂りました。美味しいとは言い難い料理でしたが、観光地に美味い物無しと諦めましょう。 友人が予約して呉れた「熱海シーズンホテル」に行き、取り敢えず手荷物を預け、可成りの道を20分ほど歩いて「起雲閣」を訪ねました。 私には初めての訪問でした。
 料金を払って入ると、庭に面した和室に案内され、ざっと建物の由来を説明して呉れました。1919(大正8)年に別荘として築かれ戦後間もない頃には、旅館を営んでいたので、文豪達が仕事場として、 交流の場としての熱海を選んで集まった様で 、戦前派の尾ア紅葉、山本有三、谷崎潤一郎から太宰治まで写真が飾ってあります。それぞれがどの時期に利用したのかは明示されて居ません。現在は熱海市の管理下にあり、市民センターの役目を果たしている様です。 訪れた小学生が残した感想の中に、今より古い日本に生まれて、こんな良い日本に生きたかったとありましたが、戦中・戦後の苦労が見えないので仕方ないでしょうね。私は山本有三の「君たちはどう生きるか」を読んで、貧富の差の大きかった時代 の社会に、正義を求めていた氏の哲学の片鱗を教えられました。
堂々たる門構えです。大正時代に造られたらしい珍しいローマ風呂があります。青色の土壁も珍しいです。
「熱海シーズンホテル」に戻り、大きくない大浴場を使い、午後5時半からの夕食は魚を中心のフレンチコースでした。90分間の飲み放題が付いています。 洋室の部屋は十分な広さと明るさで安眠出来ました。
  翌5月22日、朝食後、徒歩5分と聞き、木宮神社を訪ねるため出掛けましたが、5分に惑わされホテルを出て間もなく右折したところ、高い丘の上に出ました。出会った人に尋ねて道を間違えていると知り、坂を下りて改めて「木宮神社」へ向かいました。下の写真は高台からの風景です。

 木宮神社には楠の大木が3本ありました。樹齢2000年と謂われる木は神木として、社を置き大事にされています。
下の写真は下手な継ぎ足しです。


home


大楠を一巡りすると御利益があるそうですが、途中で断念しました。

汗を拭いて、タクシーで初島へ向かう港へ移動し、荷物をロッカーに入れて「イルドバカンス」に乗船です。30分で初島に到着。下は就航後と到着時の風景です。ホテルエクシブの無料送迎車でバカンス宿に移動しました。
熱海を出航して間もなく、丘には小さい熱海城 初島に近づくと綺麗な建物は小・中学校でした。
流石土曜日、ぞろぞろと下船します 船名はフランス語の和訳?「イルドバカンス2号」
結局、ホテルの庭の散策、灯台の見学(有料)のあとExivホテルの中で昼食となります。余り美味しくないハンバーグをサービス料加算で摂ることになります。ホテルにとって無料送迎バスは有意義です。食後、港まで歩きましたが、港で帰路の船を待つのに1時間以上あり、ああ疲れたと謂うところです。

home