浜名湖・舘山寺泊・一周の旅home

 定例のごとく友人2家族との旅を楽しみました。2009年 3月9日:新幹線で「浜松」(10:24分着)へ行き、舘山寺温泉の送迎バスで開華亭ホテルに手荷物を預け、近所の食堂で簡単に昼食を済ませ、更に市営の無料バスで近くの動物園と植物園を見学しました。
浜松市営動物園は、市営ですが、広くて見応えのあるものでした。猛獣や猛禽類、類人猿、など区分され、広いだけに、アップダウンのある中を歩くのは、老人には、疲れる作業です。しかし疲れを忘れる楽しさがあり、子供に見せるだけでは勿体ないと思いました。
 動物園の隣は「植物園」ですが、春まだ浅い当日は、枯木と枯芝の中を歩くだけになって仕舞いました。 桜の咲く頃に訪れたいものです。閉園の時間も迫り、此処からホテル開華亭まで歩きました。 万歩計を持ってきた方から1万3千歩であったことを聞きました。部屋からの景色も良好で、風呂・露天風呂も良好でした。

特筆すべきものはありませんが、日本旅館特有の、固形燃料バーナーを使う料理が沢山出てきました。勿論鰻料理がたんと出てきます。
 3月10日は朝風呂に浸かり、9時半にホテルを出て、遠州鉄道が経営する「浜名湖一周のバスツアー」に参加しました。と云っても50人乗りの大型バスに12名程度で楽々でした。竜ヶ岩洞は思ったより深く、広く、秋吉台とは違った面白い岩岩に出会いました。と云っても50人乗りの大型バスに12名程度で楽々でした。竜ヶ岩洞は思ったより深く、広く、秋吉台とは違った面白い岩岩に出会いました。home

カメラを岩の穴に差し込んで撮影しました。洞窟の中には、池があり、滝があり、流れがあり、変化に富んでいます。

奇岩のいろいろ
 次に、龍壇寺に移動、運悪く本堂は工事中で、その工事もあと3年以上掛かるのだそうです。お抹茶と菓子を頂き簡単な案内がありました。甚五郎が彫ったと云われた龍は、あまりにも新しすぎて眉唾と思いました。(千葉のお寺で拝見した蛇は黒ずんで、痛みが始まっていたからです)。
浜名湖を望むリステルで、簡単なランチバイキング。更に、うなぎパイの工場を見学し、出発点のJR浜松駅まで、高速道路を東進しました。橋を渡り、国道に降りる際 に手持ちのデジカメのムービー機能を使って撮影した動画を下に表示します。「デジカメでムービー」は初めての試みです。音がやかましいですね。済みません。HTML5になって、Flash Movieは使用できなくなりました。残念ながら削除します。home