浜名湖一泊の旅home

2012年4月3日 友人Nさんご夫妻と共に、春の嵐の予報を聞きながら、各駅停車(青春切符利用券を頂き)で浜名湖の湖畔にある温泉宿一泊の旅に出ました。途中静岡駅で下車して、友人Aさんは昨年ご長女が結婚されたので、そのご夫妻と娘さんの3人を加え、7人が、静岡市葵区紺屋町・葵タワー25階「スカイレストラン・ヴォーシエル=Beautiful Sky」にて昼食会を持ちました。結局はAさんの馳走に預かることとなりました。 最上階で晴れていれば素晴らしい眺望を楽しめた筈ですが、当日は台風並みの雨で、視界は2キロ程度に留まりました。

 

 
このあと、台風並みの気象の中、3家族6人がJRの各駅停車で浜名湖の宿へ向かい、午後4時半頃チェックインしました。不思議と、列車の窓を叩く激しい風雨の音を聞きましたが、弁天島で降りた時は風は強いものの傘を必要とする場面は無く移動できました。ラッキー。
宿泊したホテルは昔は一流だった様ですが、ひどく痛んでいました。食事は仕出し弁当を利用している様です。 下の写真(ホテルのHPから)は多分 最上の部屋でしょう。吾々の部屋は畳面がすり切れていました。しかし、部屋からの景色は一流です。食事の部屋は台風並の雨がしみ込んでいました。
ホテルのホームページから借用した客室の画像です

 さて、翌日4日は、航空自衛隊 浜松広報館=エアパークを訪ねることになりました。下図のAが広報館です。 小学校はまだ春休みですから、子供を連れた若い夫婦が目立ちます。吾々老人も負けじとジェット戦闘機の操縦シュミレータを体験しました。私は着陸に失敗して激突し、実際ならば即死と云う結果でした。
今度も浜松駅からバス発着所に出たら、バスが出る直前で、エアパークを出てバス停に着いたら1分後にバスが来ました。此処から午後2時過ぎの新幹線「こだま」で新横浜への帰路に就きました。途中からは素晴らしい好天となり富士山が綺麗に見えました。
新幹線から富士山を撮影してこんなに綺麗に撮れたのは初めてです。お疲れ様でした。
home