袋田の滝 & ひたち海浜公園home

 2010年4月28日(水)の早朝、4時半に起床して、小雨の中東京駅丸の内に8:15集合のツアーに参加しました。新丸ビルの地下で1時間以上待ってから集合場所(東京海上ビルの角に行きました。可成りの雨ですが、無風で余り濡れずにバスに乗り込みました。常磐道経由、今日の昼食の場所:奥久慈の「ゆばの里・靜香庵」に直行したので、11時前に着いて仕舞いました。少し待機して、湯葉をメインとする和食コースを摂りました。食後には庭を散策出来ると案内書にありましたが、大雨ですから、藁葺き屋根の雑草や大きな池などを廊下から見物しました。  バスは12時に出発、雨も小降りになり、止んでくれよと願いながら「袋田の滝」に向かいました。
先ず、150mほどのトンネル奥のエレベータで展望台に上がって見物しました。雨は殆ど無く、写真を撮ることができました。しかし、直後に雨脚が強くなり、エレベ−ター下のトンネル側道に出た時は強雨となり濁流になって飛沫が霧状で襲いかかってきました。
 此処から、日立市を海岸へ向かって走り「国営ひたち海浜公園」へ着いたのは3時頃でした。まだ小雨の降る中を散策しました。 ネモフィラの丘に登りましたが、太平洋は見えず、日立港がかすかに見えただけでした。

 ネモフィラは晴れた日に開き、雨の日には蕾を閉じるそうです。従って折角の見学も中途半端で残念でした。又の機会を作りたいと思わせる雰囲気はありましたが、何せ国営ですから、規則で午後5時閉園の1時間前には、売店でコーヒーも紅茶も飲めません。寒い日に、冷たいドリンクの自販機が立っていました。home