石和温泉、富士花鳥園、影絵の森などhome

 2009年2月26日、Nさんご夫妻と共に、甲府ぶどうの丘、昇仙峡を訪ね、石和温泉に宿泊し、27日には雪の中を走り、富士花鳥園を訪ね、田貫湖の鱒の家で昼食をとり、雨の中を帰浜しました。今回もNさんの自家用車を利用させて頂き有り難いことです。
 勝沼町の「ぶどうの丘」は公営の様ですが、レストランはほんの少し高級感をだして、応対も丁寧です。今回は食事だけの目的で、私は比較的に安い「ハンバーグ」を頂きましたが、ワインの香と味をしみ込ませた、高級品でした。そこらの街中のレストランとは大違いです。レストランからの夜景が綺麗だそうです。
 食後、昇仙峡へ向かいましたが、カーナビの指示が頼りなく、結局、道標をたよりに進みました。突然、馬車道の入り口が目の前に出てきました。観光シーズンには、馬車専用になる路らしいです。昇仙峡らしい谷川沿いの舗装路で、所々に離合のスペースが設けられています。奇岩を眺めながら馬車でゆっくり走れば、緑のシーズンには見事であろうと思います。この路を抜けて、広い道路を上り、影絵の森美術館に入り、幻想的な藤城清治氏のアートを鑑賞しました。
上はぶどうの丘を飾る女神像 上と下2枚は藤城氏の作品から
 ここから、石和温泉へ向かいました。カーナビの指示と道標の両方をたよりにしました。石和町には全く見所は有りませんが、ホテル慶山は到着後、先ず「お手前」を出すサービスや従業員に寄る太鼓演奏など、懸命に努力している事が伺われました。仕方ない事ですが、朝のバイキングは和食が中心です。home
 27日、朝から冷たい雨の降る中を、9時半ころ、河口湖経由、東名高速「富士インター」に向けて出発しました。御坂トンネルに近づくと、雨は雪に変わりました。外気温度は5度℃以下になり、トンネルを出ると、雪はますます激しくなりました。河口湖の手前で左に進むべき処を、大橋を渡りたいと直進して仕舞いました。精進湖のほとりの21号線となり、緩いけれど雪の坂を走るとハンドルを取られそうでひやひやしました。
何とか139号線に入り、富士花鳥園に入り、雪と雨を凌ぐ建家の中でゆっくり花と鳥を観賞し、猛禽類の芸を楽しみました。 下のパノラマの様に、花の殆どが、ベゴニアです。色とりどりで凄いです。
 ミミズク館には多くの梟の種類が並んでいました。カメラは嫌いな様で、撮ろうとすると、そっぽを向かれて仕舞います。

  大雨の中を途中、足柄SAで美味しい珈琲を啜り、無事午後3時半に帰宅しました。久々の雪中ドライブなど愉しい想い出が出来ました。home